プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社キョードーメディアス

「INFINITY」公演 ライブ配信決定&緊急事態宣言下リハーサル進行中

 
「INFINITY」公演 ライブ配信決定&緊急事態宣言下リハーサル進行中

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202101280307-O1-P8FVLnl0

草刈民代芸術監督のもとジャンルを超えたダンサーの競演が実現する「INFINITY DANCING TRANSFORMATION」(2021年1月30日Bunkamuraオーチャードホール)。バレエ、コンテンポラリー、ストリート、タップ、舞踏、新体操。『ダンス』という名のもと現代の先端を走るダンサーたちが一堂に集結する舞台。緊急事態宣言下、新型コロナウィルス感染防止に取り組みながら、ダンサーたちは新しい芸術表現に向かって果敢にリハーサルを進行中だ。出演は草刈民代、熊谷和徳、上野水香、辻本知彦、中村恩恵、平原慎太郎、石井則仁、柄本弾、そして新加入した永井直也(元新体操)ら総勢20名余。舞台美術・衣裳を担う“KEITA MARUYAMAの世界”で多彩なダンスを交錯しながら新しい舞台に挑戦する。「INFINITY」は二部構成。第一部ではソロ作品&新作レパートリー8作品、第二部はUKロックのSOHN、Mooryc、Kysonらの音楽のもと、オムニバス11作品による最新作「CHAIN OF9」を上演する。「INFINITY」のスタートは昨年春、動画配信した「CHAINOF8」。コロナ感染症の影響で自宅待機を余儀なくされた時期に、草刈民代が中心となって制作した映像作品。「コロナ禍という価値観が大きく変容するなかで、真のプロフェッショナルのダンサーたちが表現する場を追求していきたい」草刈民代自身も約12年ぶりとなる本格的な舞踊舞台への復帰に挑む。(昨年11月には、映像作品「横尾忠則×草刈民代の世界ーアートとダンスの競演ー in between」に出演)そして、このアートシーン注目の「INFINTY」公演のライブ配信が決定した。動画配信「INFINITY DANCING TRANSFORMATION」のなかで誕生する躍動感溢れるダンサーたちの舞踊表現は、未来のダンスの新しい可能性を示すに違いない。

◆【動画配信】「INFINITY DANCING TRANSFORMATION」
◆視聴可能期間
生配信:2021年1月30日(土)18:00~20:00(予定:ライブ終了時)
アーカイブ配信:2021年1月30日(土)ライブ終了後~2月6日(土)23:59
◆視聴券チケットご購入先
https://w.pia.jp/t/infinity/
◆受付期間:2021/01/27(水) 12:00~2021/02/06(土) 12:00
◆視聴チケット:2.000 円(税込)
◆購入 ・視聴方法・視聴奨励環境は、下記をご確認ください。
https://t.pia.jp/pia/events/pialivestream/

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202101280307-O2-m33W4OwK
※「INFINITY」公式HP:http://www.classics-festival.com/rc/infinity/
※「CHAINOF8」https://www.youtube.com/watch?v=zdprcuo6tHw
※「横尾忠則×草刈民代の世界ーアートとダンスの競演ー in between」
http://www.ytmoca.jp/event/2020/12/post-135.html

[公演概要]
◆公演名:「INFINITY DANCING TRANSFORMATION」
◆開催日時:2021年1月30日(土)昼の部14:00開演、夜の部18:00開演(無観客生配信ライブ)
◆開催会場:Bunkamuraオーチャードホール
◆主催:INFINITY公演実行委員会
◆芸術監督・演出:草刈民代
◆舞台美術&衣裳 :丸山敬太
◆出演:草刈民代、熊谷和徳、上野水香、辻本知彦、中村恩恵、平原慎太郎、石井則仁、柄本弾、永井直也 他
◆振付:中村恩恵、辻本知彦、熊谷和徳、平原慎太郎、田中祐子、石井則仁、宝満直也、永井直也
◆演目:
第Ⅰ部 ソロ作品及び新作レパートリー(8作品)
第Ⅱ部 「CHAIN OF 9」オムニバス11作品で構成された新制作作品。【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202101280307-O3-2432yl8C

※辻本知彦の辻の字は正しくは旧字です。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ