プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

TCL Electronics

TCLが2021年のMini LED、QLED、4K HDRテレビをCES 2021で発表、世界のテレビ産業をリードする姿勢をあらためて表明

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202101129658-O1-Ja8RMKRd

AsiaNet 87542 (0080)

【香港2021年1月12日PR Newswire=共同通信JBN】世界のテレビ産業のトッププレーヤーの一角を占める大手家電企業、TCL Electronics(1070.HK)は未来志向のAI x IoT戦略の下、CES 2021に最新のMini LED、QLED、4K HDRテレビを展示した。

CES 2021でのTCLの詳細については、https://www.tcl.com/ces2021.html を参照。
プレスキット:http://bit.ly/3nU8k4a

TCLは、CES 2021で世界のディスプレー技術を大きくリードしている。同社は今年、迫力ある画像性能の先を行く、新世代向けの総合的ライフスタイル機能を提供する3つの優れたMini LED、QLED、4K HDRテレビを紹介している。

▽C825 – プレミアム4K Mini LEDのパフォーマンス

TCLの最新4K Mini LEDテレビC825は、テレビ視聴とビデオゲームの水準を新たなレベルに引き上げた。C825は、Mini LEDディスプレー技術に継続的取り組むTCLの重要な新製品である。

C825は直下型のバックライト方式を採用、LEDのチップサイズを従来のものより小型化し100~200マイクロメートルにした。バックライト光源数を増やすため、数千もの調光制御ユニットが使用されている。フルアレイとの組み合わせにより超高精度の領域輝度調整が可能になり、より優れた視覚体験を実現した。

量子ドットディスプレー技術を搭載したC825は、明るさと色彩、色域の拡大、より正確な調光を同時に実現、究極の映像効果を達成した。

C825は、エンターテインメントに命を吹き込む超鮮明映像を提供する映像技術、ドルビービジョン(Dolby Vision)HDRと、C825のインテリジェンスをフル活用して室内の明るさの変化や再生されているコンテンツの種類にダイナミックに対応、テレビの機能を最大限に引き出しつつ、室内で常に完璧な映像を実現するドルビービジョンIQも搭載している。

最高のオーディオビジュアル品質を備え、Imax Enhancedにも対応したC825は、自宅にいるユーザーに比類のない楽しさを提供する。

映像の動きをよりスムーズにし、ビデオゲームをより魅力的にするため、C825は120Hz MEMC技術と120Hz低残像ディスプレーを採用している。

また、4ウェーHDMI 2.1ポート、VRR、ALLM、eARC、WiFi6、低入力ラグにより、ゲームファンにより高速でよりスムーズなグラフィックスと、より優れたサウンド効果をもたらしてくれる。4メガピクセルのマグネット着脱式カメラが優れた映像、音声のやり取りを実現、素晴らしいビデオ通話体験ができる。

▽C725 – 優れたQLED 4Kエンターテインメントセンター

量子ドットディスプレー技術を新たなレベルに引き上げたTCLのC725 QLED 4Kテレビは、コネクトされたスマートなライフスタイルの一部として高品質かつインタラクティブなホームエンターテインメントを求める人々に、優れた価値を提供する。

C725に採用された、100%近い超広色域(DCI-P3)の量子ドットディスプレー技術は、他のカラー技術に見られる色量の低下や短寿命化の制約なしに、より鮮やかで多様な色彩を提供する。

ドルビービジョンの超鮮明映像とオンキヨーによるドルビーアトモス(Dolby Atmos)の没入型オーディオが、この上ないオーディオビジュアルを提供する。C725のAiPQエンジンは、エンターテインメントごとに、あるいはコンテンツのジャンルに合わせてリアルタイムにTCLの大画面テレビを最適化、その潜在力をフルに引き出す。

ユーザーは、インテリジェントな暮らしに新たな楽しみを加えてくれるハンズフリー・ボイス・コントロール2.0やGoogle Duo、さらにNetflix、Amazonプライム・ビデオ、Google play & Movie、Disney+などのコンテンツを無制限に楽しむことができる。

さらにC725は、MEMCとHDMI 2.1の両方をサポートしており、動きの速いアクションシーンでも常にスムーズな映像を提供する。

▽P725 – ドルビー体験可能な推奨4K HDRテレビ

TCL P725は、ドルビービジョンとドルビーアトモスを搭載した4K HDRテレビで、驚くほど高品質かつ精細な体験、とりわけダイナミックな動画と没入型オーディオを提供する。

ドルビービジョンは、ハイダイナミックレンジ(HDR)と広色域機能を組み合わせ、驚異的な明るさ、コントラスト、色彩、ディテールの超鮮明映像を実現する先端映像技術である。

シルクのように滑らかなMEMC動画処理により、動きの速いアクション満載のシーンでも鮮明でブレのない安定した映像パフォーマンスが保証される。

P725はドルビーアトモスもサポートしており、息を呑むようなリアルなサウンドをユーザーのまわりにめぐらせてお気に入りのエンターテインメントに引き込み、これまで聞いたことのないほど細やかな音を聞かせてくれる驚異的な明瞭さ、繊細さを提供する。

P725のTCLハンズフリー・ボイス・コントロール2.0は、ユーザーをリモコンから解放する。チャンネルの切り替え、リマインダーの設定、ストリーミングサービスの検索が簡単な音声コマンドでできる。P725は、AndroidテレビOSの最新版でより優れたエンターテインメント体験も提供する。ミリ単位のメタリック狭額縁デザインは、エンターテインメントに幅広く開放的な感覚を提供する。

*製品の外観、機能、および購入の可能性は、国・地域によって異なる場合がある。

▽TCL Electronicsについて
TCL Electronics(1070.HK)は、急成長中の家電企業で、世界のテレビ産業のトッププレーヤーである。1981年創業の同社は現在、世界の160を超える市場で事業展開している。OMDIAによると、TCLは2020年第2四半期、TCLブランドのテレビ市場シェアで世界第2位だった。TCLは、テレビ、オーディオ、スマート家電など幅広い家電製品の研究、開発、製造を専門としている。

ソース:TCL Electronics

画像添付リンク:

Link:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=381811
(写真説明:TCL Electronics)

Link:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=381813
(写真説明:TCL Electronics)

Link:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=381814
(写真説明:TCL Electronics)

 

TCL Electronics
TCL Electronics
TCL Electronics
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ