プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Ji'nan Investment Promotion Bureau

済南が「2021年多国籍企業経営者対話会合(済南)・中日産業刷新発展会議」を開催

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202105245285-O3-GiH7d3k3

AsiaNet 89661 (1125)

【済南(中国)2021年5月21日新華社=共同通信JBN】「Dialogue Sessions of 2021 for Executives from Multinational Corporations (Ji’nan) & China-Japan Industrial Innovation and Development Exchange Conference(2021年多国籍企業経営者対話会合(済南)・中日産業刷新発展会議)」が5月27-28日、山東省都の済南で開催される。

山東省は経済・貿易で日本と最も関係が緊密な中国の1省である。同省は中国で人口2位、経済3位に位置する。済南は省都として、山東省の政治、経済、文化、技術、教育、金融の中心である。

済南Investment Promotion Bureau(投資促進局)によると、この行事は済南人民政府、商務省投資促進事務局、山東省商務部が共催する。医療、環境保護と炭素排出削減、スマート製造業、デジタル経済などの分野の日本の多国籍企業、有名企業、国際業界団体との実際的な交流、協力の促進を目指す。

主催者は4つ(「1」プラス「3」)の主要活動を開催する。「1」は済南と日本の新たな協力の機会を出席者らに宣伝することをテーマにした活動である。住友、丸紅、双日、パナソニック、Fuji、キヤノン、三菱などのFortune 500企業、有名多国籍企業、業界主導企業や日本能率協会、China-Japan Digital General Chamber of Commerce(中日デジタル商取引会議所)などの国際組織、経済団体が出席する。

会場では重要プロジェクトの調印式や済南と京都のChina-Japan Medical Innovation & Development Centers(中日医療刷新・発展センター)の開設式が開催される。「3」は医療、環境保護・炭素排出削減、デジタル製造分野の両国企業間の交流と協力を話し合う並行活動である。この活動では、日本企業は主要産業団地にも招待される。

済南は今年を皮切りに、定期的に5月最終週の木曜と金曜に「Dialogue Sessions for Executives from Multinational Corporations (Ji’nan) & China-Japan Industrial Innovation and Development Exchange Conference(多国籍企業経営者対話会合(済南)・中日産業刷新発展会議)」の開催を計画している。済南は日本のすべての産業部門が協力の領域を広げるため済南を知り、投資するために来てくれるよう期待している。

▽問い合わせ先
Wang Lina
Tel: +86 531-66601785, +86 531-66601787
e-mail: jntztg@163.com, jnstzcjjtztgc@jn.shandong.cn

ソース:Ji’nan Investment Promotion Bureau

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=391783
写真説明:「2021年多国籍企業経営者対話会合(済南)・中日産業刷新発展会議」が5月27-28日、山東省都の済南で開催される。

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=391792
写真説明:済南は世界的に泉で知られる都市で、この写真は済南の3名所の1つBaotu Springで撮影された。

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=391794
写真説明:済南は希望と機会にあふれる都市である。

「2021年多国籍企業経営者対話会合(済南)・中日産業刷新発展会議」が5月27-28日、山東省都の済南で開催
済南は世界的に泉で知られる都市で、この写真は済南の3名所の1つBaotu Springで撮影された。
済南は希望と機会にあふれる都市である。
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ