プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ミントウェーブ

テレワーク用途に適したノートシンクライアント端末2機種を発表

Wi-Fi6、オンライン会議に便利なWeb カメラを標準搭載

2021年4月27日
株式会社ミントウェーブ

株式会社ミントウェーブ(本社:東京都新宿区、代表取締役:毛受 重久)は、新型コロナウイルス感染対策としてニーズが高まる「テレワーク(在宅勤務・モバイルワーク)」用途に適したノートシンクライアント2機種を本日より販売開始いたします。

●社内モバイル、在宅勤務向け<画面サイズ15.6型>
・「MiNT-ACC Note BJ65」オープン価格
dynabookBJ65シリーズをベースとし、ノングレア液晶で見やすい15.6型ノートシンクライアントです。
「MiNT-ACC Note B65(2020年1月発表)」,「MiNT-ACC Note B45/G8(2019年10月発表)」の後継機となります。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104264196-O3-I323q9G8

【 特長】
・Wi-Fi6搭載
・オンライン会議に便利なWebカメラ(デュアルマイク付き)を標準搭載
・本体底面部分にネジで取り外し可能なメモリカバーを装備。お客様ご自身でメモリ増設が行えます。
・液晶はFHD(1920×1080ドット)とHD(1366×768ドット)2つの解像度から選択可能

●モバイルワーク向け<画面サイズ13.3型>
・「MiNT-ACC Note G83K」オープン価格
持ち運び用途で求められる 軽さ・堅牢性・LTE対応・長時間駆動をすべて備えたモバイルノートPC dynabookGシリーズに、ミントウェーブがセキュリティに優れたシンクライアントOSを搭載した13.3型ノートシンクライアントです。
「MiNT-ACC Note S73L(2020年1月発表)」,「MiNT-ACC Note G83(2019年3月発表)」の後継機となります。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104264196-O4-2O4p72Qw

【特長】
・Wi-Fi6搭載
・オンライン会議に便利なWebカメラ(デュアルマイク付き)を標準搭載
・アメリカ国防総省制定MIL規格(MIL-STD-810G)に準拠したテストをクリアした実用性の高い堅牢性
・高速LTEに対応した通信モジュール内蔵、最大24.0時間※1のバッテリー駆動(LTE対応・バッテリーLモデル選択時)
・薄さ約17.9mm/重量約758gの軽量ボディ (バッテリーS搭載モデル選択時)

※1:記載の時間は、Dynabook社にて「JEITAバッテリ動作駆動時間測定法(Ver2.0)」にて測定した結果となります。シンクライアント端末として利用した場合、本値より短くなる傾向がございます。

 
<ソフトウェア面での特長(2機種共通)>
a)選べる搭載OS
Windows 10 IoT Enterprise搭載モデルに加え、Basilware64(Linuxベースの独自OS)搭載モデルもラインナップ。用途・ニーズに応じて、購入時に選択いただけます。
Basilware64は簡単な操作性、Windows 10 IoT Enterpriseは優れたカスタマイズ性を備えています。

・「MiNT-ACC Note BJ65」のBasilware64搭載モデルは2021年5月リリース予定です。
・「MiNT-ACC Note G83K」のBasilware64搭載モデルは2021年9月リリース予定です。

b)管理ツールで管理工数低減
管理ツールで端末の一括管理が可能。管理工数を低減します。

c)カスタマイズ対応(オプション)
デバイスドライバ組込など、自社工場(愛知県)でシンクライアントを熟知したエンジニアが対応。用途にあった形で提供いたします。 ※詳しくはお問い合わせください

【商品概要(製品紹介ページ、カタログ)】 
・「MiNT-ACC Note BJ65」https://www.mintwave.co.jp/product/thinclient/note_bj65.html
・「MiNT-ACC Note G83K」https://www.mintwave.co.jp/product/thinclient/note_g83k.html

 
【株式会社ミントウェーブについて】
株式会社ミントウェーブは、1998年に国内初のWBT端末(Windows用シンクライアント端末)を開発・販売した株式会社高岳製作所(現:株式会社東光高岳)システム事業部を母体とし、2002年に設立。
20年以上におよぶシンクライアントシステムの開発・構築・端末製造で培った豊富な経験と自社工場(愛知県)を活かし、高度なセキュリティや運用管理コストの軽減などお客様ニーズに適したシンクライアントソリューションを提供いたします。

本文中の社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ