プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

HDMI Licensing Administrator, Inc.

HDMI(R) 2.1対応製品が続々登場多様な消費者ニーズに応える高度なエンターテインメント機能を提供

AsiaNet 87422

HDMI(R) 2.1対応製品が続々登場多様な消費者ニーズに応える高度なエンターテインメント機能を提供

超高速HDMI(R)ケーブルにより、エンドツーエンドのHDMI 2.1対応を実現

サンノゼ(カリフォルニア), 2021年1月6日 /PRNewswire/ — HDMI 2.1規格の発表から3年以上が経過した現在、4K@120Hz、8K@60Hz、ダイナミックHDR、eARCなどのHDMI 2.1機能は、主要製品に広く普及しています。現在、消費者が求めていることは、HDMI 2.1対応製品の発売時期に関してではなく、その新製品の購入に関する適切なアドバイスです。

写真 –  https://mma.prnewswire.com/media/1392506/HDMI_Japanese.jpg

ロゴ – https://mma.prnewswire.com/media/609706/HDMI_Logo.jpg

「HDMI 2.1対応の新製品が相次いで発売され、非常にうれしく思います」と、HDMI Licensing Administrator, Inc.(HDMI LA)のCEO兼社長を務めるRob Tobiasは語っています。「最新ゲーム機の発売により、消費者はコンソール、AVR、ケーブル、テレビ、モニターでスリリングなHDMI 2.1エンドツーエンド体験を楽しむことができるようになりました。2002年の発表以来、HDMI製品の出荷量は約100億アイテムに達し、HDMIテクノロジーはあらゆる家電製品をつなぐインターフェースであり続けています」

HDMI 2.1テクノロジーのゲーム拡張機能は、高度で比類のないゲーム体験を各家庭に提供しています。これらの機能には、可変リフレッシュレート(VRR)、自動低遅延モード(ALLM)、およびクイックフレームトランスポート(QFT)が含まれます。また、HDMI 2.1は新しい4K/8Kディスプレイ、HDR/eARCイマーシブオーディオと組み合わせると、最高のホームエンターテインメントをもたらしてくれます。HDMI 2.1の新しい固定レートリンク(FRL)モードは、ケーブルを介してより一層堅牢なビデオ配信を実現します。このビデオ配信は、リンクトレーニングプロトコルと統合し、必要に応じてリンクレートを適応させる、堅牢な前方誤り訂正方式を使用しています。

またもHDMI Forumに大きな成果をもたらした1年

「HDMI Forumにとって、2020年はHDMI 2.1規格のリリース後も休むことはなく、かつてないほど多忙を極めた1年でした」と、HDMI Forumの議長を務めるAdvanced Micro Devices, Inc.のDavid Glen氏は語っています。「超高速HDMIケーブル認証プログラム(UHSプログラム)を発表しました。現在、これらのUHSケーブルは市場で入手可能であり、HDMI 2.1の48Gbps性能を最大限に発揮します。また、アクティブケーブルに関するコンプライアンステスト規格もリリースしました。これにより、エンドユーザーはまもなく、長距離設置に対応したアクティブ光ケーブルを購入できるようになります。これは、HDMI 2.1エコシステムの完成に重要なステップとなります」将来については、「2020年にリリースされた素晴らしい各製品に加えて、2021年にはより多くの新製品がHDMI 2.1の拡張機能に対応することを期待しています」と付け加えました。

必須のUHSプログラムにより、高品質の超高速HDMI(R)ケーブルが市場に届き、かつ4K/8Kビデオ、HDR、VRR、eARC、およびその他すべてのHDMI 2.1機能に対応することができます。また、各パッケージには、超高速HDMI認証ラベルが貼付されるため、消費者は製品の認証状況を把握することができます。ケーブル認証を取得するには、48G信号性能の厳格なテスト要件に合格し、Wi-Fi、Bluetooth、その他の無線周波数への干渉を最小限に抑えるために、最新のEMIテストにも合格する必要があります。

HDMI Forumは、HDMIケーブル給電も推進しています。この機能により、別途電源ケーブルを用いることなく、アクティブHDMIケーブルにHDMIコネクターから直接給電できるようになりました。これにより、アクティブHDMIケーブルの接続と利用がパッシブ有線HDMIケーブルと同様に簡便化されます。

4Kコンテンツ配信の拡大とともに、プレミアム高速HDMIケーブルの出荷量が増加

これは、4Kコンテンツの爆発的な増加に伴い、4Kケーブル、衛星、IPTVセットトップボックスなどとテレビの接続に利用され、消費者のみならず企業にとっても不可欠なケーブルです。このケーブルは屋内設置で世界的に指定されており、サービスプロバイダーが使用します。また、パッケージにはコンプライアンスの追加検証と偽造防止のために、プレミアムHDMIケーブル認証ラベルを貼付する必要があります。このケーブル認証プログラムもHDMI LAが管理しています。

HDMI LAが偽造品の国際規制を強化

HDMI LAでは、許諾適合製品のみを市場に届けるために、国際的な法執行機関、関税当局、国境警備当局などと協力して、eコマースサイトやソーシャルメディアにおいて工場摘発、製品押収、偽造製品の登録削除を実施しています。これにより、許諾済みのHDMIアダプターのみが流通し、認定再販業者に利益がもたらされるとともに、エンドユーザーは正規品を購入することで、シームレスなプラグアンドプレイを体験することができます。

CES 2021でのHDMI LA

HDMI LAは「オールデジタルCES 2021」に参加し、コンテンツのほか、David GlenとRob TobiasによるWebキャストをホストして、市場におけるHDMIテクノロジーとHDMI 2.1の状況について、最新情報を詳細に提供する予定です。

HDMI Forum, Inc.について
HDMI Forum, Inc.は非営利の共益団体であり、家庭電化製品、PC、モバイル端末、ケーブル、コンポーネントの世界有数のメーカーで構成されています。オープントレードアソシエーションであるHDMI Forumの使命は、業界のより多くの企業がHDMI規格の将来のバージョンの開発に携わるよう促し、HDMI対応製品の互換性とエコシステムをさらに拡大することです。HDMI Forumまたはメンバー登録の詳細についてはwww.hdmiforum.orgをご覧ください。

HDMI Licensing Administrator, Inc.について
HDMI Licensing Administrator, Inc.(HDMI LA)は、HDMI 2.1規格のライセンス供与を行うためにHDMI Forumが指定した代理業者であり、また旧バージョンのHDMI規格のライセンス供与を行うためにHDMIファウンダーズが指定した代理業者です。HDMI LAは、マーケティング、プロモーション、ライセンス供与、管理サービスを提供しています。詳細についてはwww.hdmi.orgをご覧ください。

メディアおよび再販業者向けプレゼンテーションやグラフィックファイルは、ダウンロードしてご利用いただけます:www.hdmi.org/press/pressresources

HDMI、HDMI High-Definition Multimedia Interface、Ultra High Speed HDMI、Ultra High Speed HDMI Cable Certification Program、Ultra High Speed HDMI Certificationラベル、Premium High Speed HDMI Cable、Ultra High Speed HDMI Cableのロゴ、およびHDMIのロゴは、HDMI Licensing Administrator, Inc.の商標または登録商標です。

SOURCE HDMI Licensing Administrator, Inc.

本件に関するお問い合わせ先: HDMI LA 広報担当[担当:神谷], Tel:03-5269-1038, E-mail:HDMI@jspin.co.jp; Brad Bramy, HDMI Licensing Administrator, Inc., bbramy@hdmi.org

 
(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ