プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Marathon Capital, LLC

Chris Shaw氏がシニアマネジングディレクター兼欧州投資銀行部門責任者としてMarathon Capitalに入社

AsiaNet 87588 (0112)

 
【シカゴ2021年1月13日PR Newswire=共同通信JBN】クリーンで持続可能なエネルギーセクターに対する大手金融アドバイザリー・投資銀行のMarathon Capital, LLC (「Marathon Capital」)は13日、Chris Shaw氏がシニアマネジングディレクター兼欧州投資銀行部門責任者として入社したと発表した。Shaw氏はロンドンを拠点とし、Marathon Capitalの顧客および投資家ベースを欧州の活発なエネルギーエコシステムへと拡大する。

Ted Brandt最高経営責任者(CEO)は「エネルギー分野は急速に進化しており、電力と運輸の両市場でクリーンで再生可能なエネルギー技術が伝統的な化石燃料技術に取って代わりつつある。欧州はこうした傾向において世界をリードしている。Marathon Capitalは20年以上にわたって米州で世界的な顧客にサービスを提供しており、英国と欧州連合(EU)の双方において、これから目に見える形でプレゼンスを有してこうしたつながりを強化するのを楽しみにしている。Chris Shaw氏はM&Aに関して高い評価を得ている経営幹部であり、世界的な顧客や投資家との結びつきとともに、伝統的なエネルギーと新しいエネルギーのいずれの分野でも豊富な経験をもたらしてくれる。Marathon Capitalチームの上級メンバーとして、またEMEA(欧州・中東・アフリカ)広域圏での当社のリードバンカーとして同氏と密接に仕事をしていくのを楽しみにしている」と語った。

Shaw氏は、一流のグローバルエネルギーアドバイザリー業務の構築を担当したMoelis & Companyでの数年の成功期間を経て、Marathon Capitalに加わる。同氏はロンドン、香港、メルボルン、ニューヨーク、ヒューストンで25年以上にわたってエネルギー分野の業務を担当し、バリューチェーン全体に及ぶ顧客へのアドバイスを行った。直近で同氏は、250億ドルを調達した一連のインフラストラクチャー取引に関してADNOCへ、またIPO(新規株式公開)と国際ガス戦略に関してSaudi Aramcoへのアドバイスを行った。Shaw氏はMoelis以前には、シュローダー、シティグループ、バークレーズの主要な国際エネルギーアドバイザリーチームとともに業務を担当した。同氏はエモリー大学で金融・会計学を専門とする経営学士号(BBA)を取得している。

Marathon CapitalのPhilippe Lavertu最高執行責任者(COO)は「Marathon Capitalにとってさらなる記録的な年を実現するために、われわれは全力を挙げてShaw氏を支えていくのを楽しみにしており、欧州での当社のプレゼンス拡大を求めていく中で同氏の専門知識を活用し、当社の世界的な顧客、投資家ベースへの支援を強化していく」と述べた。

Shaw氏は「われわれのつながりを欧州全域へと発展させていく中で、Brandt氏、Lavertu氏、それにMarathon Capitalの有能なチームと仕事をするのを喜んでいる。われわれは、より持続可能な未来に向けてエネルギー移行が急速に加速しているのを目の当たりにしている。Marathon Capitalの熟練したアドバイザーと連携し、彼らの確固たる実績を足場として顧客がそれぞれの戦略的な金融面での目標を達成するのを支援するのを楽しみにしている」と語った。

▽Marathon Capitalについて
Marathon Capitalは大手金融アドバイザリー・投資銀行で、より持続可能な未来を実現することにコミットしている。当社の使命は、優れた知識集約型のソリューションを提供することにより顧客の戦略的な金融面での目標を達成することである。Marathon Capitalは、クリーンエネルギー、持続可能性、脱炭素化、資源効率性を重視する世界の大手企業、投資家、インフラストラクチャー・デベロッパーに対し、独立したM&A、資金調達、プロジェクトファイナンス、タックスエクイティに関するアドバイザリーサービスを提供している。最近、当社はPower Finance & Risk’s Annual Power Finance Deals and Firms Awardsで「M&A Adviser of the Year」(2019)(2019年最優秀M&Aアドバイザー)に選ばれた。

詳細はwww.marathoncapital.com を参照。

問い合わせ先:
Andrea Rosko
Director, Marketing & Communications
arosko@marathoncapital.com 

このプレスリリースは一般的な情報目的にのみ提供されるものであり、他のいかなる目的に用いられてはならない。

ソース:Marathon Capital, LLC

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ