プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Checkout.com

Checkout.comは4億5000万ドルのシリーズC資金調達の共に150億ドルまでの評価額に3倍として提出し、グローバル展開を加速します 

AsiaNet 87562

Checkout.comは4億5000万ドルのシリーズC資金調達の共に150億ドルまでの評価額に3倍として提出し、グローバル展開を加速します 

-Checkout.comは、EMEAにて最価値のあるベンチャー支援実業に、世界での4位に大きなフィンテックになります。

-事業の決済解法について益々米国の需要の高まりに応じるために、ニューヨークとデンバーの事務所を開設します。

-全ての既存の他投資家並びにGreenoaksCapitalの参加と共にタイガーグローバルマネジメントが先導する4億5000万ドルのシリーズC。

-収益性なクラウドに基づく決済テクノロジー営業は、2020年度の同期の比でに決済処理量が3倍に高まり、過去12か月間にコインベース、ピザハット、H&M、グラブ、クラーナ、ファーフェッチ、テレグラムなどの500以上の新規企業顧客を追加しました。

ニューヨーク, 2021年1月12日 /PRNewswire/ — Checkout.com ( https://www.checkout.com/ ), ConnectedPayments(TM)という大手の解放プロバイダーは本日に4億5000万ドルのシリーズC資金調達ラウンドを終了したと発表しました。これにより、事後評価額のある営業に150億ドルを与え、企業が世界中に拡大続いている時、世界での4位に大きなフィンテックとなり、EMEAにて最価値のあるベンチャー支援企業(1)です。

シリーズCは、Facebook、LinkedIn、Spotify、ByteDance、JD.comなどの市場先頭の成長企業を運営する動的な起業家と提携するニューヨークを拠点とするテクノロジー投資家であるタイガーグローバルマネジメント、LLCに先導されました。Greenoaks Capitalは、既存の投資家であるインサイトパートナーズ、DST グローバル、コーチューマネジメント、Blossom Capital、エンデバー・カタリスト、およびシンガポールのソブリンウェルスファンドGICと共にこのラウンドにも参加しました。 

Checkout.comのCEO兼創設者であるギヨーム・ポサズ様は、発表しました:「決済は、顧客の旅から、企業の新規市場参入または新製品開発の能力に至るまで、全てに影響します。この最新の資金調達は、金融サービスとの相互作用を再考することにより、企業がより良い製品を構築し、より多くの収益を高めり、革新的な営業形を作成できるようにするという使命を加速するうちで、市場先頭地位と願望規模を反映しています。我々の新規投資家は決済、テクノロジー、スケーリングの各企業に豊富な経験をもたらします-ConnectedFinance(TM)の将来に向けのビジョンを構築し続けるため、次の成長段階に重要な知識です。」

決済の将来への投資 
マッキンゼー&カンパニーの研究では、決済機会の規模を強調しており、2019年度にて世界の決済収益合計はただ2兆ドル以降に達しています(2)。一方、オックスフォードエコノミクス(3) と協力したCheckout.comから、最近の報告書では多くの商人が直面している挑戦の規模を明らかにし、2019年度だけで203億ドルが誤った決済により失われ、127億ドル以上が第一選択の商人から競合他社に渡されました。さらに、オンライン購入予定を完全に諦めた顧客は、商人に向けの76億ドルを超える機会を逃しました。Checkout.comは、高度なデータ機能、不正管理ツール並びに包括的な報告書を通じて、クラス最高のパフォーマンスとより詳細な抑制を推進するための最も積極的なツールを営業企業に提供することによるこれらの問題に対処します。

資金調達は、世界経済がCOVID-19禍を超えているときに達されます。これまで、各組織は決済システムの1つの規模で応じることに依存してきましたが、効率向上を推進し、全ての決済の透明性を高め、データから貴重な情報を抽出する必要性がますます競争上の差別化要素になっていきます。Checkout.comのクラウドに基づく統合プラットフォームにより、商人は決済入金と決済出金を大規模に管理でき、同時に効率向上と達成し、率の向上をグローバルに改善できます。ファーフェッチ、マンゴ、ヴィクトリアズシークレット、ロクシタン、The Hut Groupなどの主要な電子商売企業は、全ての商売の背後にあるデータと価格設定へのきめ細かいアクセスが提供でき、高速で信頼性が高く、適応可な安全なプラットフォームをCheckout.comに依存しています。

Checkout.comの現行事業からの利益は、将来の成長を促進するために引き続き再投資されますが、新規資金が決算をさらに成長させ、革新的な機会を推進するために使用されます。過去2年間で調達された計8億3000万ドルが、Checkout.comの既存現金は、グローバル的に全てのフィンテックの中で最も強力な一つの決算です。これにより、多くの市場で規制対象の事業体として、また商人の金融パートナーとして、会社の回復力がさらに強化されます。また、昨年に指数関数的に成長したCheckout.com決済出金解法のように、戦略的投資と継続し、製品開発も可能になります。 

Checkout.com北米本社発表 
本日のシリーズCの資金提供の発表に加えて、Checkout.comもニューヨーク市にてオフィスの開設を発表しています。会社は2017年に米国で最初に立ち上げられ、サンフランシスコで事業を展開しています。Checkout.comが国内、グローバル、及び国境を越えた決済で米国を拠点とする企業にサービスを提供することに重点を置いているため、バイコースタル事務所は相まってConnectedPayments(TM)解法に対する米国での高まる需要に応じる組織の能力を強化します。会社はまたデンバーにて事務所と告知しています。世界的に、Checkout.comは2021年度に全部の場所でさらに700人を雇用する予定です。 

Checkout.comの決済と決済出金に対する革新的な接近方式はクラーナ、レボリュート、トランスファーワイズ、コインベース、イートロなど、多くの最価値のあるフィンテックと先頭企業の背後にある最も信頼できるテクノロジープロバイダーとしての評判を獲得しています。Checkout.comは、最高のパフォーマンスを発揮する世界的な決済と決済出金の両方をサポートできるプラットフォームを備えており、主要なフィンテック、上級なサービス、商業界で、世界を先導する進歩的な営業形のバックボーンになっています。

タイガーグローバルマネジメントのパートナーであるスコットシュライファー様は発表しました:「主要なインターネット企業が信頼されている革新的なグローバル決済および金融サービスプラットフォームを構築し続けているGuillaumeとCheckout.comと協力することを嬉しく思います。デジタル商売への移行はまだ初期段階であり、Checkout.comはクラス最良のテクノロジープラットフォームの発展に注力していること、今後数年間、業界先導としての地位を確立しています。」

2020年6月、Checkout.comはシリーズBを発表し、企業を55億ドルと評価し、テクノロジー資金のCoatueManagementが主導しました。2020年度には、ProcessOutとPinPaymentsの買収、およびThunesへの戦略的投資も発表しました。

編集者向け注記: 
·  Checkout.comは、ヨーロッパでの事業に関して、2019年度の財務実績を公表しましたことで、継続的な収益を示しています。年間の総収益は96%増加し、2018年度の74,826百万ドルから146,384百万ドルに上昇しました。Checkout.comのヨーロッパ事業の完全なアカウントはここに記載します:https://find-and-update.company-information.service.gov.uk/company/08037323

Checkout.comについて 
Checkout.comは、企業がそれにふさわしいConnectedPayments(TM)に適応し、革新し、繁栄することを可能にします。会社のテクノロジーによって、決済がシームレスになります。柔軟な解法、詳細なデータ、即時の洞察はグローバル企業が新規市場にて新製品を発売し、優れた顧客体験を創造するのに役立ちます。1つのAPIを介して、150を超える通貨で最速かつ最も信頼性の高い決済を提供し、国内での取得、世界等級の不正フィルターと報告書を提供します。すべての主要な国際クレジットカードとデビットカード、および一般的な代替のローカル決済方法を受け入れることができます。Checkout.comは2012年度に創立され、現在には世界中の17事務所と共に1000人のチームがあり、必要に応じて地域の専門知識を提供しています。詳細については www.checkout.comに参照してください。

Twitter ( https://twitter.com/Checkout ) | LinkedIn ( https://www.linkedin.com/company/checkout/

(1)PitchBook, 2021年1月 
(2)2020年マッキンゼーグローバル決済報告書、マッキンゼー& カンパニー、2020年10月 
(3)ブラックボックスとパラドックス:切断決済の実際コスト、Checkout.com, 2020年7月

 
Checkout.comメールの連絡先:  
pr@checkout.com 

ソース Checkout.com

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ