プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Super Micro Computer, Inc.

Supermicro、NVIDIA AmpereアーキテクチャGPU対応の エンタープライズAI向け製品ラインナップを拡大

AsiaNet 88951

4UのAIプラットフォームで業界初の5ペタFLOPSを実現し 最大4.8 TB/秒のGPU相互接続、GPU対ネットワークカード比1:1、 空冷または液冷の両ソリューションをサポート

カリフォルニア州サンノゼ。, 2021年4月15日 /PRNewswire/ — Super Micro Computer, Inc.(Nasdaq:SMCI)は、エンタープライズコンピューティング、ストレージ、ネットワークソリューション、グリーンコンピューティングテクノロジーのグローバルリーダーです。同社は、最新のNVIDIA A100、NVIDIA A40(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3124867-1&h=3644448245&u=https%3A%2F%2Fwww.nvidia.com%2Fen-us%2Fdata-center%2Fa40%2F&a=A40 )、NVIDIA RTX A6000(https://www.nvidia.com/en-us/design-visualization/rtx-a6000/ )、NVIDIA A30https://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=3124867-2&h=3084517706&u=http%3A%2F%2Fnvidia.com%2Fa30&a=A30%E3%80%81NVIDIA )、NVIDIA A10(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3124867-1&h=4092914657&u=https%3A%2F%2Fwww.nvidia.com%2Fa10&a=A10 )、NVIDIA A16 GPUにすべて対応し、4UフォームファクターではAIパフォーマンスで5ペタFLOPSを達成する、最先端の機能を統合した種類豊富なシステムポートフォリオを発表しました。人工知能(AI)、機械学習(ML)、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、3Dグラフィックスビジュアライゼーション、デスクトップ仮想化などの成長分野におけるリーダーシップを発揮します。米国現地時間4月12日~16日開催のNVIDIA年次カンファレンスイベント「GTC 2021」では、Supermicroの新世代NVIDIA認定システムを紹介しています。

写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1484840/Super_Micro_Computer_Line.jpg 
ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/1443241/Supermicro_Logo.jpg

Supermicroの社長兼最高責任者(CEO)であるチャールズ・リアン(Charles Liang)は次のように述べています。「NVIDIAとのコラボレーションにより、GPUシステムとプラットフォームの完全なポートフォリオを設計し、お客様の選択肢を最大限に広げることができました。お客様にあった最適な規模、性能、効率性、コストを実現するために、システムアーキテクチャをワークロードの要件に正確に一致させることができます。Supermicroは、AI、ディープラーニング(DL)、HPC、ビデオストリーミングアプリケーション向けに高度なソリューションを実現するマルチGPU最適化システムを提供します。ビルディング・ブロック・ソリューションと市場投入までの時間の優位性を活用して、アプリケーション最適化ソリューションの開発と提供を続けています。柔軟な構成が可能な2U 2ノードのGPUシステムでは、PCIe 4.0に対応し、クラウドゲーミングやソーシャルメディア向けに最適化しており、ノードごとに最大3枚のダブルワイド、または、6枚のシングルワイドGPUをサポートし、業界をリードしています。」

Supermicroのシステムには、フラッグシップとなるインテルベースのSYS-420GP-TNAR、または、AMDベースのAS -4124GO-NART/+ があります。そして、NVIDIA HGX A100 8GPUボードを搭載した4Uサーバーでは、各GPUのメモリーを40GB(HBM2)または80GB(HBM2e)のいずれかを選択できます。これらのシステムは現在世界中へ出荷されています。」

NVIDIAのバイスプレジデント兼エンタープライズおよびエッジコンピューティング担当ジェネラルマネージャーであるジャスティン ボイタノ(Justin Boitano)氏は次のように述べています。「AIを活用した創薬から、先進的かつ効率的な工場の設計などにおいて、今日の世界で最も革新的な技術を推進するためにはコンピューティングの加速が不可欠です。SupermicroのNVIDIA認定システムは、データセンターから、クラウド、エッジに至るまで、AI、グラフィックス、シミュレーションのワークロードに対して最高のパフォーマンスを提供するために構築された幅広い種類のサーバーをお客様に提供しています。」

新しいシステムは、NVIDIAによって認定されておりVMware vSphere上で実行するために最適化された「NVIDIA AI Enterpriseソフトウェアスイート」を含むさまざまな高度なアプリケーションワークロードを実行できます。また、「NVIDIA Omniverse Enterprise」のエンドツーエンドのリアルタイムシミュレーション/コラボレーションプラットフォームを使用して、あらゆる規模のお客様に革新的な3Dワークフローを提供します。そして、Supermicroは、米NVIDIA年次カンファレンスイベント「GTC 2021」にて、優れたパフォーマンスで業界を牽引するこれらソリューションを紹介しています。

エッジからクラウドまで、AIおよびML、HPC、3Dビジュアライゼーションは、あらゆる組織や業界で必要不可欠なテクノロジーになりつつあります。最新のハードウェアとソフトウェアを組み込んだシステムの開発とプラットフォームを提供することで、さまざまな企業が多種多様なフォームファクターを使用して生産性を迅速に高め、最新のソリューションを実装できます。

Supermicroは、生産性を最大限に高めるハードウェアおよびソフトウェアの構成を検証するNVIDIA認定システムプログラムの主要メンバーです。これらのシステムは先進的なネットワークを用いて大量のデータを処理することができ、複雑なモデルを開発し、新しいAIやその他の高度なアルゴリズムを組み込むことができます。3Dビジュアライゼーションにより、物理的な現実世界をより理解しやすくすると同時に、グラフィックスの仮想化により、IT管理者はシステムインフラストラクチャを統合し、データを一元管理して保護することができます。NVIDIA認定システムは、データセンターへの導入を簡単かつ迅速にします。Supermicroはまた、5Gおよび通信事業者のお客様向けにNEBSレベル3認定GPUサーバーを提供することでも業界をリードしています。

Supermicroは、NVIDIAの最新ハードウェアおよびソフトウェアソリューションを最初に市場投入しています。GPU のサポート範囲は、NVIDIA A100 80GB、A100 40GB、A40、RTX A6000、A30、A10、A16 GPUなどを含み、AI推論や、主要なコンピューティング、グラフィックス、ビデオ、仮想デスクトップなど、すべてAIテクノロジーの対象となります。すべてのNVIDIA製品は、第3世代インテルXeon スケーラブル・プロセッサー、または、第3世代AMD EPYC CPUを採用する幅広い種類のSupermicroシステムで利用できます。Supermicroの優れた設計により、より多くの数のGPUを他のシステムサプライヤーよりスペース効率良く(高密度に)搭載しています。これらの新しいGPUシステムは、すべてNVIDIAの認定を受けています。

NVIDIA HGX A100モジュールを搭載したSupermicroシステム(40GB HBMまたは80GB HBMeメモリーのいずれかを選択可能)の種類は次の通りです。

・AS -4124GO-NART/+:NVIDIA HGX A100 8-GPU搭載、デュアル 第3世代AMD EPYCプロセッサー

・SYS-420GP-TNAR/+:NVIDIA HGX A100 8-GPU搭載、デュアル 第3世代 インテル Xeonスケーラブル・プロセッサー

・AS -2124GQ-NART/+:NVIDIA HGX A100 4-GPU搭載、デュアル 第3世代AMD EPYCプロセッサー

NVIDIA A100/PCIe、A30、A16、A10、RTX A6000をサポートするPCIe 4.0搭載のSupermicroシステムの種類は次の通りです。

・AS -4124GS-TNR:デュアル 第3世代AMD EPYCプロセッサー、最大8枚のダブルワイドGPUをサポート

・SYS-420GP-TNR:デュアル 第3世代 インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー、最大10枚のダブルワイドGPUをサポート

・マルチノードAS -2114GT-DNR:シングル 第3世代 AMD EPYC プロセッサー、ノードあたり最大6枚のシングルワイド、または、3枚のダブルワイドGPUをサポート

・SuperBlade SBA-4119SG:シングル 第3世代 AMD EPYCプロセッサーは、ブレードあたり1枚のダブルワイドGPU、または、2枚のシングルワイドGPUをサポートし、8Uエンクロージャに最大20基のブレードを搭載

・ワークステーションクラス SYS-740GP-TNRT:デュアル 第3世代インテルXeonスケーラブル・プロセッサー、最大4枚のダブルワイドGPUをサポート

NVIDIA Omniverse Enterpriseは、Supermicroから今年の夏より利用可能になります。

NVIDIAとSupermicroの最新の最先端ソリューションは、新しい通信事業者ネットワーク、データセンターAIクラスター、HPCに最適です。詳細はこちらhttps://learn-more.supermicro.com/gtc-spring-2021 をご覧ください。

Supermicro GPU製品の詳細については、https://www.supermicro.com/ja/products/GPU および https://www.supermicro.com/ampere をご覧ください。

Super Micro Computer, Inc.について(SMCI)
高性能、高効率なサーバーテクノロジーをリードするイノベーターであるSupermicro®は、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向けの高性能サーバー Building Block Solutions(R)のプレミアプロバイダーです。Supermicroは「We Keep IT Green(R)」イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で最もエネルギー効率が高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供しています。

Supermicro、Server Building Block Solutions、We Keep IT Greenは、Super Micro Computer, Inc.の商標および/または登録商標です。

インテル(Intel)、インテルのロゴ、およびその他のインテル(Intel)マークは、Intel Corporation(インテル株式会社)またはその子会社の商標です。

その他すべてのブランド、名称、商標は、それぞれの所有者に帰属します。

AMD、AMDアローロゴ、EPYC、およびそれらの組み合わせは、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ株式会社の商標です。

報道関係者お問合せ先: Super Micro Computer Inc. 国内広報代理, ホフマンジャパン株式会社担当: 小嶋 / 佐藤  , Email: supermicrojp@hoffman.com 

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ