プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Iyuno-SDI Group

Iyuno-SDI Groupがソフトバンク・ビジョン・ファンド2からの1億6000万ドルの投資を確保

AsiaNet 88918 (0751)

【ロサンゼルス2021年4月9日PR Newswire=共同通信JBN】
*次世代テクノロジーの開発を加速し、世界のローカライズされたコンテンツをグローバルに配信するための投資

メディア・エンターテインメント業界にローカリゼーションサービスを提供する大手プロバイダーであるIyuno-SDI Group(以下、「Iyuno-SDI」ないし「同社」)は9日、ソフトバンク・ビジョン・ファンド2(注)からの1億6000万ドルの投資をこのほど確保したと発表した。この投資により、Iyuno-SDIは、ローカリゼーション業界を変革するという使命をサポートするのに必要なリソースを提供される。ソフトバンク・ビジョン・ファンド2は、Iyuno-SDIの最大株主の1つとなり、Altor、Iyuno-SDI GroupのDavid Lee最高経営責任者(CEO)、Shamrock Capital Advisors、SoftBank Ventures Asia Corp.とともに取締役会に加わる。

Iyuno-SDI Groupは、最先端のソリューションの開発の最前線に立っており、最高品質のローカリゼーションサービスを世界最大のコンテンツプロデューサーとディストリビューターに提供してきた70年の経験による創造的および言語的スキルを併用して、最高のAIおよびニューラル機械翻訳テクノロジーを活用している。

Iyuno-SDI GroupのDavid Lee CEOは「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2がIyuno-SDIの印象的な投資家グループに加わったことは、当社の進化における重要なマイルストーンである。ソフトバンク・ビジョン・ファンド2のポートフォリオ企業はそれぞれの業界で変革を遂げており、Iyuno-SDIは最先端の技術革新と進歩を遂げるこの事業ネットワークに参加することを誇りに思う」と語った。

SoftBank Investment AdvisersのChris Leeディレクターは「コンテンツ配信と消費パターンが劇的に変化し、われわれはメディア・エンターテインメント分野が大きなディスラプションを経験していると信じている。David(Lee氏)およびIyuno-SDIチームと提携して、メディア・エンターテインメント業界にテクノロジー主導のローカリゼーションサービスを提供するという彼らの使命をサポートできることをうれしく思う」と語った。

ソフトバンクグループは、2018年にベンチャーキャピタル部門であるSoftBank Ventures Asia Corp.を通じて、Iyuno Media Groupの最初の機関投資家の1つとなり、同社の成長イニシアチブを引き続き支援してきた。

ソフトバンク・ビジョン・ファンド2のIyuno-SDIへの投資の発表は、Iyuno Media GroupがSDI Mediaの買収を完了してからわずか2週間後で、合併会社のグローバルフットプリントは34カ国に67のオフィスと、ほぼ2倍になった。

▽IYUNO-SDI GROUPについて
Iyuno-SDI Groupはメディア・エンターテインメント業界の世界をリードするローカリゼーションサービスプロバイダーである。世界の最も有名なエンターテインメントスタジオ、ストリーミングプラットフォームおよびクリエーターの信頼されるグローバルパートナーである同グループは、吹き替え、字幕、アクセスサービスからメディア管理、トランスフォーメーション、配信サービスに至るエンドツーエンド・ローカリゼーションサービスを、100を超える言語であらゆるタイプのコンテンツ配信プラットフォームに提供している。業界に深く根差した歴史は1965年にさかのぼり、同社はオペレーションの専門知識、スケール、能力、幅広いサービスにおいて比類がない。

Iyuno-SDI Groupは2021年にIyuno Media GroupのSDI Media取得によって形成された。クラス最高のクリエーティブ人材と技術人材、最新鋭の施設、次世代テクノロジーを活用する同社は、現在34カ国に67のオフィスを擁し、最大のグローバルフットプリントを誇る。同社のスケールと顧客中心の手法が重視するのは、コンテンツを接続し人々を接続するという同社のミッションである。

(注)このプレスリリースの日付時点で、ソフトバンクグループは、特定のポートフォリオ企業へのソフトバンク・ビジョン・ファンド2(SVF2)による投資を可能にするために資本拠出を行っている。ここに含まれる情報は情報提供のみを目的としており、SVF2を含むファンドの合資会社の売却オファーないし購入オファーの勧誘を構成するものではない。SVF2にはまだ外部クローズがなく、サードパーティーの投資家は、取引完了前に、SVF2への投資に関連する追加情報を受け取らなければならない。

ソース:Iyuno-SDI Group

▽問い合わせ先
Chris Carey / Brianna Appel
press@iyunomg.com 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ