プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

積水ハウス株式会社

積水ハウス、外出先から住まいと家族を見守る、間取り連動スマートホームサービスを今夏提供開始

 積水ハウス株式会社は、外出先からの住宅設備の遠隔操作を可能にするスマートホームサービス「プラットフォームハウス ZERO(仮称)」を2021年夏から提供開始します。

 積水ハウスは、2020年に創業60年を迎え、次の30年に向けて、“「わが家」を世界一 幸せな場所にする”というビジョンを掲げ、人生100年時代の幸せの提供を目指しています。住まいを通じた新しい価値の提供に向け、住まいのビッグデータ(住環境データ・ライフスタイルデータ)を活用して、「健康」「つながり」「学び」を軸にしたサービスを提供する「プラットフォームハウス構想」を推進しています。「プラットフォームハウス ZERO(仮称)」のシステムは、この「プラットフォームハウス構想」の基盤となるものです。

 「プラットフォームハウス ZERO(仮称)」は、業界初の間取り図と連動した、視覚的で直感操作できるスマートホームサービスです。温湿度センサーや、窓センサーなどのIoTのデータをパブリッククラウド上で蓄積し、スマートフォンアプリで、外出先からエアコンなどの機器を確認・操作することができます。

今後、「プラットフォームハウス構想」の中では、急性疾患早期対応ネットワーク「HED-Net」を始め、「健康」「つながり」「学び」を軸にしたサービスを順次、拡張、追加していく予定です。

また、「プラットフォームハウス ZERO(仮称)」は、パーソナルデータの安心・安全な利用と、今後の新しいサービスに対応する為に、高度なセキュリティを構築しています。将来「プラットフォームハウス構想」において提供を予定している「HED-Net」においては、日本ではセキュリティ上の課題から実施されていない、第三者による「玄関ドアの遠隔解錠施錠」 が、一般社団法人 重要生活機器連携セキュリティ協議会のガイドラインに準拠、実装予定です。

 「プラットフォームハウス構想」では、今後、住まいのビッグデータ から、IoTやAIのテクノロジーを活用して「レコメンド」「予測」「検知」「分類」などの機能で、住まいと家族を繋ぐ様々な利便性の高いサービスの提供を予定しています。

 

スマートホームサービス概要

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M100045/202104264145/_prw_OT1fl_jQ4C9N4F.png

 

スマートホームサービス イメージ画像                

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104264145-O2-P8I97HM7

 

 

 

アプリ イメージ画像

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104264145-O1-q60WzMMK

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ