プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

PwC

回復力強化は2021年における成功の鍵であるとPwCのグローバル危機調査は述べています

AsiaNet 88668

– 今年の調査への回答者の70%以上が、COVID-19パンデミックによってビジネスが悪影響を受けたと述べています。

– 回答者の20%が、パンデミックが組織に全体的なプラスの影響を与えたと述べました。

– 回答者の75%は、学んだことを統合し、組織の回復力を活性化できると確信しています。

ロンドン、2021年3月30日/PRニュースワイヤー/ –Covid-19が世界的大流行を宣言してから1年後、PwCの2回目の世界的危機調査は、私たちの生涯で最も破壊的な世界的危機に対する世界的なビジネスコミュニティの対応を調べます。 29の業界と73か国のあらゆる規模の組織を代表する、2,800人を超えるビジネスリーダーがデータと見識を共有しました。

2019年に発表された最初の調査では、回答者の95%が今後2年以内に危機を予想していることが明らかになりましたが、ビジネスリーダーが恐れていると述べた脅威から完全に落ち込んだパンデミックではありませんでした。 昨年は、危機管理の課題は将来を予測することではなく、予測不可能なことに対処することであると強調しました。 企業は、次に来るものが何であれ、天候に耐える回復力の基盤を構築することに集中する必要があります。

今年の調査で回答者の70%以上が、パンデミックによってビジネスがマイナスの影響を受けたと述べ、20%は危機が組織全体にプラスの影響を与えたと述べました。 テクノロジーおよびヘルスケア組織はプラスの影響を受ける可能性が高く、旅行およびホスピタリティセクターは最もマイナスの影響を受けました。 順調に進んだ組織は、危機への対応を推進するために専任の危機チームに依存する可能性が高くなりました。

「グローバルな組織がパンデミックへの対応を評価するとき、調査データと見識は、レジリエンス機能を再考および強化するための説得力あるロードマップを提供します」とクリスティン・リベラ氏(PwC USのグローバル危機リーダー)は述べています。 「すべての目がついに未来を見ています。 企業が危機にどのように対応したか学ぶことは、次のための正しい基盤を構築するための重要な第一歩です。 危機計画、回復プログラム、および従業員の身体的および感情的なニーズの保護と考慮はすべて、避けられない事態に備えるための不可欠な部分です。」

PwCの調査によると、明確に定義された危機チームがあっても、組織にはさまざまなタイプの混乱に対処できる機敏な危機管理プログラムが必要です。 組織の35%のみが、「非常に関連性のある」危機対応計画を持っていました。これは、組織の大多数が、回復力のある組織の特徴である「危機にとらわれない」計画を作成しなかったことを意味します。

調査の結果に基づき、PwCは企業が危機に備えるための3つの方法を照合しました。

· 迅速に動員し、事業運営を安定させ、混乱の衝撃波へ効果的に対応するための戦略的危機対応計画を作ります。
· サイロを分解します。 統合されたプログラムは、危機対応を成功させ、「平時」に回復力を構築するために不可欠です。」
· 成功するだけでなく、生き残るために、組織の回復力に優先順位を付けて構築します。

今日、より良い場所にいる組織は、組織の回復力にすでにかなりの注意を払い、重大なビジネスの混乱に対応する方法を計画している可能性が大幅に高くなりました。 10の組織のうち7つは、回復力構築への投資を増やすことを計画しています。 そして、リスクリーダーの間では、その数は10人に9人にも上ります。

「組織のDNAに回復力を組み込むには、それを優先事項として扱う必要があります」と、デービッド・ステインバック氏(PwC USの危機リーダー)は述べています。 「回復力は、組織が混乱を乗り越え、新しい機会を生み出す方法の基盤です。」

調査回答者によると、2021年の見通しは明るいです。 今月初めに発表されたPwCの第24回グローバルCEO調査では、過去最高の76%のCEOが、2021年に世界の経済成長が改善すると考えています。

その楽観主義は、PwCのグローバル危機調査2021データと一致しており、4社のうち3社は、危機を通じて学んだことをうまく統合し、組織の回復力を活性化できると確信しています。

www.pwc.com/crisis-resilience でレポートシリーズをダウンロードし、2021年の世界危機調査と回復力の構築について更に聞くには、ディスラプション ポッドキャストシリーズを通じてEmerge strongerhttps://www.pwc.com/gx/en/services/forensics/disruption-podcast-series.html )の最新エピソードをお聞きください。

PwCについて
PwCの目的は、社会への信頼を築き、重要な問題を解決することです。 私たちは155か国にある企業のネットワークであり、284,000人を超える人々が、質の高い保証、アドバイザリー、税務サービスの提供に取り組んでいます。 詳細については、www.pwc.comにアクセスして、重要なことをお知らせください。
PwCとは、PwCネットワークおよび/またはそのメンバーファームの1つ以上を指し、それぞれが別個の法人です。 詳細については、www.pwc.com / structureを参照してください。

(c) 2021 PwC. 不許複製・禁無断転載.

ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/1121790/PWC_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ