プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

福井県

全国唯一のフルマラソン空白地の福井県で2024年春、遂に開催へ。大会名称&スローガンを募集中

申込締切は5月9日(日)。開催は北陸新幹線福井・敦賀開業(2024年春予定)後

 福井県は、北陸新幹線福井・敦賀開業に合わせ、フルマラソン大会の開催に向けた準備を進めています。2009年を最後に福井県内でフルマラソンの大会は行われておらず、2021年度に開催する三重県を除き47都道府県最後の開催となります。そして開催にあたり、県内外の皆さまの大会への期待を高め開催機運を盛り上げるべく、福井の魅力や大会の特徴を全国に発信できる「大会名称」と「スローガン」を募集しています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104224023-O1-ZZgV9OfG
 

募集概要
募集作品:大会名称(親しみやすく、覚えやすい大会の名称)
     スローガン(福井の魅力と大会の特徴を印象づける言葉・キャッチコピー)
応募期間:5月9日(日)まで
応募資格:制限はありません。どなたでも応募していただけます。
応募方法:
(1)募集チラシ
 応募フォームに必要事項を記入の上、FAX、メール、郵送のいずれかの方法で応募してください。
 ※チラシはホームページ(https://f-sports.pref.fukui.lg.jp/1508.html)からダウンロードできます。
 ※メールの場合、応募フォームの必要事項を本文に記しても構いません。
(2)専用サイト
 専用サイトの応募フォームに必要事項を記入の上、送信してください。
 ※専用サイトはコチラ(https://shinsei.e-fukui.lg.jp/eUnKJ6qG)からアクセスしてください。

審査及び決定:
・準備委員会において審査し、大会名称とスローガンについて、それぞれ採用作品等を決定します。
・採用作品等の発表は、本人に直接通知するほか、ホームページなどで発表します。(令和3年7月頃)

表  彰:大会名称・スローガンそれぞれ
     採用作品 1点  賞金3万円、副賞(県産品)
     入賞作品 2点  賞金1万円、副賞(県産品)
     ※受賞者が中学生以下の場合には、賞金に代えて図書カードを贈呈します。
詳  細:福井県スポーツ情報ポータルサイト「F.sports!」内、フルマラソン特設ページをご覧ください。
     https://f-sports.pref.fukui.lg.jp/event/marathon

大会概要
開催時期:2024年春頃(北陸新幹線福井・敦賀開業後)
コース :スタート・フィニッシュ地点をJR福井駅西口付近とすることを基本として、福井市の足羽川や坂井市の丸岡城など、全国に誇れる桜の名所、そして全国的にも珍しい新幹線と並走できる新九頭竜橋(仮称)を経由地の候補としています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104224023-O6-33AdyzoD

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104224023-O7-4lOZv60O

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104224023-O5-wwI880nT

①福井発の全国に誇れるとんがったフルマラソン
  桜を大会の顔とし、福井の魅力を国内外に発信するとともに、これから世界に挑戦する次世代トップランナーや未来ある子ども達を応援する、マラソンによる新しい地域活性化の枠組みを立ち上げます。

②全都道府県で一番最後だけど一番新しい、新世代のフルマラソン
  ”マラソンをデジタルで楽しむ”ことをテーマとして、これまでにない新しい大会のあり方を追求します。

③はしる、みる、ささえる+つながる フルマラソン
  走る楽しさを追求するとともに、誰もが主人公となれる大会、また、福井のフラッグシップイベントとして、地域の盛り上がりを創出する大会とします。

 
※採用作品は、大会の「名称」、「スローガン」として、その広報活動などに広く使用します。
※採用作品等による全ての権利は、準備委員会とその後継団体に帰属します。
※応募作品の著作権等に関わる問題が生じた場合は、全て応募者の責任となります。
※応募作品は返却しません。
※応募作品は補作(修正・加筆)を行った上で採用作品とする場合があります。
※応募時にご提供いただいた個人情報については、本事業実施に関わる事務以外には使用しません。
 なお、採用作品等の発表時には、採用者のお名前と住所(市町村まで)について公表します。

大会名称スローガン募集
足羽川
丸岡城
新九頭竜橋(仮称)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ