プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

EpiVax Inc.

EpiVaxがアレルギーにおけるトレギトープの抗原特異的耐性誘導を実証、結果をフロンティアズ・イン・イムノロジーで発表

AsiaNet 89216 (0903)

【プロビデンス(米ロードアイランド州)2021年4月27日PR Newswire=共同通信JBN】EpiVax, Inc.(「EpiVax」)は、フロンティアズ・イン・イムノロジー(Frontiers in Immunology)(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3142107-1&h=1712795459&u=https%3A%2F%2Fwww.frontiersin.org%2Farticles%2F10.3389%2Ffimmu.2021.634509%2Ffull%3F%26utm_source%3DEmail_to_authors_%26utm_medium%3DEmail%26utm_content%3DT1_11.5e1_author%26utm_campaign%3DEmail_publication%26field%3D%26journalName%3DFrontiers_in_Immunology%26id%3D634509&a=%22Tregitopes+Improve+Asthma+by+Promoting+Highly+Suppressive+and+Antigen-Specific+Tregs%22+in+Frontiers+in+Immunology )に論文「トレギトープは抑制性の高い抗原特異的Tregを増やすことで喘息を改善」が掲載されたと発表した。この研究は、トレギトープがアレルギーの有望な治療法であることを強調している。IgG由来のトレギトープの投与は、オボアルブミン(OVA)アレルギーやブタクサアレルギーのマウスモデルにおいて、抗原特異的制御性T細胞を誘導し、アレルゲン誘発性の気道過敏性や肺の炎症を軽減することが分かった。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/542055/EpiVax_Logo.jpg

トレギトープは、2008年にAnne De Groot博士とWilliam Martin氏によって最初に発見された、ヒト免疫グロブリン内にあるペプチドである。EpiVaxはその後、さらに多くのトレギトープを検証し、強力なトレギトープ特許財産を生み出した。トレギトープは、幅広い治療用途で、タンパク質と共製剤化または融合させて、抗原特異的耐性を誘導することができる。EpiVaxは現在、商用、学術パートナーにトレギトープのライセンスを供与している。EpiVaxのトレギトープ・プラットフォームの詳細は、以下で入手可能。
https://epivax.com/pipeline/tregitope-immunomodulation-power-tool

トレギトープは、制御性T細胞に関与し、幅広い疾患モデルで炎症を下方制御することができる。この作用機序は、カナダ・モントリオールのマギル大学のMarieme Dembele氏、Bruce Mazer博士、Amir Massoud氏など、トレギトープの価値を生かそうとする他の人々によって活用されてきた。Dembele氏らのチームはかつて、アレルギー性気道疾患でトレギトープによる抗原特異的耐性誘導を実証した。トレギトープによる抗原特異的下方制御は、I型糖尿病(https://www.nature.com/articles/s41598-019-52331-1 )、ゴキブリ感作アレルギー(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3142107-1&h=1628609741&u=https%3A%2F%2Fwww.nature.com%2Farticles%2Fs41598-018-33680-9&a=cockroach+induced-allergy )、実験的大腸炎(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3142107-1&h=3793823999&u=https%3A%2F%2Fwww.wjgnet.com%2F1007-9327%2Ffull%2Fv18%2Fi32%2F4288.htm&a=experimental+colitis )、妊娠損失(https://www.nature.com/articles/s41598-020-66957-z )など他の疾患モデルでも実証されている。EpiVaxはこうした結果に意を強くしており、トレギトーププログラムに明るい未来が続くよう期待している。

将来的な治療の可能性について、マギル大学医療センター研究所上級研究員のBruce Mazer博士は「トレギトープベースの治療は、アレルギーやその他の炎症性疾患の治療法の改善につながる可能性がある。IgGトレギトープベースの治療法は、IVIgに代わる合成治療法となる可能性があり、アレルギー性喘息に対するステロイドベースの免疫抑制剤治療と異なり、より特異性が高く、副作用も少なそうだ」と語った。

▽EpiVaxについて
EpiVaxは、T細胞エピトープ予測、免疫調節、迅速なワクチン設計の専門知識を有するバイオテクノロジー企業である。EpiVaxの治療薬、ワクチン用の免疫原性スクリーニングツールキット、ISPRIおよびiVAXは、世界中の著名企業の研究推進で採用されている。EpiVaxの詳細については、www.epivax.com を参照。トレギトープとライセンス供与機会の詳細については、以下まで問い合わせを。
https://epivax.com/about-us/contact-us

今回掲載された研究の無料オンライン版は、以下からフロンティアズ・イン・イムノロジーにアクセスを。
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fimmu.2021.634509/full?&utm_source=Email_to_authors_&utm_medium=Email&utm_content=T1_11.5e1_author&utm_campaign=Email_publication&field=&journalName=Frontiers_in_Immunology&id=634509

▽メディア問い合わせ先
Katie Porter
Business Development Manager
EpiVax
kporter@epivax.com

ソース:EpiVax Inc.

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ