プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

浙江大学(Zhejiang University)

浙江大学:世界の大学学長が国連2030年持続可能な開発目標達成の共同行動を約束

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202104013209-O1-4bSl0qEF

AsiaNet 88796 (0680)

【杭州(中国)2021年3月31日新華社=共同通信JBN】浙江大学によると、30カ国の大学学長は2021年3月30日、持続可能な開発のための2030アジェンダに関する世界大学学長の共同声明に署名し、国連当局者が立ち会う中、気候変動に向けた行動を初めて発表した。

中国の浙江大学が主催した初の大学学長世界オンラインフォーラムで、6大陸、56大学の学長は持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて協力すると約束した。このイニシアチブには、署名者全員が合意した5つの主要側面が含まれている。すなわち、持続可能な開発概念の履行、持続可能な開発能力の向上、グローバル課題に対応する科学的調査の支援、革新的ソリューションを提供する世界のパートナーとの協力、具体的問題に関する国境を越えた建設的努力である。

QS世界大学ランキングのトップ50校の中で80%は、大学レベルの持続可能な戦略、計画、運用活動を開発している。浙江大学(ZJU)のZhaohui Wu学長によると、フォーラムの目的は最高レベルの大学の学長を結集、SDGsのビジョンや最良事例を共有して、持続可能な未来の保護をめぐる潜在的な協力機会を探ることである。

目標期限まで9年を切りパンデミックが進行を遅らせる中、フォーラムは2030アジェンダ達成の努力を高める方法について、最も重要な専門知識を学長が共有できるようにした。イベントは学者連に、人間本位で革新志向、現実的な持続可能開発の行動計画を明確に描くプラットフォームを与えた。

ニキル・セス(Nikhil Seth)国連事務次長補、国連教育科学文化機関(ユネスコ)のステファニア・ジャンニーニ(Stefania Giannini)教育担当事務局長補ら国連当局者も、イェール大学のPeter Salovey学長、国際大学協会(IAU)のPam Fredman会長、エコール・ポリテクニークのEric Labaye校長とともに講演を行った。

講演者は、いかに大学が力を合わせて、高品質教育アクセス拡大の技術力を活用できるか強調した。彼らはまた、教育エコシステムを利用して、科学協力や分野を越える知識伝達を支援すべきであると論じた。

イニシアチブに署名した大学は、北京大学、京都大学、高麗大学校、シンガポール国立大学、ハーバード大学、イェール大学、トロント大学、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、エコール・ポリテクニーク、オスロ大学、サンクトペテルブルク工科大学、シドニー大学、ステレンボッシュ大学、カンピーナス大学など。

ニキル・セス国連事務次長補は「SDGsはわれわれ1人ひとりに属しており、われわれの行動は全て、総計としてSDG達成に影響を与える」と語った。

ユネスコのステファニア・ジャンニーニ教育担当事務局長補は「フォーラム開催はタイムリーで、特に理解と知識を育むだけでなく、知識基盤社会の構築と持続可能な開発目標(SDGs)達成への貢献における大学の極めて重要な役割を考えるとなおさらである」と述べた。

パリにある国際大学協会(IAU)のPam Fredman会長は「高等教育機関、各組織の協力と結束は知識の発展と共有を促進する」と話した。

イェール大学のPeter Salovey学長は「イェール大学はここ15年、キャンパス面積が大幅に増加したにもかかわらず、温室効果ガスの排出を43%削減した」と述べた。

オスロ大学のSvein Stolen総長は「科学的原理、学術的価値、共有のビジョン、人々と地球を中心に据える共有の目標に基づいて、より平等・互恵のパートナーシップを発展させなければならない」と述べた。

浙江大学はフォーラムで、SDGs関与を強化する独自の持続可能行動計画を発表した。Zhaohui Wu学長は「『Global ZJU for Social Good』計画は、ZJUコミュニティーと中国内外の関係者の中でわれわれの持続可能性に関連する教育、研究、実践を高める5つの目的と関連行動を確立した。われわれは信頼できる持続可能性を提唱し、持続可能な未来のために教育し、科学的な協力を進展させ、集団的幸福のために提携し、よりグリーンなキャンパスの創出を目指している」と語った。

ソース:Zhejiang University

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=388068 
(写真説明:30カ国の大学学長が2021年3月30日、持続可能な開発のための2030アジェンダをめぐる世界大学指導者の共同声明に署名、国連当局者が立ち会う中で気候変動に関する行動を初めて発表)

30カ国の大学学長が、持続可能な開発のための2030アジェンダをめぐる世界大学指導者の共同声明に署名
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ