プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

当別まちづくり株式会社

新年度もアートな商店街、つづきます。【北海道当別町】

2021年3月吉日

新年度もアートな商店街、つづきます。【北海道当別町】

 

 当別まちづくり株式会社(北海道石狩郡当別町/代表取締役社長 辻野 浩)が運営する当別町のマーケティング拠点(旧・カネヨよねぐち呉服店)では、令和元年度補正共同・協業販路開拓支援補助金を活用してクリエイターと地域の事業者が協働して販路開拓事業を進めてきました。補助金事業は2020年度(2020年3月31日)で終了しますが、引き続き当別まちづくり株式会社の独自事業としてマーケティング拠点を活用したクリエイターとの協働のまちづくりを進めてまいります。

 

 2020年度は、以下の4組のクリエイターが参画し、当別町の歴史や地域資源を活かして地元企業とのコラボレーションなどアートを活かした新商品開発・ブランド力向上など販路開拓支援を行ってまいりました。

 

糸びと工房(梅田 真紀[デザイナー]・梅田 力 [彫刻家])

小島 柚穂 (染色作家)

浜地 彩 (画家)

住田 夏見(ファインアーティスト)

 

 2021年度は、染色作家の小島柚穂さん、画家の浜地彩さんと糸びと工房さんが引き続き活動を続けるほか、新たに町内のクリエイターのコラボレーションが生まれます。

 

 当別まちづくり株式会社では、これからも地域資源×アートを活かした地域の事業者支援を進めてまいります。

 

 マーケティング拠点 旧・カネヨよねぐち呉服店 https://yoneguchisan.space/

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202103313080-O1-u27J3Dos

当別町の自然素材を活かしたアクセサリー(新商品開発)

 

 

【当別まちづくり株式会社】

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106209/202103313080/_prw_OT1fl_soXbaBKz.png

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ