プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Ultimaker

UltimakerがPlatformへの3DプリンティングのためにPETGを追加

AsiaNet 89577

多用途に使えるUltimaker PETGが、プロセスを標準化する主力の材料に
ユトレヒト、オランダ, 2021年5月24日 /PRNewswire/ —  プロ向け 3Dプリンティングのグローバルリーダーである、Ultimaker [ https://ultimaker.com/ ]は、ユーザーに産業アプリケーション向けにクラス最高標準の材料をユーザーに提供するために、Ultimaker PETGを発表する。 

Ultimakerは、3Dプリンターで手間のかからない、信頼できるPETGを体験してもらえるように、材料のプロファイルを作り幅広く検証してきた。2021年 [https://ultimaker.com/3d-printing-sentiment-index ]3D Printing Sentiment Indexによると、ポリエチレンテレフタレート(PET)のグリコール変性であるPETGは、3Dプリンティングに使用される材料のうち上位3つに入る。

Ultimaker PETGは、耐摩耗性、耐温度性、耐薬品性で、特に工業用途での使用に最適で成長しているセグメントであり、Ultimakerの 調査  [ https://ultimaker.com/3d-printing-sentiment-index ]では、生産ツールを開発するためにますます多くの企業が3Dプリンティングを使用していることを示した。

材料はNFC認証を通じて企業のエコシステムに円滑に適合し、工業用途の基準を定めている。材料の有用性、 多様性、スケーラビリティにより、企業全体で導入が容易である。つまり、材料間の必要な変更が少なくて済み、効率が高まるということだ。

原料は PVAおよびBreakawayサポート樹脂と適合し、幅広いモデル造形に適用できる。 ユーザーは、さらに技術、安全性、適合性に関する情報を取得できる。 

変革者が生産ツールに移行

パンデミックが原因となって、エンジニアたちには3Dプリンティングで革新的な使用例を考え、開発していこうという気持ちが生まれた。Ultimaker PETG の多様性や標準化された使用により、産業間でさらにイノベーションが加速されることになる。

UltimakerのCTOであるMiguel Calvoは次のように述べる。 「Ultimaker PETG を当社の標準的材料に加えることは、当社のプラットフォームの開始からみて、当然次のステップとなる。3Dプリンティングの使用例が増加し続けているため、これによって当社の原料のポートフォリオは強化される。優れた総合的な特性は、当社のプラットフォームにとって強力な追加特性となり、典型的な工業環境と用途にとって理想的である。ユーザーが我々全員はこれまで外部変化に直面してきたにもかかわらず、生産や日常生活を継続するためにユーザーたちが懸命に取り組んでいるため、Ultimaker PETGは、今後さらに創造性やイノベーションを刺激していくだろう。 

詳しい 情報は、ultimaker.comのウェブサイト、あるいはUltimakerのブログ [https://ultimaker.com/learn/introducing-ultimaker-petg ]をお読みください。 

Ultimaker  

2011年に設立されたUltimakerは、柔軟で持続可能なソリューションを目指し世界の変革を加速することを使命としている。380名の 従業員は、最も多様な3Dプリンティング製品やサービスを業界に提供し、独自の Ultimaker Ecosystem を顧客が十分に利用できるようにするプラットフォームを提供している。 Ultimaker は、正しく機能する ハードウェア、ソフトウェア、材料の円滑な統合を実現している。 

写真提供 – https://mma.prnewswire.com/media/1512687/Ultimaker_PETG.jpg 
ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/1488711/Ultimaker_Logo.jpg 

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ