プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ALBERT

【ALBERT】東京大学COIとの共同研究契約を延長

2021年4月27日

株式会社ALBERT

【ALBERT】東京大学COIとの共同研究契約を延長
医療政策・経済と新型コロナウイルスなど
疾病の予防施策への影響に関する探索研究を本格化

株式会社 ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松本壮志、以下 ALBERT)は、国立大学法人 東京大学(所在:東京都文京区、総長:藤井輝夫、以下「東京大学」)と2020年10月に締結していた共同研究契約について、共同研究をさらに加速させるべく4月1日付で1年間延長する契約を新たに締結しました。今後、新型コロナウイルス感染抑止に向けた各国の政策とウイルス拡散の関係性や影響の予測に関する研究、その他、医学データ等を用いた「心拍変動の予測モデル」の検討など公衆衛生に関する研究を共同で実施する予定です。
 なお、本共同研究は東京大学センター・オブ・イノベーション「自分で守る健康社会拠点」(以下、東京大学COI)のテーマとして行われます。

■ 新型コロナウイルスなどの疫病の予防に関する共同研究を実施
ALBERTは各産業におけるビッグデータ分析・AI活用の支援に取り組んでおり、新型コロナウイルスの感染拡大局面に際して、2020年2月に設置された厚生労働省の新型コロナウイルスクラスター対策班に対して、人流データを使った感染状況の分析などのデータ分析支援を実施してきました。
今回の共同研究では、人々の生活に影響を及ぼす疾病のコントロールにおいて、数理モデルの構築をその専門家と医療専門家・疫学家とで行うことにより、実際の予防施策に生かされるアルゴリズムを検討し、公衆衛生学的に意義のあるアウトプットを目指していきます。

■ 東京大学センター・オブ・イノベーション(COI)自分で守る健康社会拠点
東京大学センター・オブ・イノベーションは、文部科学省および国立研究開発法人科学技術振興機構が主導する産学連携プログラムです。
「自分の健康は自分で守る、高齢者も社会を支える、新健康医療産業創出により国民総所得を増大する」という「自分で守る健康社会」実現のために、自治体・企業と連携して「健康維持の自分ごと化」を推進する社会を目指しています。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ