プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

praxis.

RE-SEED: FOOD AUDIENCES and NEW GATEKEEPERS.

AsiaNet 88853

RE-SEED: FOOD AUDIENCES and NEW GATEKEEPERS. エノガストロノミーの新しいゲートキーパーや経営者は、消費者感情や行動の変化に果たしてついていけるのか?

【香港2021年4月13日PR Newswire】DTC(Direct-to-consumer)・ブランド・小売業界におけるIoT関連のビジネスを専門とする経営コンサルティング会社praxis(プラクシス) 。自社発行のウェブマガジンappraisal. at present.の最新号、「RE-SEED」にて、ワインと食のビジネスの展望について考えます。

エノガストロノミー、つまりワイン&フードの世界は、今私たちが生きている世界の多様な現実を最も顕著に表現している分野であると私たちは考えています。「食のあり方」についての認識は、この10年で驚くほど進化し、昨年より全世界を巻き込んでいる緊急事態は、すでに兆しがあった消費者行動の変化を後押ししました。

WHAT. 消費者に何が起きているか

型にはめられることに懐疑的、そして情報に触れることに関しては慎重な消費者、特にミレニアル世代やZ世代などの若者たちが注目。
彼らの判断基準とは。

HOW-TO-WHERE. 「場」の変化

これまでの方法からのシフトを余儀なくされたレストラン、食堂やランチを提供する飲食店。
ワインや食品が消費される方法や場所が、どのように私たちの社会性に影響を与えるか。

空間のあり方や業態も同様に変化し、「サステナブルな」スタイルへのアップデートや、安全・衛生対策を備えた空間が多く誕生。
果たして、それだけで十分なのか。
外食産業の方向性や将来あるべき姿とは。

WHO. 顧客を奪い合うプレイヤーたち

日常の隅々までデジタル化される中、新たなライフスタイルの再発見を求める消費者。
食に関わる様々なプレイヤーたちが顧客の奪い合いになり、競争は激化。

新しい社会のあり方を求めている消費者がいるこの現状にどう答えるのか?
食の世界に新たに期待されていることを、どう叶えていくか。

 
エノガストロミーの今、そして未来とは。ウェブマガジンappraisal. at present. の最新号「RE-SEED」 をぜひご覧ください。https://appraisalatpresent.com/

—————
appraisal. at present. とは
顧客対応型ビジネスに関する研究と記事を集めたウェブマガジンです。
praxis社のクライアント業務に加え、自主的に多角的な視点、そしてコミュニティ主導で制作しています。

praxis. (プラクシス)は、DTC(Direct-to-consumer)・ブランド・小売業界のコネクテッドリテールのビジネスを専門とする経営コンサルティング会社です。
https://intopraxis.com/ja/about/

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ