プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Canada Nickel Company Inc.

Canada NickelがKidd ConcentratorとMetallurgical Siteの利用可能性についてGlencore Canada とMOUに調印

AsiaNet 87539 (0079)

 
【トロント2021年1月11日PR Newswire=共同通信JBN】Canada Nickel Company Inc.(以下「Canada Nickel」ないし「同社」)(TSX-V: CNC)(OTCQB: CNIKF)は、Glencore Canada Corporation(「Glencore」)と拘束力のない了解覚書(MOU)に調印したと発表した。Canada Nickelが100%所有するCrawford Nickel-Cobalt Sulphide (「クロフォード」、クロフォード・ニッケル・コバルト硫化物)プロジェクトから採掘される原料の処理と加工のため、オンタリオ州ティミンズにあるGlencoreのKidd Concentrator(コンセントレーター)とMetallurgical Site(「Met Site」、冶金施設)の使用可能性を分析するのが目的である。クロフォードはGlencoreの事業所の北40キロに位置する。

Canada NickelのMark Selby会長兼最高経営責任者(CEO)は「Kidd Met Siteの余剰能力と既存施設を活用する機会により、大幅に低い資本コストでクロフォードのより迅速、より簡素、より小規模でのスタートアップを実現できる可能性が生まれる。その一方で当社は引き続き、現在検討中のはるかに大規模のプロジェクトの許可と開発を行う。プロジェクトのスタートアップという枠内での大幅な変更への可能性を考慮すれば、予備的経済性評価(PEA、Preliminary Economic Assessment)の公表は、このオプションを組み込むのを可能にするため、うまくいって2021年3月末まで遅れるだろう」と語った。

Canada Nickelはこれまでに高レベルの初期評価を完了しており、これからはクロフォード から生産予定のニッケル・コバルトとマグネタイト・コンセントレートの精錬とさらなる処理のため、Kidd Concentratorにある余剰能力のアップグレード、および/あるいはKidd Met Siteに設置されている既存施設の活用の可能性について詳細な調査を進めていく。調査が両者にとって前向きの結果を出すことができれば、両者は拘束力のある合意に向けて誠実な協議を続ける。今回のMOUは非独占的である。

詳細な調査は2021年3月末までに完了する見通しである。進行中のクロフォード予備的経済性評価の首席調査コンサルタントを現在務めているAusenco Engineering Canada Inc. (「Ausenco」)がKidd Met Site施設の評価支援に携わっている。

▽Kidd 事業所について
オンタリオ州ティミンズで、Glencore Canada CorporationはKidd Metallurgical SiteとKidd Mineから成る Kidd 事業所を運営している。

ConcentratorはKidd Metallurgical Site(Kidd Met Site)敷地内に設置されている。Kidd Met Siteはオンタリオ州ティミンズの東27キロで、ティミンズ市域内のホイル、マシスンの両タウンに位置している。Concentratorは 1966年に建設された後、何度もアップグレードが施され、現在は金属鉱石を処理して銅と亜鉛のコンセントレートを生産している。この設備は日量1万2500トンの能力を持つように設計され、取水および排水許可とシックンドテーリングズ貯蔵が全面的に許可されている。この施設にはオンタリオ・ノースランド鉄道経由で列車が運行されている。

▽Canada Nickel Companyについて
Canada Nickel Company Inc.は、高成長の電気自動車とステンレス鋼市場へ供給に必要なニッケルとコバルトを提供する次世代のニッケル・コバルト・硫化物プロジェクトを推進している。Canada Nickel Companyは複数の法域でNetZero Nickel(TM)、NetZero Cobalt(TM)、NetZero Iron(TM)の商標登録を申請しており、ネットゼロカーボンのニッケル・コバルト・鉄製品の製造を可能にするプロセスの開発を進めている。Canada Nickelは、投資家に政治リスクの低い法域でのニッケルとコバルトへのレバレッジを提供している。Canada Nickelは現在、資源豊富なティミンズ・コクラン採掘場の中心で、100%所有の旗艦事業クロフォード・ニッケル・コバルト・硫化物プロジェクトの探査を行っている。詳細はwww.canadanickel.com を参照。

▽問い合わせ先
Mark Selb, Chair and CEO
Phone: +1 647-256-1954,
Email: info@canadanickel.com

ソース:Canada Nickel Company Inc.

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ