プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FXC株式会社

導入事例:ケーブルテレビ株式会社様

【2021年4月7日(木)】

FXC株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:谷輪 重之)は、ケーブルテレビ株式会社様(栃木県栃木市)にメディアコンバータ「LEX1881-2F」、CWDM光フィルタ多重ユニット「LEX1705A/B-1F」ならびに集合型シャーシ「LEX1012-15」をご導入いただきました。
導入に至った経緯や選定ポイントなど詳しくはレポートを是非ご覧ください。

◆導入事例:ケーブルテレビ株式会社

【お客様Profile】
 ケーブルテレビ株式会社
 https://www.cc9.jp/

 ケーブルテレビ株式会社は、江戸時代より宿場町として栄え“北関東の商都”と呼ばれた栃木県栃木市において、1987年(昭和62年)に設立。地元メディアとして、栃木市を中心に、群馬県館林市、茨城県結城市・筑西市、栃木県下野市の5つのセンターから、コミュニティチャンネルを含む、デジタル放送とインターネット回線の通信サービスを提供している。

【導入背景】
 栃木・群馬・茨城の拠点間接続を10Gで行っていたが、回線が増えたこともあり、更なる帯域増強を行う為、今回40Gでの構築を検討することとなった。

【導入製品】
 10G SFP+to 10G SFP+対応メディアコンバータ「LEX1881-2F」24台
 CWDM光フィルタ多重ユニット「LEX1705A-1F/LEX1705B-1F」4台
 LEX1000シリーズ用電源内蔵集合型シャーシ「LEX1012-15」4台
 AC(180W)電源ユニット「LEX1910-15」4台
 SNMPカード「LEX1930-00」 4台
 10G SFP+ モジュール 2芯版 LCコネクタ「SFP+10G-SR」 24台
 CWDM SFP+モジュール 2芯版 LCコネクタ「SFP+CWDM-01/02/03/05/06/07」各4台

【選定理由】
 <営業サポートの手厚さ>
 ・製品提案も早く、価格面や納期調整等も柔軟に対応してくれた。
 <製品の使いやすさ>
 ・管理画面は視認性が高く、ネットワーク経験が浅い人でも容易に設定が可能。
 ・集合型シャーシは収容しやすく、メディアコンバータの取り外しもスムーズ。
 ・SFPモジュールは抜き差しせずとも管理画面上で型番の確認が取れる為、手間がかからない。

【導入効果】
 トラブルなく安定した稼働をし続けている。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ