プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Caprion Biosciences Inc.

Caprion-HistoGeneXがMosaic Laboratoriesと提携して組織学バイオマーカーのフランチャイズを拡大

AsiaNet 87566 (0099)

 
【モントリオール2021年1月13日PR Newswire=共同通信JBN】Arsenal Capital Partners(アーセナル・キャピタル・パートナーズ、「Arsenal」)が支援する世界有数の受託研究サービス事業者Caprion-HistoGeneXは13日、国際的製薬企業顧客に組織学と免疫組織化学のサービスを提供するカリフォルニア州の企業Mosaic Laboratories LLC(「Mosaic」)の買収を発表した。Mosaicが加わることで、Caprion-HistoGeneXの組織病理学アッセイの開発、活用の北米ベースが強化され、病理サービスの量が拡大し、国際的臨床試験用組織病理学バイオマーカー分析の世界有数のサービス事業者としての同社の地位を強化する。

Logo –
https://mma.prnewswire.com/media/1418425/Caprion_Biosciences_Caprion_HistoGeneX_Expands_its_Histological.jpg

Logo –
https://mma.prnewswire.com/media/1418571/Caprion_Biosciences_Caprion_HistoGeneX_Expands_its_Histological.jpg

Mosaicはスペクトル画像分析による多重免疫組織化学利用の先駆者で、複雑な免疫組織化学、in situ(原位置)ハイブリダイゼーション(ISH)、蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)アッセイの開発、検証、実施の優れたサービスで知られており、その分野で最も重要で包括的な事業者の1つと自任している。Mosaicの中核的機能は研究デザイン、アッセイの開発・活用、データ解釈、前臨床と臨床試験段階の試験的なバイオマーカー分析を支援し、それによって患者選定の適時の決定を可能にするサービスである。

MosaicのChris Kerfoot、Lisa Dauffenbachの両共同創業者兼マネジングメンバーは「Caprion-HistoGeneXと提携することを本当に喜んでいる。この提携は当社顧客のプログラム支援を一層強化し、臨床試験を支援する既存と将来のアッセイの国際化を可能にする強い共同事業の機会を提供する」と語った。

Caprion-HistoGeneXのMartin LeBlanc最高経営責任者(CEO)は「MosaicとCaprion-HistoGeneXの結合は免疫組織化学、免疫モニタリング、プロテオミクス、ゲノムバイオマーカーの全領域を提供する精密医療サービスの世界的事業者としての指導的地位を強化する。Mosaicの複雑な免疫組織化学アッセイ開発・活用の素晴らしい実績は、北米、欧州、中国を含むアジアの当社の試験所の世界的ネットワーク全体の組織病理学サービスに対する顧客の急速に拡大するニーズに対応する能力を向上させる」と述べた。

ArsenalのオペレーティングパートナーでもあるCaprion-HistoGeneXのDavid Spaight執行役会長は「Mosaicが加わることは、Caprion-HistoGeneXの発展と国際的拡大を補完的機能、サービス、地理的範囲拡大への継続的投資を通じて支援するArsenalのコミットメントを反映し、バイオ医薬研究開発の最も急速に成長する領域の1つの指導的地位を強固にする」と語った。

この取引と最近発表したClinical Logistics Inc.の買収に関連して、Caprion-HistoGeneXは今後数週間のうちに精密医療サービスの主要な世界的事業者としてのビジョンと位置付けを反映する合併組織の新企業名とブランドアイデンティティーを公表することも計画している。

Kirkland & Ellis LLPがCaprion-HistoGeneXの法律顧問を務めた。

Intrepid Investment Bankers LLCはMosaicの財務顧問、Davis Wright Tremaine LLPは法律顧問を務めた。

▽Caprion-HistoGeneXについて
Caprion-HistoGeneXはバイオ医薬品業界向けの大手特殊精密医療研究サービス事業者である。免疫学、組織病理学、プロテオミクス、ゲノミクスの統合分析プラットフォームと関連の検体収集、ロジスティクスサービスを活用し、創薬から後期臨床試験までの医薬品開発サイクル全体を支援している。同社は、カナダ、米国、ベルギー、オーストラリア、中国にある9施設で世界的に事業展開している。詳細は次を参照:www.caprion.comwww.histogenex.com

▽Mosaic Laboratories LLCについて
Mosaicは医薬品業界に前臨床・臨床サービスを提供するリーダーで、マルチスペクトルイメージングを利用した多重発色免疫組織化学を先導してきた。Mosaicは独占権のあるアッセイ、組織バンク、データ分析を支援するソフトウエアアルゴリズムを開発している。この長年の高度に差別化した多重免疫組織化学(IHC)の専門技術を活用して、同社は最高品質の有効なアッセイ、鮮明な多重IHC画像、新たな分析法の迅速な開発と実施をスピード、機敏さと顧客を重視した妥協のないサービスで提供する評価を築いてきた。同社は組織学、蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)、in situ ハイブリダイゼーション(ISH)を含むセントラルラボサービスのより広範なメニューも開発している。詳細は次を参照:https://www.mosaiclabs.com

▽Arsenal Capital Partners(アーセナル・キャピタル・パートナーズ)について
Arsenalは、ミドルマーケットの医療と製造企業への投資を専門とする大手未公開株式投資会社である。2000年の開業以来、53億ドルの機関投資家向け株式投資ファンドを立ち上げ、200以上のプラットフォームおよびアドオン投資を完了、30以上の現金化を達成した。Arsenalは、同社が有意な予備知識と経験を持つ産業部門に投資している。同社は経営陣と協力し、市場をリードし、成長性と付加価値の高い戦略的に重要な企業づくりをしている。詳細は次を参照:www.arsenalcapital.com

▽問い合わせ先
Caprion-HistoGeneX
Guylaine Galipeau
Global Marketing Director, Caprion-HistoGeneX
ggalipeau@caprion.com

Arsenal Capital Partners
Prosek Partners
Brian Schaffer / Kristen Duarte
bschaffer@prosek.com / kduarte@prosek.com

ソース:Caprion Biosciences Inc.

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ