プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益社団法人ACジャパン

第17回ACジャパン広告学生賞入賞作品決定

2021年3月29日

公益社団法人 ACジャパン

第17回ACジャパン広告学生賞入賞作品決定
「テレビCM部門」グランプリは、耳マークがテーマの『聞こえる優しさ』
「新聞広告部門」グランプリは、詐欺がテーマの『良い人』

 公益社団法人ACジャパン(理事長 藤重貞慶)は、第17回「ACジャパン広告学生
賞」の入賞作品を下記の通り決定しました。
 ACジャパン広告学生賞は、学生を対象に公共広告をテーマにした広告作品を募集・表
彰し、公共広告への理解と社会に関わる「公」の意識を育むことを目的とした賞で、今回
で17回目を迎えます。「テレビCM部門」(30秒テレビCM)と「新聞広告部門」
(15段新聞広告)の両部門で募集を行い、今年度「テレビCM部門」では参加校35校
(前年度36校)・244作品(前年度283作品)の応募があり、「新聞広告部門」で
は参加校30校(前年度29校)・529作品(前年度497作品)の応募がありました。
 審査は「公共広告として優れており、人々に興味や気づきを感じさせる作品か」「学生
ならではの感性や、オリジナリティ溢れるアイデア・テーマ性があるか」等を視点に行わ
れ、その結果「テレビCM部門」では、耳マークをテーマにした『聞こえる優しさ』
(東京工芸大学、制作代表者:滝口 太郎さん)がグランプリを、フードロスをテーマに
した『牛の気持ち』(武蔵野美術大学、制作者:河北 瑠慧さん)が準グランプリBS
民放賞を受賞しました。
「新聞広告部門」では、詐欺をテーマにした『良い人』(桜美林大学、制作者:飛田 奏
さん)がグランプリを、食品ロスをテーマにした『#完食』(目白大学、制作代表者:
久保田 香帆さん)が準グランプリを受賞しました。
 「テレビCM部門」の2作品(30秒)はBS民放8局で、「新聞広告部門」の2作品
(全15段)は全国紙5紙で、各々ACジャパン広告学生賞受賞作品として、7月からの
1年間の間に放送・掲載される予定です。 
 その他両部門で、審査員特別賞、優秀賞、奨励賞の各賞が決定しています。    
 
         

                記
第17回ACジャパン広告学生賞
1.主催:公益社団法人 ACジャパン
2.後援:BS日本、BS朝日、BS-TBS、BSテレビ東京、BSフジ、
     WOWOW、BS11、BS12 トゥエルビ、
     朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、日本経済新聞社、産経新聞社
3.受賞作品:
   「テレビCM部門」(30秒テレビCM)
    ・グランプリ 1点
     『聞こえる優しさ』        テーマ:思いやり
        東京工芸大学  制作代表者:滝口 太郎
      《企画意図》 
       ・買い物の際にレジにあった「耳マーク」に出逢いましたが、そのマーク
        の存在は世間一般に知られているマークではないと考えたのが今回の
        企画理由です。聞こえない人や聞こえにくい人に対して優しい世の中に
        近づけるために「耳マーク」をみんなに知ってもらえるような映像広告
        を作りたいと考えました。
      《審査員講評》
       ・言いたい事が切実でそれをきちんと伝えている。言うべき事と演出が
        マッチしていてやさしく表現できている。
       ・マークの事を自分も知らなかったが、作者がこれを伝えたいという気持
        ちがよく分かり、同じ気持ちで受け取れた。その後、図書館やレストラ
        ンなどで見つけることができたが、世界が広がった感じがする。

    ・準グランプリBS民放賞 1点
     『牛の気持ち』          テーマ:フードロス
        武蔵野美術大学     制作者:河北 瑠慧
      《企画意図》
       ・フードロスは誰もが日々身近に経験しているにも拘らず、見過ごされて
        いる問題です。食とは命をいただくことであり、繋ぐことであるという
        事を今一度考えて欲しいという思いからこの作品を作りました。まずは
        関心を持ってもらうために広告を楽しんで観てもらえるよう、皮肉で
        ありながらもコミカルな牛の会話を意識しました。
      《審査員講評》
       ・シニカルに面白く表現している。笑った。素人離れして達者。
       ・茶化しつつ、リアリティを持っている。構成力に脱帽。
       ・学生が楽しんで創っている。食料廃棄という関心が高い、今のテーマ
        なのもよい。
       ・ラストにタイトルが上に上がっていく感じが面白い発想。
        この問題の入口をハンバーグにする発想もいい。突破力が凄い。
        
    ・審査員特別賞 4点
       『見た目で判断できない障がい者』    テーマ:外見からは判断できない
                             障がい者
         東京工芸大学         制作代表者:城 紗有
      『それでも僕らは』         テーマ:歩きスマホ
         東京工科大学 デザイン学科  制作代表者:小森 一輝
      『海からの贈り物』           テーマ:環境問題
         長岡造形大学                 制作代表者:月田 小夏
      『アレルギーは、“きらい”じゃない。』テーマ:食物アレルギー
         大阪芸術大学         制作代表者:岡本 愛美
    ・優秀賞    19点
    ・奨励賞    22点

  「新聞広告部門」(15段モノクロ新聞広告)
    ・グランプリ   1点
     『良い人』                      テーマ:詐欺
        桜美林大学               制作者:飛田 奏 
      《企画意図》
       ・詐欺師はとても巧妙な手を使ってくる。嘘もうまい。詐欺師の顔をした
        詐欺師はいない。捕まらない詐欺師はきっとすごく嘘がうまくていい
        人の顔ができるのだろうという考えから、簡単に信じてはいけないと、
        確認を促す広告を目指した。
      《審査員講評》
       ・この顔で詐欺師。言われてみればこういう顔だから騙される。そうだ
        なと納得させられた。
       ・コピーが上手。とてもいい原稿。このコピーと一見そう見えないイラ
        ストとの対比も良い。
       ・こういうアプローチは見たことない。この方が広告として効くと思う。
       ・このテーマは今まであまりなかった。誰が見てもよくわかる広告。   
 
    ・準グランプリ 1点
     『#完食』                  テーマ:食品ロス
         目白大学          制作代表者:久保田 香帆
      《企画意図》  
       ・インスタ映えのために写真を撮るだけでなく、完食を目指して欲しい
        ため、食べる前の写真を投稿するのではなく、食べ終わった写真と共に
        「#完食」をつけて食べ残しを減らそうという意図です。
      《審査員講評》
       ・見た人がこの後どういう行動をすればいいのかがはっきり判る。機能
        する広告。誰もが今からできるアクションを訴求している。
       ・ムーブメントになる広告。本当に広がりそうな気がする。 
       ・フードロスをテーマにしながらポジティブに解決しようとしている。
        フードロスの問題を「止めよう」ではなく逆の発想で考えている。
        
    ・審査員特別賞 4点
       『Shall We Dema?』      テーマ:デマ情報
         東北芸術工科大学      制作者:岡崎 夏奈
      『結局、ぼくたちってなんであの時売り切れたの?』
                       テーマ:デマ拡散
         日本大学芸術学部      制作者:木下 優里
      『お客様は人間です。店員も人間です。』
                       テーマ:カスタマーハラスメント
         相模女子大学        制作者: 下石 和
      『鬼はかわいそうですか?』      テーマ:メディアリテラシー
         京都芸術大学        制作者: 篠原 茉優
    ・優秀賞    21点
    ・奨励賞     19点

                               以上

ACジャパンについて
・公益社団法人ACジャパンは、1971年に関西公共広告機構として設立されました。
1974年に社団法人公共広告機構となり、2009年にACジャパンと名称変更しま
した。「公共マナー」や「環境問題」など、社会にとって有益と思われるメッセージを、
さまざまな広告の形で発信することにより、社会と公共の福祉に貢献することを目標と
して活動する民間の組織で、活動は約1000社の会員社や個人会員からの会費を基に
運営されています。
会員メディアからの広告枠の無償提供と、会員広告会社からの表現アイデアの提供が
運営における最大の特徴で、日本全国の多くの民間企業が参加するボランティア活動の
公益性の高さが認められ、2011年に公益社団法人になりました。
   http://www.ad-c.or.jp

テレビCM部門グランプリ『聞こえる優しさ』
テレビCM部門準グランプリBS民放賞『牛の気持ち』
新聞広告部門グランプリ『良い人』
新聞広告部門準グランプリ『#完食』
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ