プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社明治

チョコレートに関する調査結果

2021年1月8日

株式会社 明治

チョコレートに関する調査結果

 株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、「コロナの環境における菓子と健康観に関する調査」および「若年層における2021年のバレンタイン意識調査」を行いました。調査結果の概要をご報告します。

1.コロナの環境における菓子と健康観に関する調査
 2020年11月に、10~60代の男女600名を対象に、当社がコロナ禍における菓子と健康観について調査をしたところ、次の結果となりました。
(1)コロナでお菓子を食べる頻度が増え、2人に1人はおやつ時間を楽しんでいる
 ・コロナ前に比べ、4人に1人は「お菓子を食べる頻度」(26.7%)、5人に1人は「おやつの回数」(21.7%)が増加
 ・さらに、半数以上が「在宅時間が増え、家での食事やおやつ時間を楽しむようになった」(54.1%)と回答
(2)食べるおやつ第1位は「チョコレート」。3割が2日に1回以上チョコレートを食べている
 ・食べるおやつ1位「チョコレート・チョコレート菓子」(81.2%)、2位「スナック菓子」(58.8%)、3位「クッキー・ビスケット」(57.2%)
 ・チョコレートを食べる頻度は、「ほぼ毎日」14.5%、「週に4~5日」17.2%と3割が「2日に1回以上」チョコレートを食べている
(3)コロナで健康意識が高まった人が6割。健康意識が高まった人の4人に1人はチョコレート喫食頻度もup!
 ・自分への健康意識について、コロナ以前に比べて6割が「健康意識が高まった」(60.8%)と回答
 ・コロナで健康意識が高まった人の4人に1人が「チョコレートを食べる頻度が増えた」(26.3%)と回答
(4)コロナで健康意識が高まった人は、そうでない人に比べ、「高カカオチョコレート」を食べている
 ・コロナで健康意識が高まった人の4割は「高カカオチョコレート」(39.5%)を食べている
 ・高カカオチョコレートを食べる理由は、「体のことを気づかって」(47.8%)食べる人が最も多い

2.若年層における2021年のバレンタイン意識調査
 2020年9~11月に、10~20代の中高生を中心とした女性1261名を対象に、当社が2021年におけるバレンタインの意識調査をしたところ、次の結果となりました。コロナ禍においても、バレンタインは「手作り」でプレゼントする傾向は変わらないようです。
(1)楽しみ方、過ごし方
 「手作り」は18歳以下で底堅く、「おうちでパーティ」をしたいという新たなシーンが生まれそうな兆し
 ・「手作りでチョコレートやお菓子を作る」と75.7%が回答し、昨年の63.6%より増加
 ・年齢別では、12歳以下が82.5%、13~15歳が84.4%、16~18歳が79.0%と、18歳以下で底堅い
  「おうちでパーティ」をしたいという意向が、昨年の27.0%から今年は54.4%に倍増
(2)渡す相手
 「友達」だけでなく「家族」「恋人やパートナー」など大切な人に拡大
 ・今年渡す予定の人は前年渡した人と比較し、「友達」が74.7%から81.9%、「同居家族」が61.2%から70.7%、「恋人やパートナー」が37.4%から58.4%と、いずれも前年から増加 
(3)どのようにプレゼントするか?
 「手作り」は18歳以下で底堅く、中学生は「そのまま」「ラッピング」などTPOに合わせて柔軟に
 ・渡す予定のものは、「手作りのチョコレート」が75.0%でトップ
  年齢別では、12歳以下が81.0%、13~15歳が80.9%、16~18歳が77.7%と、18歳以下で底堅い
 ・「市販のお菓子をそのまま渡す」は43.5%で第3位。年齢別にすると、13~15歳が46.5%と牽引
 ・「市販のお菓子をラッピングして渡す」は41.7%で第4位。年齢別にすると、13~15歳が45.0%と牽引
(4)バレンタインに対する考え方
 コロナ禍で「手作り」を約3割が不安に思うが、過半数が「手作り」の予定。
 約85%はバレンタインを楽しいイベントと捉えており、手作りを楽しみたいと考えている。
 ・「新型コロナウイルスが心配なので手作りはしない」と29.2%が回答も、「新型コロナウイルスは心配だが、手作りのスイーツを作ると思う」が44.5%、「新型コロナウイルスを気にせず、手作りのスイーツを作る」が10.2%の回答
 ・バレンタインは、「とても楽しいイベント」(55.7%)、「楽しいイベント」(29.0%)と回答

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ