プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

京都大学大学院情報学研究科通信情報システム専攻 原田研究室

メッシュネットワーク対応 国際標準規格 Wi-SUN FANを搭載した高機能IoTゲートウェイを開発

2021年4月27日
京都大学

京都大学 大学院情報学研究科の原田博司教授の研究グループは、次世代スマートメーター向けの通信規格として期待されている国際無線通信規格Wi-SUN FAN(Field Area Network)を搭載したIoT(Internet of Things)用途向けのゲートウェイを新たに開発しました。

このWi-SUN FAN無線通信機能搭載のIoTゲートウェイにはWi-FiとBluetoothを標準装備、多数のインターフェースを備えています。また、標準Linuxを搭載しているため、開発環境の提供により様々なアプリケーション開発が可能であり、研究用だけでなく商用としても利用可能です。以下にその特徴を示します。

■ 特徴:IoTゲートウェイ
・     Wi-SUNアライアンス認証済みのWi-SUN FAN 1.0を搭載、通信速度300kbps対応
・     Wi-SUNアンテナダイバーシティによる高い通信品質を実現
・     Wi-Fi(Dual-Band 802.11 ac/a/b/g/n)、Bluetooth5標準装備
・     USB Type-Cによる電源供給、JST 2PINコネクタによる電源供給(オプション)に対応

さらに、このIoTゲートウェイを用いて生体データや環境データをWi-SUN FANで多段中継してクラウドまで伝送するアプリケーションを開発し、医療機関での実証実験に成功しました。以下にその特徴を示します。

■ 特徴:アプリケーション
・     6種類のBLE生体センサー(体温計、血圧計、活動量計、体重計、血中酸素濃度計、非接触体温計)、BLE環境センサー、USBカードリーダの接続に対応
・     USBメモリを利用したアプリインストール機能、インターネットを介したアプリ更新機能(Over The Air:OTA)に対応
・     Wi-SUN、Wi-Fiの受信信号強度の表示、データ伝送機能による通信品質の可視化を実現
・     Wi-SUN、Wi-Fiの接続状況による伝送経路切り替え機能に対応

今回開発したIoTゲートウェイはスマートフォンバッテリーからの給電も可能であり、さらに、ログやWi-SUN伝送情報を取得、蓄積することができるため、広範囲にIoTゲートウェイを配置した大規模実証実験が可能です。また、IoTゲートウェイとアプリケーション、パブリッククラウドを統合したシステムでは、新たなセンサーを追加する場合にもBLE部分の開発のみで接続が完了するため、医療や災害用途だけでなく、工場やスマートシティへの活用も期待できます。開発したIoTゲートウェイは、5月末を目標に商用化する予定です。

詳しくは
http://www.dco.cce.i.kyoto-u.ac.jp/ja/PL/PL_2021_02.html
をご覧ください。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ