プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Quicktron

大手の自律移動型ロボット企業QuicktronがC+資金調達を完了

AsiaNet 87551 (0090)

【上海2021年1月11日PR Newswire=共同通信JBN】
*手作業から人を開放する技術に向け、KION GroupとProsperity7 Venturesが資金調達を主導

中国大手の自律移動型ロボット(AMR)メーカーでAI研究拠点のQuicktron Intelligent Technolgy Co., Ltd(「Quicktron」)はこのほど、新たな資金調達ラウンドを完了した。このC+ラウンドの資金調達を主導したのは世界で有数の産業用トラックとサプライチェーンソリューションのプロバイダーであるKION GroupならびにAramco Venturesの分散型成長ファンドProsperity7 Ventures、そして中国の多数の有名投資機関である。この手続きの全てはグローバル市場の拡大とさらなる技術開発のために行われたもので、手作業から人を開放するというQuicktronの使命を前進させるものだ。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202101129643-O1-yTtk5sNm

https://mma.prnewswire.com/media/1417847/Quicktron_s_Full_Product_Portfolio.jpg

今回の資金調達が成功したのは、近年におけるQuicktronの素晴らしい成功の数によるものだ。2017年から2019年までで営業利益は約10倍に増え、2020年の総受注高は2019年比で300%以上増えると予想されている。公表されたリポートによると、Quicktronは来年、科学技術革新委員会による上場計画を開始し、同社を最初の上場AMR株にする準備を整える。

AMR産業の先駆者として、Wei Yang氏とQuicktronは最初の段階からこの分野全ての発展プロセスを経験してきた。世界のAMR普及率はわずか1%ではあるが、Wei Yang氏は5000億人民元に相当する未着手の産業があると信じている。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)パンデミックが物流における肉体労働への依存を減らす必要性に拍車をかける中、このセクターの成長は加速している。これはとりわけ欧州で顕著だ。欧州のeコマースはオンラインショッピングへの消費者の習慣が拡大したことで迅速に成長しており、ますます多くの小売業者はオンラインに切り替えている。

この分野の技術的発展をサポートしているのは、ますます普及している5Gと自動運転といった洗練されたテクノロジーだ。こうしたツールは高性能、低コスト、迅速なイテレーションを可能にし、競争相手の一歩先を行こうとする企業にとっては研究開発が絶対的な優先事項になっている。Quicktronは顧客、リソースとの協力で6年にわたる実際的な経験を持っていることで、技術革新の最前線にいる。現在の業界のサービスは、自営倉庫で優秀な働きをするか、システムインテグレーションに優れているかのどちらかだ。QuicktronはイントラロジスティクスのAI駆動ロボットの主要メーカー、そしてソリューションプロバイダーとして、広範に適用できて具体的な難問を解決するよう意図されたソリューションにより、エンドツーエンドのサービス全体にわたる業界標準の製品を提供する。

Quicktronは2020年に製品レベルのインテリジェント・ロボットソリューションのQuick Pickを発表した。現在、Quick Pickはeコマース、小売り、フットウエア、製造などの産業で使用されている。このソリューションは大容量の貯蔵にも耐える、高効率で安定したロボットを備えている。また、同ソリューションは現場作業者のために物品を運搬、移送し、集約的な貯蔵環境で優れた働きを発揮する小型、軽量、効率的、柔軟、そして費用対効果の高いインテリジェント移動型ハンドリングロボットを特徴としている。この組み合わせによって手作業による運用のニーズが低減し、高い効率と多用途性を達成し、貯蔵品の取り扱い、受注処理、返品要請の際のトラフィックの高まりにおいて労働強度を低減し、全体の効率性を高める。

▽Quicktronについて
Quicktron Intelligent Technology Co., Ltdは2014年に中国の上海で創立された。さまざまなタイプのAMR、そして多数のモデル、デバイス、状況に向けたバックステージ運用システムを提供することで、Quicktronは企業顧客が社内物流のインテリジェント化、自動化、デジタル化を実現できるようにし、コストを減らして効率性を高め、能力の境界線を広げることに貢献する。Quicktronのビジョンは屋内インテリジェント推進ソリューションを使って手作業から人を開放することである。

www.flashhold.com

▽KION Groupについて
KION Groupは産業用トラックとサプライチェーンソリューションの世界有数のプロバイダーである。そのポートフォリオにはフォークリフトと倉庫用機材といった産業用トラック、全ての関連サービスを含んだサプライチェーン最適化のための統合自動技術とソフトウエアソリューションがある。KION Groupのソリューションは全世界の100カ国以上で工場、倉庫、配送センターでの資材と情報の流れを改善する。MDAXに上場している同グループは欧州最大の産業用トラックのメーカーで、2019年に販売したユニット数では世界第2位である。また、同グループは収益ベースで自動化技術の大手プロバイダーだ。

www.kiongroup.com/de/

▽Prosperity7 Venturesについて
Prosperity7 Venturesは、世界をリードする総合エネルギー・ケミカル企業Aramcoの関連会社Aramco Venturesの分散型成長ファンドである。このファンドの社名はサウジアラビアで採掘した7番目の油井で最初に石油を掘り当てた「Prosperity Well(繁栄する油井)」に由来している。この先駆的な歴史を前に進め、同社は長期的な視野で、巨大な規模で繁栄と積極的な影響をもたらす画期的テクノロジーと変革的なビジネスモデルに対し、世界的に投資している。

www.P7VC.com

添付画像リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=381856
(写真説明:Quicktronの全製品ラインアップ)

ソース:Quicktron

Quicktronの全製品ラインアップ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ