プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アムジェン株式会社

アムジェンの乾癬疾患啓発活動のパートナーに「フットボールアワー」が就任

LINE公式アカウント「乾癬@LINEヘルスケア」開設など乾癬疾患啓発活動を4月21日(水)より展開

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106615/202104193860/_prw_PT1fl_97xNlJjc.png

2021年4月21日

 

アムジェンの乾癬疾患啓発活動のパートナーに
「フットボールアワー」が就任 ~乾癬患者と家族に寄り添い、支え続ける存在を目指して~

 

乾癬患者のより良い暮らしの習慣化を目的に LINE公式アカウント「乾癬@LINEヘルスケア」開設など 乾癬疾患啓発活動を4月21日(水)より展開

アムジェン株式会社(本社:東京、代表取締役社長:スティーブ・スギノ)は、2021年4月21日(水)より、アムジェン株式会社の乾癬患者さん向けWebサイト「乾癬パートナーズ」(https://www.kansen-partners.jp/)にお笑いタレント「フットボールアワー」のお二人をパートナーとしてお迎えし、乾癬患者さんのより良い暮らしの習慣化を目的とした疾患啓発活動を実施いたします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104193860-O2-gw3G4o6d

 

本活動では、LINEヘルスケア株式会社と連携したLINE公式アカウント「乾癬@LINEヘルスケア」を疾患啓発活動のプラットフォームとして開設し、「乾癬パートナーズ」ともリンクさせながら、様々な情報発信を行ってまいります*1。

 

乾癬患者さんは、長期にわたり乾癬の治療を継続し、乾癬と共に生活を送ることが必要となるため、時として治療を諦めてしまうことがあります。フットボールアワーのお二人の持つ、明るくポジティブな雰囲気と言動が、乾癬患者さんの“応援団”として適していると考え、この度「乾癬パートナーズ」の新たなパートナーとして就任いただくことになりました。本活動では、乾癬患者さんの治療や生活に伴う負担を少しでも軽減できるように、乾癬患者さんの適切な生活習慣や、医師とのコミュニケーションの方法、乾癬の治療に関する情報などをお伝えし、乾癬患者さんお一人お一人の前向きな生活と治療を後押ししてまいります。

 

アムジェン株式会社では、「To serve patients – 患者さんのために、今できるすべてを」というミッションのもと、今後も治療薬の開発と提供にとどまらない、患者さんの生活や治療をトータルサポートするための活動に取り組んでまいります。

 

◆フットボールアワーのお二人からのコメント

「これまで乾癬についてほとんど知らず、日本には大勢の乾癬患者さんがいらっしゃることを初めて知りました。乾癬のことを知れば知るほど、患者さんの気持ちに寄り添い、前向きに治療をしていただくサポートをしたいという気持ちが強くなっています。患者さんと医療従事者の皆さんをつなぎ、乾癬に対する正しい知識と正しい治療が更に伝わるように頑張ります。」

 

LINE公式アカウント「乾癬@LINEヘルスケア」を新設、情報発信を展開

 

この度、乾癬の治療に関する情報発信のツールとしてLINE公式アカウント「乾癬@LINEヘルスケア」を新たに開設いたします。乾癬に関連した定期的なメッセージ配信や、患者さんが医療機関を受診する際に役立つチェックシート、病院検索機能などを用いて、患者さんの生活を支援いたします。

 

LINE公式アカウント「乾癬@LINEヘルスケア」を通じた主な情報発信として、「60日間KANSEN(乾癬)チャレンジ」を行います。行動が習慣になるまでの日数は平均66日間と言われています1。乾癬患者さんが楽しく、より良い乾癬治療(外用薬の正しい塗り方、医師とのコミュニケーションの方法、適切な生活習慣など)について、60日間で習慣化を目指すコンテンツ「週刊KANSEN(乾癬)ストーリー」を、「乾癬@LINEヘルスケア」を通じて配信します。まずは60日間、毎週LINEを通じて届けられる乾癬治療や生活習慣に関するアドバイスを実践していただき、乾癬患者さんにとってのより良い暮らしを習慣化していただくことを目的としています。

 

◆ 「60日間KANSEN(乾癬)チャレンジ」について

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104193860-O4-L9P88Qgs

 

・開始日 :2021年4月21日(水)〜

・内 容 :LINE公式アカウント「乾癬@LINEヘルスケア」を「友だち」登録した方に、フットボールアワーから週に1回、「週刊KANSEN(乾癬)ストーリー」を10週間にわたって配信(全10話)

・「週刊KANSEN(乾癬)ストーリー」の構成:

 ―「KANSENマンガ物語」:正しい乾癬治療を習慣にするための生活アドバイス

 ―「KANSENひとくちMEMO」:乾癬の豆知識

 ―「KANSEN治療マメ知識」:乾癬治療に関する知識

・乾癬@LINEヘルスケア 公式アカウント:

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104193860-O6-fdHs1x5m

 

*1: LINEヘルスケア株式会社が運営している「乾癬@LINEヘルスケア」は、ユーザーの情報やLINE公式アカウント利用時に取得しているアンケートの情報を国内のサーバにてデータ管理をしており、中国からの閲覧はありません。

 

フットボールアワーのパートナー就任に伴い「乾癬パートナーズ」もリニューアル

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104193860-O7-U80y22u4

 

フットボールアワーのお二人は、「乾癬@LINEヘルスケア」や「60日間チャレンジ」などのプログラムを牽引します。また、フットボールアワーのお二人のパートナー就任に伴い、「乾癬パートナーズ」をリニューアルいたします。フットボールアワーのお二人が「全国一斉 KANSEN TEST」に挑戦されたときの様子を収めた動画や、乾癬患者さんとの対談記事の連載のほか、お二人から乾癬患者さんに向けたメッセージビデオなど、一人でも多くの乾癬患者さんやそのご家族に、乾癬の疾患に関する知識を向上していただくための啓発コンテンツをお届けします。

 

◆「乾癬パートナーズ」について

「乾癬パートナーズ」は、乾癬患者さんとご家族が本当に必要とされている情報を提供することを目的とした、アムジェン株式会社の乾癬患者さん向けWebサイトです。乾癬の原因や治療のことなど、乾癬に関する最新の動向を踏まえた知識とともに、乾癬患者さんやご家族の方々に実際に伺ったお話も多数掲載し、更新しています。

・U R L:https://www.kansen-partners.jp/

・リニューアル公開日:2021年4月21日(水)

 

尋常性乾癬について

乾癬は、免疫反応の異常によって発症する全身性の慢性炎症性疾患です2,3。日本における罹患者は40~50万人以上と推計されています4,5。乾癬は主に5つの病型に分かれますが、尋常性乾癬が最も多くみられる病型で、乾癬患者さんの約90%を占めています6。銀白色の鱗屑に覆われた境界鮮明な紅班が特徴です。乾癬の症状は、肘や膝などの関節付近で確認されることが多く、頭皮や爪にも症状が現れることがあります。また84%の患者さんが痒みを感じているという報告もあります7。こうした状況は、QOLに悪影響が及んでいると考えられ、乾癬患者さんの身体的項目や精神的項目のQOLでは、がんや心筋梗塞の患者さんより低いとする報告もあります8。

 

アムジェン株式会社について 

アムジェン株式会社は、世界最大規模の独立バイオテクノロジー企業である米国アムジェン社の日本法人です。2013年10月にアステラス製薬との合弁会社であるアステラス・アムジェン・バイオファーマとして事業を開始し、2020年4月1日にアムジェン社の完全子会社となり商号を変更しました。アムジェン株式会社では、循環器疾患、がん、骨疾患、炎症・免疫性疾患、神経疾患を始めとするアンメット・メディカル・ニーズが高い領域に焦点を絞り、現在約600人の従業員が、「To serve patients – 患者さんのために、今できるすべてを」というミッションのもと、臨床開発から販売までの活動を行っています。

 

LINEヘルスケア株式会社について

LINEヘルスケア株式会社は、「LINE」の国内月間利用者数8,600万人*2のユーザーベースと、エムスリーグループの医療分野における知見やノウハウを活かし、医療事業を展開する会社として2019年1月に設立されました。*2:2020年9月時点

病院に行く前の不安や自宅でのセルフケアなどについて医師に相談ができる「健康相談サービス」を2019年12月より提供開始、LINEビデオ通話を利用して医師の診察を受けられるオンライン診療サービス「LINEドクター」を2020年12月より一部医療機関にて先行提供しています。

https://linehealthcarecorp.com/ja

 

Forward-Looking Statements (Amgen Inc.)
This news release contains forward-looking statements that are based on the current expectations and beliefs of Amgen. All statements, other than statements of historical fact, are statements that could be deemed forward-looking statements, including any statements on the outcome, benefits and synergies of collaborations, or potential collaborations, with any other company, including BeiGene, Ltd. or any collaboration to manufacture therapeutic antibodies against COVID-19, or the Otezla® (apremilast) acquisition (including anticipated Otezla sales growth and the timing of non-GAAP EPS accretion), as well as estimates of revenues, operating margins, capital expenditures, cash, other financial metrics, expected legal, arbitration, political, regulatory or clinical results or practices, customer and prescriber patterns or practices, reimbursement activities and outcomes, effects of pandemics or other widespread health problems such as the ongoing COVID-19 pandemic on our business, outcomes, progress, or effects relating to studies of Otezla as a potential treatment for COVID-19, and other such estimates and results. Forward-looking statements involve significant risks and uncertainties, including those discussed below and more fully described in the Securities and Exchange Commission reports filed by Amgen, including our most recent annual report on Form 10-K and any subsequent periodic reports on Form 10-Q and current reports on Form 8-K. Unless otherwise noted, Amgen is providing this information as of the date of this news release and does not undertake any obligation to update any forward-looking statements contained in this document as a result of new information, future events or otherwise.

 

No forward-looking statement can be guaranteed and actual results may differ materially from those we project. Discovery or identification of new product candidates or development of new indications for existing products cannot be guaranteed and movement from concept to product is uncertain; consequently, there can be no guarantee that any particular product candidate or development of a new indication for an existing product will be successful and become a commercial product. Further, preclinical results do not guarantee safe and effective performance of product candidates in humans. The complexity of the human body cannot be perfectly, or sometimes, even adequately modeled by computer or cell culture systems or animal models. The length of time that it takes for us to complete clinical trials and obtain regulatory approval for product marketing has in the past varied and we expect similar variability in the future. Even when clinical trials are successful, regulatory authorities may question the sufficiency for approval of the trial endpoints we have selected. We develop product candidates internally and through licensing collaborations, partnerships and joint ventures. Product candidates that are derived from relationships may be subject to disputes between the parties or may prove to be not as effective or as safe as we may have believed at the time of entering into such relationship. Also, we or others could identify safety, side effects or manufacturing problems with our products, including our devices, after they are on the market.

 

Our results may be affected by our ability to successfully market both new and existing products domestically and internationally, clinical and regulatory developments involving current and future products, sales growth of recently launched products, competition from other products including biosimilars, difficulties or delays in manufacturing our products and global economic conditions. In addition, sales of our products are affected by pricing pressure, political and public scrutiny and reimbursement policies imposed by third-party payers, including governments, private insurance plans and managed care providers and may be affected by regulatory, clinical and guideline developments and domestic and international trends toward managed care and healthcare cost containment. Furthermore, our research, testing, pricing, marketing and other operations are subject to extensive regulation by domestic and foreign government regulatory authorities. Our business may be impacted by government investigations, litigation and product liability claims. In addition, our business may be impacted by the adoption of new tax legislation or exposure to additional tax liabilities. If we fail to meet the compliance obligations in the corporate integrity agreement between us and the U.S. government, we could become subject to significant sanctions. Further, while we routinely obtain patents for our products and technology, the protection offered by our patents and patent applications may be challenged, invalidated or circumvented by our competitors, or we may fail to prevail in present and future intellectual property litigation. We perform a substantial amount of our commercial manufacturing activities at a few key facilities, including in Puerto Rico, and also depend on third parties for a portion of our manufacturing activities, and limits on supply may constrain sales of certain of our current products and product candidate development. An outbreak of disease or similar public health threat, such as COVID-19, and the public and governmental effort to mitigate against the spread of such disease, could have a significant adverse effect on the supply of materials for our manufacturing activities, the distribution of our products, the commercialization of our product candidates, and our clinical trial operations, and any such events may have a material adverse effect on our product development, product sales, business and results of operations. We rely on collaborations with third parties for the development of some of our product candidates and for the commercialization and sales of some of our commercial products. In addition, we compete with other companies with respect to many of our marketed products as well as for the discovery and development of new products. Further, some raw materials, medical devices and component parts for our products are supplied by sole third-party suppliers. Certain of our distributors, customers and payers have substantial purchasing leverage in their dealings with us. The discovery of significant problems with a product similar to one of our products that implicate an entire class of products could have a material adverse effect on sales of the affected products and on our business and results of operations. Our efforts to collaborate with or acquire other companies, products or technology, and to integrate the operations of companies or to support the products or technology we have acquired, may not be successful. A breakdown, cyberattack or information security breach could compromise the confidentiality, integrity and availability of our systems and our data. Our stock price is volatile and may be affected by a number of events. Global economic conditions may magnify certain risks that affect our business. Our business performance could affect or limit the ability of our Board of Directors to declare a dividend or our ability to pay a dividend or repurchase our common stock. We may not be able to access the capital and credit markets on terms that are favorable to us, or at all.

 

注意事項(アムジェン株式会社)
このニュースリリースに含まれている医薬品(開発中のものを含む)に関する情報は、宣伝広告、医学的アドバイスを目的とするものではありません。

 

###

 

REFERENCE

1.Phillippa L et al.: Eur J Soc Psychol. 40: 998-1009. 2010

2.Nestle FO, et al. N Engl J Med. 2009;361:496-509.

3.Lowes MA, et al. Annu Rev Immunol. 2014; 32:227-255.

4.Kubota K, et al BMJ 2015 Jan BMJ Open 2015 Jan 14;5(1):e006450.

5.照井 正 他: 臨床医薬, 30: 279-285, 20143.

6.飯塚 ⼀:⽇本⽪膚科学会雑誌, 116: 1285-1293, 2006

7.Yosipovitch et al. Br J Dermatol. 2000;143:969

8.Rapp SR, et al. J Am Acad Dermatol. 41:401-407, 1999

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ