プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Marine Online

Marine Onlineのプラットフォーム-今日の用船ニーズへの回答

AsiaNet 88717 (0643)

【シンガポール2021年4月5日PR Newswire=共同通信JBN】
*人工知能とビッグデータを搭載した世界初のスマート船舶マッチング

Marine Onlineのワンストップ統合プラットフォームは、コモディティー荷主の出荷用船舶をマッチングさせることに成功し、デジタル化は今日の船主・荷主が直面するあらゆる用船課題への回答であることを実証した。

Cacao Paramount Sdn BhdはMarine Onlineのプラットフォームに東アジアに向かう貨物船を掲載すると、その直後にマッチングする船舶の通知を受け取った。シームレスな取引に満足したCacao Paramountの代表者は「Marine Onlineのプラットフォームは当社の船舶探索をより効率的かつシームレスにした。当社の要件にマッチする利用可能な船舶の広範なリストもあり、われわれの選択肢を広げてくれる。迅速かつ効率的な用船契約のために、Marine Onlineのプラットフォームを試してみることを荷主に強く勧める」と語った。

船主の代表者も「Marine Onlineのプラットフォームを使えば貨物の調達が大幅に簡略化される。船主は定期的に利用可能なトン数の最新情報を提供するだけでよい。このプラットフォームはクライアントの信頼性も保証しており、Marine Onlineは用船を必要とする船主と荷主の両方にとって安全なプラットフォームになっている」と語った。

Marine OnlineのGary Jin最高技術責任者(CTO)は「われわれはデータとAIとの相乗関係に注意を払い、効果的なアルゴリズムによってビッグデータを活用し、AIベースの船舶マッチングを実現した。当社のテクノロジーベースのイニシアチブがCacao Paramountを適切な船舶とコネクトできることをうれしく思う。Cacao Paramountは、Marine Onlineが今日の用船ニーズへの回答であることを示す好例である」と語った。

Marine OnlineのKenny Phua副社長(用船部門担当)は「当社のプラットフォームはクライアントに対する高品質サービスの延長線上にある。業界はテクノロジーベースの業務に向かって変貌しており、Marine Onlineは当社のクライアントによる海洋ビジネスのデジタル化への移行を簡略化するために正しい方向に向かっていると確信している」と語った。

ソース:Marine Online

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ