プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

セレブリティクルーズ(Celebrity Cruises)

期待を超えて:セレブリティクルーズの最新クルーズ船Celebrity Beyondは想像力、驚異、ラグジュアリーの枠を超越

AsiaNet 89274 (0931)

【マイアミ2021年4月29日PR Newswire=共同通信JBN】
*世界的に著名なデザイナーのケリー・ホッペン(Kelly Hoppen)CBE(大英帝国勲章3等勲爵士)、ネイト・バーカス(Nate Berkus)氏、およびJouin Mankuが、一流建築家のトム・ライト(Tom Wright)氏とのコラボレーションで新しいラグジュアリートラベル体験を再定義

*世界的に有名なシェフ、ダニエル・ブリュー(Daniel Boulud)氏による洋上初のレストランを開設

*goopの最高経営責任者(CEO)兼創設者であるグウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)氏がウエルビーイング・アドバイザーに就任

セレブリティクルーズ(Celebrity Cruises)のLisa Lutoff-Perlo社長兼最高経営責任者(CEO)は29日、同社3番目となる、業界に変革をもたらす「新ラグジュアリー」Edge Series(R)のCelebrity Beyond(SM)を発表した。ゲストが現実の世界から離れると同時に、ゲストを取り巻く世界とのつながりを再構築するための無限の機会を提供するようデザインされたCelebrity Beyondは、クルーズ船に可能と想像される枠を超え、驚異とラグジュアリーの新たな世界を創り出す。

Video –
https://mma.prnewswire.com/media/1499090/210426_BEYOND_LONGFORM_FINAL_720p.mp4
Photo –
https://mma.prnewswire.com/media/1499091/Nate_Berkus_designed_Sunset_Bar.jpg
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1499092/The_Rooftop_Garden.jpg
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1499093/The_Retreat.jpg
PDF – https://mma.prnewswire.com/media/1499094/Celebrity_Beyond_Fact_Sheet.pdf
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/494898/Celebrity_Cruises_Logo.jpg

クルーズ産業を新時代のラグジュアリーに導くというビジョンに触発されたLutoff-Perlo氏は、ゲストが互いにつながり、海や自らの旅とつながることができる並外れた体験に命を吹き込むため、現代のライフスタイルアイコンで構成するドリームチームを築いた。Celebrity Beyondは、複数の受賞歴を持つ英国デザイナーのケリー・ホッペンCBE、著名なアメリカ人デザイナーのネイト・バーカス氏、および、誉れ高いパリのデザイン企業Jouin Mankuのデザインの才能と、イギリス人建築家トム・ライト氏のイノベーション、そして、ミシュラン星付きシェフでレストラン経営者であるダニエル・ブリュー氏の食の天賦の才を披露する。このクルーズ船は、ブランドの新しいウエルビーイング・アドバイザーでgoopのCEO兼創設者であるグウィネス・パルトロー氏の経験と製品も呼び物である。

新たにラグジュアリーを再定義するCelebrity Beyondは、受賞歴のある先行のCelebrity Edge(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3145273-1&h=3703900476&u=https%3A%2F%2Fwww.celebritycruises.com%2Fcruise-ships%2Fcelebrity-edge&a=Celebrity+Edge )(2018年)とCelebrity Apex(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3145273-1&h=3217067612&u=https%3A%2F%2Fwww.celebritycruises.com%2Fgb%2Fcruise-ships%2Fcelebrity-apex&a=Celebrity+Apex )(2020年)の特徴とデザインを踏まえ、ブランドを同業他社と一線を画すものにする革新的なスペースを創り出している。Celebrity Beyondの外観と感触のあらゆる要素は入念にキュレートされ、以下のような再構築されたスペースと高級感を高めたブランド最人気の特徴的スペースを持つ:

*The Retreat(R)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3145273-1&h=451970934&u=https%3A%2F%2Fwww.celebritycruises.com%2Fthings-to-do-onboard%2Fstaterooms%2Fsuite-class&a=The+Retreat ):スイートのゲスト専用の「リゾートの中のリゾート」エリアで、新しい2階建てのサンデッキが強調されている。

*大きな変革を遂げた船室は、プライベートのプランジプール付きのモダンな2階建てのビラからインフィニティー・バルコニーのある専用室に至るまで、インドア、アウトドア生活の境界線をあいまいにする。

*拡張されたRooftop Gardenと息をのむようなResort Deckは、ユニークなカンチレバー式フロートプールを特徴とする。

*複数階層、複数のテラスを持つSunset Barは船尾を再定義する。

*ダニエル・ブリュー氏初の洋上高級ダイニングレストラン。

*大胆にリデザインされた、3つのデッキに広がるGrand Plazaは、風通しの良いオープンなインドアスペースを演出する。

*そして、Magic Carpet(R)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3145273-1&h=2554835746&u=https%3A%2F%2Fwww.celebritycruises.com%2Fcruise-ships%2Fcelebrity-edge%2Fonboard-experience%2Fmagic-carpet&a=Magic+Carpet )の再来。これはカンチレバー式で海の上にそびえるエンジニアリングの偉業で、ゲストは妨げられることのない眺望とともに、カクテルをすすり、あるいはディナーを楽しむことができる。

Lutoff-Perlo氏は「Celebrity Cruisesは常に海のイノベーターであり続け、今回われわれは、期待を超え、想像力を超える船で現状に挑戦した。Celebrity Beyondはクルージング体験のいかなる、そしてすべての先入観を打ち砕く。この極上の船は、エレガンスと近づきやすさの交わるところで旅を提供し、未来志向のデザイン、食の卓越性、空前のウエルビーイングと比類のないサービスという、現在のゲストに重要なものを豊富に取り備えている」と語った。

セレブリティクルーズの親会社であるロイヤル・カリビアン・グループ(Royal Caribbean Group)のRichard Fain会長は「Celebrity Beyondでわれわれは、海とのつながりの重視や壮大なスペースなどCelebrity Edgeの特徴を利用し、実際にそれらを拡張する機会を目にした。船の最も人気のスペースのすべてにおいて、開放性、高さ、広さの強化を重視した。最終的な成果は、建築とデザインの交わりを具現化する次世代の船だ」と述べた。

▽The Retreat:本質的なリゾート

世界で最も引く手あまたのインテリアデザイナーの1人であるケリー・ホッペンCBEは、すべての新しいスイートを含むスイートゲスト向けの比肩するもののない専用リゾートスペース、The Retreatのデザイン面を再構築し、Rooftop Garden、Resort Deckのメインプールエリアなどの屋外エリアにホッペン氏の世界的に有名なスタイルをもたらした。

新たな2階建てのRetreat Sundeckは、より純粋なアウトドアの至福を提供し、人目につかないカバナ、新しいシックな座席エリア、追加の水景施設、専用のRetreat Barによって、すがすがしい潮風の中で活性化する方法を提供する。あたたかく、魅力的なRetreat Loungeはくつろぐための新しいスタイリッシュなスペースである。隣接するプライベートレストランで、現在は船の前部にあるLuminaeは、ホッペン氏の新解釈により、日替わりのメニューに沿ってすべてのコーナーが訪れるたびに新しい体験を提供するスペースになる。

ホッペン氏によるフレッシュなカラーパレットとデザイン詳細を備えた多数のコンテンポラリー・スイートの船室がThe Retreatのゲストを待っており、これには屋外プランジプールにある再構築された2階建てのEdge Villas、フリート最大で船長室より優れた眺望を持つ、セレブリティクルーズの有名なIconic Suitesなどがある。

▽2つの世界をつなぐ

外洋ほど若返りを促す場所は他になく、Celebrity Beyondは、ゲストが船の豪華なデザインと、彼らを取り巻く世界に浸ることの双方を最大限に利用できることを確かなものとする。

世界的に有名なブルジュ アル アラブ ホテル(Burj Al Arab Hotel)を設計したことでおそらく最も知られているWKKの主任建築家、トム・ライト氏は、Celebrity Beyondのエクステリアスペースを拡大し、果てしない海の眺望と船が訪れる素晴らしい場所の息をのむほど美しいパノラマを活用し、それらのスペースを外洋に面した静謐なサンクチュアリーに変えた。ライト氏のデザインは船の全長を20メートル拡張し、高さをデッキ17層に引き上げ、現在の旅行者にとって一段と重要度を増しているアウトドアスペースであるThe Retreat、Resort Deck、Rooftop Gardenの再構築が実現した。

メインのオープンデッキは、従来のEdge Seriesの船舶のものより40%大きく、ホッペン氏によりデザインされた巨大な生きたRooftop Gardenを呼び物とし、座席増による新たなプライベートスペースの確保と映画鑑賞のスペースの拡張、ライブミュージック鑑賞、拡張されたRooftop Grillでの屋外ダイニングを含む。このエリアのハイライトは、ライト氏による2つの見事なフローティングプールの導入で、カンチレバー式で船の側面から6フィート半張り出し、ゲストを水際の向こうへと誘う。

Resort Deckで、ゲストは驚くべき非対称のスペースを楽しむ。ここにはホッペン氏のデザインによる階段状のプールデッキと新しい水中シーティングエリアが取り囲む25ヤードのラッププールがある。

ライト氏は、特徴的なEdge Series Magic Carpetのデザインも手掛けた。これはテニスコートサイズのカンチレバー式プラットフォームで、船の側面を昇降し、高層デッキ沿って海上の空中にとどまるオープンエアのラウンジ/レストランは、低層デッキで上陸するためのはしけのプラットフォームに変わる。Celebrity Beyondに導入されたEdge Series Magic Carpetは、2018年にCelebrity Edgeでデビューし、現在も、これまでで最もユニークなクルーズ船のデザインイノベーションの1つとみなされている。

セレブリティクルーズのEdge Seriesのデザインアンバサダーであるネイト・バーカス氏は自らデザイナーの役割に踏み出し、Celebrity Beyondの最も待望のエリアの1つであるSunset Barを創造した。このスペースの内部は従来のイテレーションの約2倍の広さを持ち、バーカス氏は、現代のカサブランカを彷彿とさせるシックでモロッコにインスパイアされた休暇先を創り出した。

ゲストはパゴダに覆われたエントランスを通って入場し、海で最もホットなスポットの1つを楽しむ。ゲストがより親密な方法でつながれる会話向けの小空間と覆いのあるエンクレーブが増えたSunset Barの階段状テラスは、一体となって、見事な眺望に浸り、忘れられない思い出を作るのに最適な場所を提供する。

▽細部までラグジュアリー

Celebrity Beyondのラグジュアリービジョンの中核は、Jouin Mankuが設計した船体中央部の変容できる場所Grand Plazaである。チームはエッフェル塔内にあるJules Verne(ジュールヴェルヌ)レストランの設計を担当し、訪れるたびに異なる体験を提供している。建築物と社会的つながりが1つになる町の生活の中心を担うイタリアのピザにヒントを得たGrand Plazaは、船体中央部の3層に展開し、見て見られる場所と大胆に宣言している。

姉妹船Edge SeriesのGrand Plazaより大きいCelebrity BeyondのGrand Plazaにはくつろげる座席の余裕があり、風通しのいい雰囲気がある。追加スペースにより、デザイナーがMartini Barを完全な円形バーとして中心に配置することを可能にした。

新Martini Barの上に堂々とぶら下がるGrand Plazaのアイコニックなシャンデリアは、数百の個別LEDライトで新しい有機形態を誇り、刺激的で演劇的なFlash Flair Fusion公演中の夜間、有能なバーテンダーといつも中央舞台で輝く。

Grand Plazaにつながっているのは、海上の卓越した料理のトップテーブル、世界的に有名なシェフのダニエル・ブリュー氏による新しくてくつろげる50席のレストランである。Le Voyageはふさわしい名前であり、旅行は世界的発想の風味のインスピレーションで、ミシュラン級シェフにヒントを与えるまさにその場に、ゲストを連れて行くよう工夫されている。メニューを補完する世界一流のソムリエがセレブリティクルーズの「最多受賞」海上ワインコレクションから、それぞれの料理にぴったりのワインを合わせる。

ブリューシェフの世界一流メニューを補完するのはレストランの雰囲気で、これもJouin Mankuの創造的才能の成果である。ゆったりしたまゆ型座席は発光ポータルに囲まれて旅と旅行のテーマを際立たせ、生き生きと点灯された「フルートグラス」が光の層と質感をもたらして魅惑的体験を生み出す。

機会と流れの感覚を与えるLe Voyageの体験は専用エントランスで始まり、ゲストが「さよなら」したいときに、ブリューシェフ自身の別れのブティックが用意する特製スイートで終わる。

▽海上ウエルネスの再考

ラグジュアリーは建築デザインや料理体験にとどまらず、セレブリティクルーズがCelebrity Beyondのウエルネスをどう考えたかにまで及ぶ。客船に新設されたのは、ゲストが彼らの中心を見いだす助けになる没入的生活体験AquaClass SkySuiteである。床から天井までのオーシャンビュー、専用ベランダ、豪華な寝具、その他のアメニティーから、Celebrity Beyondはバケーション中のゲストの心、体、精神に栄養を与える全てを考察した。

Celebrity Beyondはまた、女優兼起業家のグウィネス・パルトロー氏と新たにウエルビーイング・アドバイザーとして提携して出港する。セレブリティクルーズのフリート全体(ガラパゴス航海を除く)のAqua Classゲストは全員、セルフケアと集団ウエルビーイングの強化を目指すパルトロー氏のモダンライフスタイル・ブランドgoopのフィットネスキットなど、船内のウエルネスサービスを享受できる。goopのパルトロー氏と彼女のチームは、船内ウエルネスプログラムを監修し、新たなWomen in Wellnessイニシアチブにも参加する。

▽Beyondにようこそ

Celebrity Beyondは2022年4月27日、英国のサウサンプトンから処女航海に旅立つ。フランスのボルドー、ポルトガルのリスボン、スペインのセビリア、マラガ、パルマ・デ・マヨルカ、バルセロナに寄港する10泊の西欧クルーズである。次いでイタリアンリビエラとフランスの9泊、ギリシャの島々の10泊を含むさまざまな地中海クルーズを提供し、10月初めカリブ海に向かう。クルーズは2021年4月28日午後3時(ET)から発売。Celebrity Beyondの初年度、2022-2023年の航海に関するあらゆる情報は以下参照:
https://www.celebritycruises.com/cruise-ships/celebrity-beyond

2018年のデビューシーズン後、タイム誌の「World’s Greatest Places(世界で最も素晴らしい場所)」(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3145273-1&h=820642414&u=https%3A%2F%2Ftime.com%2Fcollection%2Fworlds-greatest-places-2019%2F5654106%2Fcelebrity-edge-cruise-ship%2F&a=World%27s+Greatest+Places )の1つに選ばれたCelebrity EdgeやCelebrity Apexの業界を変えた姉妹船同様、Celebrity Beyondもかつてない息をのむ世界にゲストをつなげる。セレブリティクルーズの船内、船外体験は、比類ない新たなラグジュアリー旅行ブランドとして一線を画している。セレブリティクルーズ・サービスの詳細、一生一度のバケーションの予約はwww.celebritycruises.com を参照。

▽セレブリティクルーズについて
セレブリティクルーズ(Celebrity Cruises)のアイコニックな「X」は、ラグジュアリーなクルーズ旅行を再定義して14回受賞したフリートのマークである。それはクールで現代的なデザインと宿泊設備、モダンテイストのダイニング、スパ、エンターテインメント体験、文化的に豊かで多様なデスティネーション体験を備え、その全てが温かい個別対応のサービスで補完されている。セレブリティは海上で数多く業界の先陣を切っている。クルーズ客船初のソーラーパネル使用、初のプラスチック・ウオーターボトル使用廃止、クルーズ客船として初めて米国女性を船長に起用、初の女性だけのブリッジ・オフィサーチームによる航海、クルーズ客船ブリッジに初めて西アフリカの女性が勤務、海上で行われた合法同性婚第1弾などである。旅行熱と世界を開く情熱に突き動かされ、セレブリティは全7大陸を航海して、70カ国以上の約300カ所を訪問する。セレブリティクルーズはグローバルなクルーズ企業、ロイヤル・カリビアン・グループ(Royal Caribbean Group)(NYSE: RCL)が運営するクルーズブランド5つのうちの1つである。

セレブリティクルーズは、航海全体に安全で健康的なクルーズバケーションを提供する公衆衛生と科学の専門家によるヘルシー・セイル・パネル(Healthy Sail Panel)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3145273-1&h=11783847&u=https%3A%2F%2Fwww.royalcaribbean.com%2Fhealthy-cruising-panel%2F%3Fecid%3Dpr_int_pblc_r_wb_3338&a=Healthy+Sail+Panel )の推薦に従っている。健康と安全のプロトコル、地域の旅行規制、寄港地訪問の許可は、継続的な評価、公衆衛生基準、政府要件に基づいて変更される可能性がある。米国のクルーズとゲスト:最新の医療・旅行警告、米国政府の旅行勧告の詳しい情報はhttps://www.celebritycruises.com/travel-alert または関連政府ウェブサイトのクルーズ旅行に関する旅行勧告、警告、推奨を参照。

デザイナーのコメント

*WKKのリード建築家、トム・ライト氏
「海にいることには何かがあり、やって来る目的地を探すのは本当に特別のことで、それが航海する理由である。船のデザインは世界の窓であり、見晴らしのいい場所を提供する。Celebrity Beyondの広いスペースは大きい「窓」を生み出し、船外にぶら下がるフロートプールのように、セレブリティのEdge Seriesでいつも夢見ていた要素の付加を可能にした。それは全て、提供する旅行体験にそぐわない視点に追加される」

*デザイナーのケリー・ホッペンCBE
「これらのスペースは全て、客船と人々の体験に統合的である。私にとってデザインプロジェクトは、毎日誰かの気分が変わり、何か違うことをしたいが、常に究極的な休日を望むというアイデアに行き着いた。だから、集まるが、まゆに包まれた孤独な場所の音楽、飲み物、場所がある。この船の美しさは、誰でも望む人になれる機会が多いことである」

*デザイナーのネイト・バーカス氏
「優れたデザイナーが何かがどう見られるか考えるとき、人々がどう感じるかを考えている。私は世界中で好きな場所からインスピレーションを得た。カリフォルニア州最高の場所とともに、メキシコ、ギリシャ、ウルグアイの最高の場所である。このスペースを願望を表すもの、高級な手段でリラクゼーションを表すものにしたかった」

*シェフのダニエル・ブリュー氏
「Le Voyageはほかにない料理の旅になり、船が訪問する目的地の風味を反映する。メニューは私のフランスルーツのDNAに基づくことになるが、同時に、とても冒険的なものになる。私の目標は、料理が中央舞台になる驚くほど快適な環境を生み出すことである。これを海上で最も特別なレストランにしたい」

*Jouin Manku共同創設者のサンジ・マンク(Sanjit Manku)氏
「ゲストはCelebrity Edgeのこのエリア(Grand Plaza)にとても引き寄せられ、船内で最も人気が高い集いの場になっている。だから、われわれはエリアを広げて、現代的なオペラ劇場から多くのヒントを得た。開けて高く、風通しのいい雰囲気である。追加スペースはより多くのゲストの交流にふさわしいだけでなく、ゲストのエスケープ用によりくつろげる座席エリアを可能にする」

*goop創業者兼CEOのグウィネス・パルトロー氏
「goopでは、われわれの好奇心がウエルビーイングに対する異なる手法の探索に導き、われわれを世界中に派遣して、食べて飲み、参加してくつろぐ最高の場所を報告した。このような関心の連鎖の近くで、われわれは豊富な旅行経験の既存概念を打ち壊すセレブリティのミッションに出会った。セレブリティの新ウエルビーイング・アドバイザーとして、私はgoopのチームとともに、船内にわれわれの好きなプラクティスとツールの一部を持ち込む。ウエルビーイングと楽しみを深めるために」

ソース:Celebrity Cruises

▽問い合わせ先
Susan Lomax
E. SLomax@Celebrity.com
Global Press Office
E. CelebrityCruises@GoodRelationsPR.com

編集者注意:メディアはセレブリティクルーズの最新ニュース全体を以下で参照できる。
www.celebritycruisespresscenter.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ