プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ElectrifAi

ElectrifAiがApplied AIでAWS Machine Learningコンピテンシーを達成

AsiaNet 88419 (0502)

【ジャージーシティー(米ニュージャージー州)2021年3月11日PR Newswire=共同通信JBN】実践的な人工知能(AI)および事前構築済みの機械学習(ML)モデルで世界をリードする企業の1つであるElectrifAiは11日、新しいApplied Artificial Intelligence(Applied AI)のカテゴリーでアマゾン ウェブ サービス(AWS)Machine Learningコンピテンシー(https://aws.amazon.com/machine-learning/partner-solutions/?partner-solutions-cards.sort-by=item.additionalFields.partnerNameLower&partner-solutions-cards.sort-order=asc )ステータスを取得したと発表した。このステータスによって、ElectrifAiはAWSで実践的MLソリューションを構築ないしは統合する豊富な経験と専門技術を実証したことが認められた。

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1321884/ElectrifAi_Logo.jpg

AWS Machine Learningコンピテンシー拡張の一環として選ばれたAWSパートナーは、顧客がインテリジェンスソリューションを活用して、ビジネス最適化、顧客収益増大、コスト削減を推進することを支援する。これは、マシンインテリジェンスを使用してエンドツーエンドMLワークフローを構築、自動化、管理することによって実現される。

AIおよびML駆動アプリケーションは急成長し、エンタープライズでの新規需要を掘り起こしている。AWSは着実、継続的にAWSコンピテンシープログラムを進化させて、強化されたAWSパートナーテクノロジーおよびコンサルティングのサービスを利用する機能を顧客に提供している。AWSはAWS Machine Learningコンピテンシー、Applied AI、ML Operation(ML Ops)での2つの新しいカテゴリーを開始し、Applied AIおよび/またはML Ops機能を備え、高度に専門化したAWSパートナーを顧客が容易かつ自信を持って見つけ出し、取引することを支援する。このプログラム拡張によって、顧客は現在のデータプロセッシングおよびデータサイエンス・プラットフォーム機能を超え、成功モデルを生産可能にし(ML Ops)、ビジネス課題の解決のために使用できる既成パッケージを見つけ出すこと(Applied AI)に役立つ経験豊富なAWSパートナーを見つけ出すことができる。

Applied AIカテゴリーでAWS Machine Learningコンピテンシーを達成したことで、ElectrifAiは深い専門知識と実証済みのカスタマーサクセスを備えたAWSパートナーとして差別化されたことになる。

AWSのグローバルAI & MLエバンジェリストであるJulien Simon氏は「企業はこれまでになく、AWSの最新のMLおよびAIソリューションを使用して自らを変革しようとしている。顧客が仕事のために最もふさわしいAWSパートナーを見つけようとする際に適切に選択することを支援するため、われわれはAWS Machine Learningコンピテンシーを拡張して顧客がApplied AIおよびML Opsの分野で熟練したAWSパートナーを容易に見つけることを支援する。これらのAWSパートナーは、技術力に関してAWSによって審査され、確固たる成功実績があり、われわれは、新しいAWS Machine Learningコンピテンシー・カテゴリーの開始にあたり、ElectrifAiを迎え入れることをうれしく思う。われわれは協力してイノベーションを推進し、革新的かつ有効なAWSパートナーのテクノロジーおよびコンサルティング・サービスで今後も顧客に寄与していく」と語った。

ElectrifAiのJim McGowan上級副社長(クラウドパートナー担当)は「われわれは、Applied AIでAWS Machine Learningコンピテンシーのステータスという名誉あるステータスを取得した最初の企業の1つであることを誇りに思うとともに大変うれしく思う。事前構築済みの機械学習モデルのリーダーとして、われわれは当社がApplied AIのエッセンスである実践的なエンタープライズAIの先駆者と考えている」と語った。

AWSは、スタートアップからグローバルエンタープライズまでのスケーラブルで柔軟、かつコスト効率に優れたソリューションを実現している。これらのソリューションのシームレスな統合および展開をサポートするため、AWSはAWSコンピテンシープログラム(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3090359-1&h=82693499&u=https%3A%2F%2Faws.amazon.com%2Fpartners%2Fcompetencies%2F&a=AWS+Competency+Program )を創設し、顧客が深い業界経験と専門技術を備えたAWSパートナーを見つけ出すことを支援している。

Amazon SageMakerは、あらゆるAWS環境にシームレスに適合するAI/ML機能を提供する。ElectrifAiは事前構築済み(事前トレーニング済み、事前構造化済みで全く新しい)機械学習モデルによってクライアントのタイムツーバリューを加速し、Amazon SageMakerを強化することを目指す。顧客は、機械学習モデルをわずかな時間で構築でき、さらに追加インフラストラクチャーを構築しなくても動作する機械学習モデルを手に入れることができる。AWSパートナーとして、ElectrifAiの顧客は、現在の環境からデータを移行することなくAmazon SageMakerのElectrifAiのML Model Factoryを通じて顧客自身のデータを使用することができる。ElectrifAiの事前構築済みモデルは、収益の増大、コスト削減に加え、利益および業績向上も促進する。

OXIOの顧客&ビジネスインテリジェンスのヘッドであるGilles Louwerens氏は「ElectrifAiのソリューションによって、OXIOは、今日の通信業界では並ぶものがないクラス最高のデータサイエンスおよびAI機能によって、顧客にサービスを提供することが可能になる。ElectrifAiのAI機能は、OXIOが通信業界を再編成することに役立つ。われわれは全く新しいビジネスモデルへの門戸を開いた際に、これに気付いた。われわれは他の分野でもこの協力関係を拡大していきたい」と語った。

▽ElectrifAiについて
ElectrifAi(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3090359-1&h=396151252&u=https%3A%2F%2Felectrifai.net%2F&a=ElectrifAi )はビジネス対応の機械学習モデルのグローバルリーダーである。ElectrifAiのミッションは、組織が機械学習を通じて業務のやり方を変えることを支援することであり、収益の増大、コスト軽減に加え、収益および業績向上も促進することである。2004年創設のElectrifAiは、経験豊富な業界リーダー、領域専門家から成る世界チームに加え、構造化および非構造化のデータを大規模変換する実績を誇る。AIベース製品の大規模なライブラリーは、記録的な時間で優れた結果を推進するビジネス機能、データシステム、チームに及ぶ。ElectrifAiは約200人のデータサイエンティスト、ソフトウエアエンジニア、従業員を擁し、2000を超える顧客の実装に対応してきた実績があり、大部分がフォーチュン500企業向けである。ElectrifAiのミッションの核にあるのは、世界中の企業や産業にとって、Aiと機械学習をより理解可能にし、実用的で収益性の高いものにすることへのコミットメントである。ElectrifAiはジャージーシティーに本社を置き、上海とニューデリーにオフィスを構えている。

ソース:ElectrifAi

▽問い合わせ先
Mark Veverka
mveverka@sitrick.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ