プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

スロベニア観光局(Slovenian Tourist Board)

主要なグローバルメディア名スロベニアは2021年の「マスト」な目的地

AsiaNet 87747

主要なグローバルメディア名スロベニアは2021年の「マスト」な目的地

世界中で影響力ある旅行メディアは、真に持続可能な観光に従事したスロべニアを2021年の主要な目的地に総合指定しました

リュブリャナ(スロベニア)、2021年1月26日/PRNewswire/ —

スロベニア観光局の本格的で持続可能な観光に対する主要なPRとマーケティングの焦点は、スロベニアを多くのグローバルメディアが選ぶ2021年に訪問できる上位旅行先に含まれるようにしてくれました。

世界中のメディアがスロベニアの持続可能な観光イニシアチブ、特に現在100人以上のメンバーのいるスロベニア グリーンスキームを賞賛しました。 またスロベニアの人気は、持続可能性が世界的大流行した後、早期の外国人旅行者の信頼を得るための鍵となることを証明しています。 

MSc. スロベニア観光局長、マヤ・パック: 「このような有名なグローバルメディアで、持続可能性志向を持つ観光地としてスロベニアの露出は大成功であり、持続可能な観光の長年における積極的かつ体系的な加速と影響力ある外国メディア企業との協力の結果です。 

これはスロベニアにとって優位な露出であり、特にCOVID-19パンデミック後の観光回復における重要な利点の1つとなり、持続可能な観光の主要国としてのスロベニアの追加的で国際的な位置付けに貢献します。」

先週、コンデナスト トラベラーは、スロベニアの取り組みを称賛する最新の出版物となり、2021年に訪れる世界の持続可能な目的地トップ10のリストに掲載されました。

スロベニアは、推奨される目的地のトップ10に選ばれ、記事に記載されているように、「プラスの影響を及ぼす理想の逃避」です。 ブレッド島の画像が記事に掲載されていますが、スロベニアは、並外れた自然資産、美しい風景、数多くのアトラクションを備えた中央ヨーロッパの国として紹介されています。

リュブリャナは、居心地が良く、歩行者に優しい首都であり、環境に配慮した街の休憩できる魅力的な目的地であると言われています。 この記事は、アルプスの山頂、原生林、カルスト高原、パノニア平原のブドウ園、温泉水からアドリア海沿岸まで、活気に満ちた多様性を特徴とするスロベニアの保護された景観の割合が高いことを強調しています。 

ここ数週間で、フィナンシャルタイムズ、ガーディアン、サンなどの主要な英国メディアのすべてが、スロベニアを2021年の推奨目的地に配置し、アメリカのアウトレットフォーブスはスロベニアをワイン愛好家の死ぬまでに行きたい目的地に指定しました。 2020年後半、スロベニアは2021年のコンデナスト トラベラーの最高の休暇先の1つに選ばれ、ブレッドはロンリープラネット毎年恒例となる究極のトラベルリストで世界の10の最高の旅行体験の1つに選ばれました。 

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ