プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

BSR Korea

韓国の優れた中小企業が COVID-19の最前線で戦う

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104123542-O1-75k2CeH3

AsiaNet 88930

【ソウル(韓国)2021年4月12日PR Newswire】BSR Koreaは、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)防疫プロジェクトの政府委託組織団体として、国内の優れた防疫産業の中小企業(SMEs)に対し海外公共調達市場に参入するよう促し、支援している。

このプロジェクトはMarketing Support for Companies Specialized in Bio-functional Material in Global Market(グローバル市場でのバイオ機能材料に特化する企業へのマーケティング支援)で、韓国中小ベンチャー企業部(MSS)が2019年下半期から実施している。

とりわけ、このプロジェクトは単なる中小企業の海外市場への進出を支援するではなく、韓国のさまざまな防疫関連のアイテム、サービス、テクノロジーを網羅して、K-Quarantine(K-検疫)の認知度を高めることや新規市場開拓を国家レベルでを支援することを目的としている。プロジェクトは中小企業が直接に参加することが難しい海外公共調達市場への参入を実現し、高く評価されている。

以下の13事業体がこのプロジェクトに参加している: FILTERTECH、Happy Day、CAVAC、Duduelim、Samjin、Time System、Ace Biome、SD Foods、En-O-En、BioAlpha Cosmos、Ercohs、およびEugene Biotech

公共部門に特化した機関であるBSR Koreaは、緊急防疫物資の立案、米国連邦政府、州政府および主要な元請け企業向けの中長期備蓄品の購入など、短中期の枠組みの準備において幅広い経験を有する。BSR Koreaは中小企業の海外市場へ進出することを支援するための最適化された戦略を確立している。
中でもFILTERTECHとHappy Dayは、BSR Koreaの協力の下、さまざまなチャンネルを活用することにより、COVID-19予防に必要なマスクとトータルインテリジェント消毒システムで公共調達部門での海外進出を目指している。

現在、FILTERTECHは同社のトータルインテリジェント消毒システムであるクリアーゲート(Clear Gate)およびレインボーゲート(Rainbow Gate)(各1台5300ドル)を日本に輸出することに成功し、日本の公共機関にもビズネスを拡大することを目指している。FILTERTECHのシステムは、消毒剤を人体に直接ではなく空間に噴射することが特徴で、このシステムにより来訪者の動きに応じた自動噴霧が可能になり、接触または呼吸器飛沫による感染拡大を予防することができる。

COVID-19パンデミックとの戦いに効果的なウイルス予防のためのFILTERTECHのトータルインテリジェント消毒システムは、日本、米国、欧州、南米など世界的な需要が高まっている。

韓国のCOVID-19に効果的に対応は国際機関と外国政府機関から高く評価されているし、K-Quarantineの製品、システム、テクノロジーをベンチマークとして採用している。

Marketing Support for Companies Specialized in Bio-functional Material in Global Marketプロジェクトのような、海外公共調達部門への国内中小企業の進出に対する国家レベルの支援により、韓国政府は日常に戻るためのさまざまな支援を提供し、優れたK-Quarantine関連企業は海外市場で注目を集めている。

▽問い合わせ先
FILTER TECH
https://www.water777.co.kr
Kim Myeong Seon
+82-42-627-7871
filtertech@hanmail.net
HAPPY DAY CO.,Ltd.
Kang Sungkook
+82-70-7747-2816
sandolin2@naver.com

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=388690
キャプション:FILTERTECHとHAPPYDAY

ソース:BSR Korea

FILTERTECHとHAPPYDAY
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ