プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Caprion Biosciences Inc.

Caprion-HistoGeneXがバーチャル検体一元管理CROのClinical Logistics Inc.を買収し臨床試験検体物流サポートを拡大

AsiaNet 87500 (0055)

 
【モントリオール2021年1月7日PR Newswire=共同通信JBN】Arsenal Capital Partners(アーセナル・キャピタル・パートナーズ)が支援する世界有数の受託研究室サービスプロバイダー、Caprion-HistoGeneXは7日、カナダのハリファクスに拠点を置くバーチャル検体一元管理・開発業務受託機関(CRO)、Clinical Logistics Inc.(「CLI」)の買収を発表した。この買収により、Caprion-HistoGeneXは、検体物流サービスを拡大し、製薬、バイオテクノロジー顧客のグローバルな臨床試験ニーズをより適切にサポートできるようになる。安定性に制限がありかつリアルタイムの検査が必要、あるいはそのいずれかといった処理要件が複雑な重要特殊検体を専門とするCLIは、タイムリーに検体を引き渡すキッティングや検体物流サービスと組み合わせた、総合的でカスタマイズ可能なソリューションを提供する。

Logo –
https://mma.prnewswire.com/media/1396104/Caprion_Biosciences_Caprion_HistoGeneX_Logo.jpg

Logo –
https://mma.prnewswire.com/media/1396106/Caprion_Biosciences_Caprion_ClinicalLogistics_Logo1.jpg

CLIは2002年に設立され、50を超える国々で臨床試験をサポートしてきた。同社は、大手製薬会社、バイオテクノロジー企業、CROのいくつかから、卓越した品質と顧客サービスで高い評価を得てきた。CLIは、臨床試験施設から研究室まで重要サンプルを極めて丁寧に取り扱うという市場の満たされていないニーズに応え、特殊検体に焦点を絞った臨床試験物流の主要プレーヤーに位置付けられている。CLIのサービスには、薬物動態/薬物力学(PK/PD)および薬理ゲノミクス(PG)バイオマーカー向けの物流やキッティングも含まれている。CLIのRaymond Mah共同最高経営責任者(CEO)兼共同創業者は「Caprion-HistoGeneXの組織の一員になることを非常に喜んでいる。CLIはCaprion-HistoGeneXの幅広い機能と海外拠点を活用し、検体一元管理サービスを継続的に改善し、迅速にグローバル化することができるだろう」と語った。

最近、ISO 13485認証に推奨されたCLIは、カスタマイズされた検体採取キット、研究施設での発送支援、およびタイムリーな検体発送の調整・追跡を提供、研究施設からの特殊検体の高速回収、最適な検体保全、タイムリーな分析を実現している。CLIはバーチャル検体一元管理プラットフォームで、研究施設が、サードパーティーのテストラボ到着前の検体を一元保管施設に移す必要をなくした。CLIは、臨床試験中の一元化された連絡窓口として、検体取り扱いの一貫性を高め、検体追跡の不一致の負担を最小限に抑えている。

Caprion-HistoGeneXのMartin LeBlanc CEOは「Caprion-HistoGeneXは、検体物流・管理ソリューションを拡大し、エンドツーエンドサービスを強化し、採取から分析まで検体を確実に保全できるようになることを非常に喜んでいる。こうしたサービスは当社のグローバルな研究室ネットワークを通じて拡大され、世界中の臨床研究施設に包括的サポートを提供し、当社のクライアントが複雑な臨床業務で直面している、よくある日常的負担の軽減に役立つ」と語った。

▽Caprion-HistoGeneXについて
Caprion-HistoGeneXは、バイオ医薬品業界向けの大手特殊精密医療研究室サービスプロバイダーである。Caprion-HistoGeneXは、免疫学、組織病理学、プロテオミクス、ゲノミクスの統合分析プラットフォームを活用し、発見から後期臨床試験までの医薬品開発サイクル全体をサポートしている。同社は、カナダ、米国、ベルギー、オーストラリア、中国に8つの施設を置き、グローバルに事業展開している。詳細については、www.caprion.com およびwww.histogenex.com を参照。

▽Clinical Logistics Inc.について
Clinical Logistics Inc.(CLI)は、世界中の製薬、バイオテクノロジー企業に臨床試験サービスを提供している開発業務受託機関(CRO)である。サービスには、検体採取用品の提供、カスタマイズされた検体識別ラベルやキットの製造、検体発送の調整、管理、追跡が含まれる。詳細については、www.clinicallogistics.net を参照。

▽Arsenal Capital Partners(アーセナル・キャピタル・パートナーズ)について
Arsenalは、ミドルマーケットのヘルスケアおよび製造企業への投資を専門とする大手未公開株式投資会社である。Arsenalは2000年の設立以来、53億ドルの機関投資家向け株式投資ファンドを立ち上げ、200以上のプラットフォームおよびアドオン投資を完了、30以上の現金化を達成した。Arsenalは、同社が有意な予備知識と経験を有している産業部門に投資している。同社は経営陣と協力し、市場をリードし、成長性と付加価値の高い戦略的に重要な企業づくりを行っている。詳細については、www.arsenalcapital.com を参照。

ソース:Caprion Biosciences Inc.

▽メディア問い合わせ先
Caprion-HistoGeneX
Guylaine Galipeau
Global Marketing Director
Caprion-HistoGeneX
ggalipeau@caprion.com

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ