プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Arasan Chip Systems, Inc.

ArasanがTSMC 22nmプロセステクノロジー向け第2世代MIPI D-PHY v1.1 IPの販売開始を発表

AsiaNet 87528 (0074)

 
【サンノゼ(米カリフォルニア州)2021年1月15日PR Newswire=共同通信JBN】モバイルおよび自動車Soc向け半導体IPの大手プロバイダーであるArasan Chip Systemsは15日、SoC設計向けでTSMC 22nmプロセステクノロジーで最大1.5Gbpsの速度をサポートする第2世代MIPI D-PHY v1.1 IPの販売開始を発表した。このMIPI D-PHY IPは低電力消費へのさらなる最適化が施されており、小型で低い解像度を要求しつつ電力が極めて重要な、低スループットを要求するウエアラブルとIoTディスプレーアプリケーションを対象にしている。また、D-PHY IPはシリコンエリアを節約し、電力消費をさらに改善することを求める企業向けとしてTx only IPとしても利用できる。MIPI D-PHY IPはArasanのウエアラブルおよびIoT向けTotal MIPI Display IP Solutionの一環として、同社のDSI TxとDSI Rx IP Coreとシームレスに統合している。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1395847/MIPI_CPHY_DPHY_ASIC.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/781235/Arasan_Logo.jpg

ArasanのD-PHY IPは、TSMCの業界をリードする22nm超低電力(22ULP)と22mn超低リーク電流(22ULP)プロセステクノロジーの両方を利用できる。TSMC 22nm超低電力(22ULP)はその電力という点から画像処理、デジタルテレビ、セットトップボックス、スマートフォン、消費者製品といったアプリケーションとして最適のファウンドリーテクノロジーで、22nm超低リーク電流(22ULL)テクノロジーはIoTとウエアラブルデバイスのアプリケーションをサポートする上で、電力の大幅な削減を実現する。

Arasanは2005年からMIPI Associationのメンバーで、10億チップ以上のMIPI IPを出荷している。ArasanのMIPI D-PHY IPは2016年以来、多数の顧客からライセンスを受け、TSMC 28nmプロセスの独自のテストチップで実証され、Total IP Solutionとして3rd Party VIPを使用したCSI IPとDSI IPとして検証されている。同社のMIPI CSI、DSI、DPHY、 CPHY IPはコンプライアンスに準拠して使用され、生産試験官がさらにArasan IPの品質とコンプライアンスの認証を行っている。

また、MIPI D-PHY IPは既成のTSMC 40nm、28nm、16nm、12nmプロセステクノロジーでも利用できる。

TSMC 28nmプロセスのArasan ASICアプリケーションをベースとしたD-PHY / C-PHY Combo HDKは、ArasanのDPHY IP またはCPHY IPのライセンシーの利用が可能で、生産の前段階でディスプレーや映像製品を試作できる。顧客はTSMC 28nmプロセスで本物のシリコンを使って試作できることを知っていることで、安心してArasanのMIPI D-PHY IPのライセンスを結ぶことができる。このプロセスはMIPI CSI、DSI、 D-PHY、C-PHY規格のコンプライアンスを検査するMIPI Compliance Testerで使用されている。当社はコンプライアンスである!

▽Arasanについて
Arasan Chip Systemsは2005年以来MIPI Associationのメンバーで、モバイルストレージおよびモバイルコネクティビティー・インターフェース向けIPの有力プロバイダーである。Arasanの高品質、シリコン検証済みのTotal IP Solutionには、デジタルIP、AMS PHY IP、Verification IP、HDK、ソフトウエアが含まれる。ArasanはモバイルSoCを対象とする製品ポートフォリオに焦点を当てている。「モバイル」という用語は、この20年間にわたって90年半ばのPDAに始まり、2000年代のスマートフォンとタブレット、さらに今日の自動車、ドローン、IoTに至るまでのあらゆるモバイルを包含し、進化してきた。ArasanはモバイルSoCの核心である標準ベースのIPにより、この「モバイル」進化の最前線にいる。

Arasan IPを搭載した10億以上のチップが出荷されており、出荷先には半導体企業の上位10社すべてが含まれている。

 
▽問い合わせ先
Dr. Sam Beal
Mktg1@arasan.com

ソース:Arasan Chip Systems, Inc.

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ