プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ERT

ERTとBioclinicaの合併完了で臨床試験エンドポイント技術のグローバルリーダーが誕生

AsiaNet 89054 (0815)

【フィラデルフィア2021年4月28日PR Newswire=共同通信JBN】臨床エンドポイント・データソリューションのグローバルリーダーERT(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3132623-1&h=2992466112&u=https%3A%2F%2Fwww.ert.com%2F&a=ERT )は19日、臨床画像の技術的、科学的リーダーBioclinica(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3132623-1&h=2577688697&u=https%3A%2F%2Fwww.bioclinica.com%2F&a=Bioclinica )との合併完了を発表した。この合併により、臨床試験エンドポイント技術の世界的リーダーかつ製薬、バイオテクノロジー企業の主要パートナーが誕生、クラス最高の技術、科学的および治療的専門知識、顧客サービスに絶えず焦点を当てたデジタルイノベーションが提供できるようになる。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1490004/ERT_Logo.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1490003/Bioclinica_Logo.jpg

この取引で、イメージング、eClinicalソフトウエア、医薬品安全性ソリューションに関するBioclinicaの専門知識と、電子臨床転帰評価(eCOA)、心臓安全性、呼吸器、ウエアラブルに関するERTの専門知識が一つになる。これによりERTは、画像処理、呼吸器、心臓、コネクテッドデバイスを用いたeCOA、精密動作などの重要エンドポイントのより優れた統合デジタルソリューションを提供する、業界で最も包括的かつ安定したエンドポイントデータ収集ポートフォリオをつくり上げる。

それとともに合併会社は、市場をリードする研究開発への投資を加速して、より総合的なエンドポイント技術を提供するとともに、より幅広い医療、科学業界リーダー・チームへのアクセス提供に全力で取り組む。こうした総合的アプローチにより、施設、顧客、患者の臨床試験体験を向上させていく。

ERTのJoe Eazor社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように語った。
「われわれはBioclinicaを心から歓迎しており、統合サービスの拡充と革新的ロードマップを通じて、顧客により優れた臨床試験成果を届けられると期待している」
「われわれは、エキサイティングな未来を計画するにあたって、現在のサービスを中断、変更することなく継続し、顧客の声に耳を傾け、彼らのニーズにより的確に応えていくことを最優先にしている」

「合併後の新会社は、今日の複雑で動きの速い臨床試験環境に合わせてイノベーションを加速させるというコミットメントを果たしていく。これにより、当社は顧客にとってより有能なパートナーになることができ、さらに重要なのは、健康の増進と命を救う役に立つ能力を強化できる」

Joe Eazor氏が合併会社のCEOとなり、経営陣はERTとBioclinicaの双方の幹部の組み合わせで構成される。

ERTとBioclinicaの統合の詳細については、合併専用ウェブページ(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3132623-1&h=367316166&u=https%3A%2F%2Fwww.ert.com%2Fbioclinica-merger%2F&a=dedicated+merger+webpage )を参照。

▽ERTについて
ERT(eResearch Technology)は、臨床試験の不確実性とリスクを最小限に抑え、顧客が自信を持って前進できるようにするグローバルなデータ・テクノロジー企業である。50年近い臨床、治療経験のあるERTは、何が有効かについての知識と次の展開についてのビジョンとのバランスを取り、基準を下げることなく適応できるようにしている。

ERTのEXPERT(R)テクノロジープラットフォームを搭載した同社のソリューションは、試験の監視を強化して施設の最適化を可能にし、患者の関与を高め、患者の安全を確保しつつ新しい臨床治療の有効性を測定する。米食品医薬品局(FDA)が2019年に認可した全医薬品の75%が、ERTが支援する研究の成果だった。製薬会社、バイオテクノロジー企業、臨床研究機関(CRO)は、これまでに500万人以上の患者がかかわった1万6000件の試験でERTソリューションを頼りにしてきた。ERTは、問題が起きる前に試験のリスクを特定することで、顧客が患者に迅速かつ自信を持って臨床治療を提供できるようにしている。

詳細については、ert.com(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3132623-1&h=3750397762&u=http%3A%2F%2Fwww.ert.com%2F&a=ert.com )にアクセスするか、LinkedIn(https://www.linkedin.com/authwall?trk=gf&trkInfo=AQHD1_QMciJsjgAAAXjn5qoIQKW2eoaTcNEYg6dZmk5X4YMHNCMlC-V1d7JdVG0ieZ6iEO9g7gswb3Q7oCslez7vqAz6UcON1l1ROQWu6ynGveVpG7FFT20B8SNxM6AxmwVxz48=&originalReferer=&sessionRedirect=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fcompany%2Fert%2F )やTwitter(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3132623-1&h=299416367&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2FERTglobal&a=Twitter )で当社のフォローを。

▽ERTメディア問い合わせ先
Terry Stanulis
Director, Public Relations and Thought Leadership
terry.stanulis@ert.com
+1 (862) 288-0329

ソース:ERT

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ