プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

オムロンヘルスケア株式会社

手首式血圧計と、喘鳴センサ、ネブライザ3機種、低周波治療器が「iFデザイン賞 2021」を受賞

オムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲)は、以下の6製品で、ドイツの「iFデザイン賞2021」を受賞しました。

【受賞製品】
・手首式血圧計  HEM-9601T
・コンプレッサー式ネブライザ  NE-C111
・コンプレッサー式ネブライザ  NE-C105
・コンプレッサー式ネブライザ  NE-C106
・喘鳴センサ  WheezeScan HWZ-1000T
・低周波治療器 HV-F080

 
「iFデザイン賞」は、ドイツの「iF International Forum Design GmbH」が主催し65年以上続く、世界的に権威のあるデザイン賞です。世界各国から応募された製品やサービスを対象に、独創性や革新性、美しさ、性能、使いやすさ、品質、価格、環境への配慮など、多角的な視点から優れたデザインが選定されます。今年は、世界52の国と地域から約10,000件の応募があり、98名のデザインの専門家により審査が行われ、受賞製品が選ばれました。
当社の「iFデザイン賞」受賞は、最初の受賞である2007年度から今年で15年連続となります。今後も、使いやすさと精度にこだわった革新的な製品やサービスを、使う人が前向きに、笑顔で毎日を過ごせるようにデザインすることで、世界中の人々の健康ですこやかな生活の実現に貢献していきます。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104224057-O1-6DPt026B
 
 
【受賞製品】
・手首式血圧計 HEM-9601T
睡眠中の血圧を自動的に測定することができる手首式血圧計です。夜間の睡眠中の高血圧は、心筋梗塞や脳卒中などの脳・心血管疾患の発症リスクを高めると言われています。手首に沿った縦長形状により睡眠を阻害することなく睡眠中の体の動きによる機器のずれを抑制することで、測定精度を高めました。
 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104224057-O9-aF47wyNb
 
 
・コンプレッサー式ネブライザ NE-C111
ネブライザは、喘息の薬液を細かい霧状にして、気管支や肺に送る医療機器です。
喘息患者の増加が顕著な中国*において、初めてネブライザを使う患者やその家族が、使いやすく、手入れのしやすいデザインを追求。チューブ差込口やスイッチ、薬液フォルダーなどを、分かりやすく、操作のしやすい位置に配置しました。
*本製品は中国専用モデルです。 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104224057-O3-qNJ7Hhfp
高効率を追求した、毎日の吸入治療に便利なネブライザです。
通気口を本体表面から隠すことで清掃時の簡便性を向上させました。薬液ボトル(画像透明の筒部分)を子供も持ちやすいサイズにしたり、子供用マスクを円形状にすることで、どの顔の向きにも当てやすくするなど、主な利用者である子供の使いやすさを追求しました。医療機器として信頼性を感じさせる精緻感と、家庭用機器としての優しさのバランスを大切にデザインしました。
*本製品は欧州にて販売しています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104224057-O4-4vc84U6T
・コンプレッサー式ネブライザ NE-C106
ネブライザを使った家庭での吸入治療を普及するため、材質や設計を見直し、新興国でも手にしやすい価格帯に価格を抑えました。喘息治療での煩雑さを軽減するため、本体のチューブやスイッチの位置を見直し、凹凸の少ない形状で清掃しやすいデザインにするなど、手ごろな価格でありながら使いやすさを追求したデザインにしました。
*本製品は、インド、インドネシア、ベトナムにて販売しています。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104224057-O5-bc4ruqWh
・喘鳴センサ WheezeScan HWZ-1000T
胸にセンサ部をあてると主な喘息症状である喘鳴音の有無を検出できる今までにない医療機器です。日々の症状や服薬状況などを記録する喘息管理アプリケーション「Asthma Diary」と連携することで、喘鳴音の測定結果を自動で記録でき、医師への正確な状況の共有をサポートします。これにより、小児喘息管理の新しいソリューションを提供します。
喘鳴センサを使って自分の症状を正しく伝えることが難しい小児の喘鳴音の有無を確認することで、喘息症状が悪化する前の適切な対応をサポートします。
*本製品は欧州にて販売しています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104224057-O6-Cd30yvJ8
 
・低周波治療器 HV-F080
スポーツ後の筋肉疲労や関節の痛みを緩和できる低周波治療器です。
疲労が蓄積しやすい脚の大きな筋肉にフィットする大型の治療パッドや、動きが大きな関節に装着しても脱落しにくい関節用パッドが、スポーツ後のコンディショニングケアに便利です。また、脚の筋肉と関節など同時に二か所を治療できます。さらに、アスリートが低周波治療で使用しているマイクロカレントを搭載しているので、自宅でも本格的なコンディショニングケアを行えます。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104224057-O12-RkM8R8SJ
 

 
 

if_designaward2021
HEM-9601T
NE-C111
NE-C105
NE-C106
WheezeScan and Asthma Diary
HVF080_hero_1 (2)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ