プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社オカムラ

オカムラの「SALITRO&Stafit Ⅱ」が「iFデザインアワード2021」を受賞

2021年4月21日
株式会社オカムラ

株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:中村 雅行)のアクティブラーニングチェア「SALITRO(サリトロ)」と立ち姿勢サポートデスク「Stafit(スタフィット) Ⅱ」が、国際的に権威あるドイツの「iFデザインアワード2021」を受賞しました。
「iF DESIGN AWARD(iFデザインアワード)」は、ドイツのハノーバーを本拠地とする「iF International Forum Design GmbH」が主催し、毎年全世界の工業製品を対象に優れた工業デザインに与えられる、世界的に権威ある賞のひとつです。今回は、世界52の国や地域から約9,509点の応募がありました。

受賞した「SALITRO&Stafit Ⅱ」は、さまざまな学習スタイルに合わせた姿勢をとりやすく、使用者が自主性を持って学習するのに適したチェアとデスクです。
「SALITRO」は「2019年度グッドデザイン賞」、「SALITRO&Stafit Ⅱ」は「UNIVERSAL DESIGN competition 2020」に続く受賞となり、国内外で高い評価を獲得しています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104213913-O4-1dFd88XA
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104213913-O1-Hh35s9VT
 
■アクティブラーニングチェア「SALITRO(サリトロ)」
背座一体型のシェルを採用したアクティブラーニングチェアです。キャスター付きで簡単に移動できます。ワンタッチで座を上げられ、前かがみにならずに自然な姿勢で運べます。重ねて収納する際には省スペースで片付ける事が可能です。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104213913-O3-OSwEqv7Z

□オカムラ エデュケーション 教育施設総合カタログ2020-2021 「SALITRO」
https://gmd.okamura.jp/iportal/cv.do?c=27532170000&pg=94&v=OKM05&pp=L

 
■立ち姿勢サポートデスク「Stafit(スタフィット) Ⅱ」
学習をアクティブにサポートする、キャスター付きのひとり用昇降デスクです。天板の高さを、座り姿勢の700Hから立って作業できる高さの1100Hまで調節でき、座学の後に立ってディスカッションや発表するなど、姿勢の変化に合わせた使い方ができます。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104213913-O2-ZHbiUf7F
□オカムラ エデュケーション 教育施設総合カタログ2020-2021 「StafitⅡ」
https://gmd.okamura.jp/iportal/cv.do?c=27532170000&pg=101&v=OKM05&pp=L

 
アクティブラーニングチェア「SALITRO」と立ち姿勢サポートデスク「Stafit Ⅱ」は、組み合わせて使用することで、使用者の主体的な動きにフィットし、アクティブな学びをサポートします。チェアの座を上げてデスクの下に格納できるので、立ち姿勢時に邪魔になりません。

 

―「iF DESIGN AWARD(iFデザインアワード)」の概要―
1953年から始まった「iFデザインアワード」は、「iF International Forum Design GmbH」が主催し、優れた工業デザインに与えられる世界的に権威ある賞のひとつです。審査にあたってはデザイン性、革新性、機能性、環境への対応、人間工学、安全性および耐久性などの基準が適用され、総合的な評価が行われます。

□「iF DESIGN AWARD 2021」 ウェブサイト
https://ifworlddesignguide.com/awards/participate/if-design-award-2021

 
■オカムラ ウェブサイト デザインアワード受賞製品ページ
https://www.okamura.co.jp/company/products/award/

 

if_designaward2021_ロゴ
SALITRO & Stafit II
SALITRO
Stafit Ⅱ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ