プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ヘンリー&パートナーズ

アジア太平洋地域は2021年のヘンリーパスポート指数でパンデミックからの最初の脱却を目指します

AsiaNet 87439

アジア太平洋地域は2021年のヘンリーパスポート指数でパンデミックからの最初の脱却を目指します

2021年1月5日、ロンドン/PRNewswire/ — 最新の結果が発表されました。 ヘンリーパスポート指数 (https://www.henleypassportindex.com/passport )— 世界中のパスポートを、事前のビザなしで訪問できる目的地の数に応じてランキング化したもので、Covid-19のパンデミックによって変化した世界における旅行の自由な将来について、魅力的な分析を提供しています。

一時的な制限を考慮することなく、日本は引き続きナンバーワンの座を維持しており、日本のパスポートをお持ちであれば、191の目的地にビザなしで訪問することができます。日本が3年連続で首位をキープしています。アジア太平洋地域(APAC)の独占状態は、(国際航空運送協会 (IATA) (https://www.iata.org/ )データに基づくと)しっかりと出来上がっているようです。シンガポールは2位で、190の目的地にアクセスでき、韓国はドイツと並んでビザなし/到着時ビザスコア189で3位に位置しています。上位10位には、ニュージーランドが185都市でビザなしで訪問できる7位に、オーストラリアが184都市でアクセスできる8位にランクインしています。

この16年間、この指数の歴史の中で、トップは伝統的にEU諸国、イギリス、アメリカが占めてきましたが、専門家は、パンデミックの回復プロセスを開始した最初の国を含むAPAC地域の強さの位置は今後も続くと示唆しています。

クリスチャン・H・カエリン博士https://www.henleyglobal.com/key-people-details/christian-h-kalin/ヘンリー&パートナーズhttps://www.henleyglobal.com/ )代表取締役会長は、パスポート指数のコンセプトを発明しました。博士はアメリカとイギリスがウイルスに関連した重要な課題にまだ直面しているため、パワーバランスが変化していると述べています。 「過去7年間で、アメリカのパスポートは1位から7位に転落し、現在はイギリスと同じ位置にあります。パンデミックに関連した旅行規制のため、両国からの旅行者は現在105カ国以上からの大きな制限に直面しています。アメリカのパスポート所持者は75の目的地への旅行が可能であるのに対し、イギリスのパスポート所持者は現在70の目的地への訪問が可能です。」

ちょうど1ヶ月以上前に最初のCovid-19ワクチンが承認されました。これにより、航空業界の専門家は、航空旅行前の予防接種の義務化が近いうちに必要になるかもしれないと考えています。2021年第1四半期に発売予定の、グローバルモビリティの回復に貢献する技術革新とは IATAのトラベルパスの取り組み (https://www.iata.org/en/programs/passenger/travel-pass/ )— 行者がCovid-19検査やワクチンの検証済み証明書を保存・管理できるようにするモバイルアプリケーションです。

専門家は、将来的なグローバルモビリティの観点から、パンデミック前のパターンに戻ることは期待できないと示唆しています。パラッグ・カーンナ博士https://www.paragkhanna.com/ )、FutureMapの創設者は、もはや国籍だけでは安全な通行を保証することはできないと述べています。「まだ強力なパスポートであっても、相対的に摩擦のない移動性を再獲得するためには、追加のプロトコルが必要になるでしょう。今日の若者は、社会的意識が高く、環境に配慮し、国粋主義的ではありませんが、人類史上最も機動的な世代となる可能性を秘めています。若者たちは、移動性における決定的な変化、すべての国そのものから、すべての人それぞれへ、を告げるものです。」

さらなる重要な観察と専門家の分析は、本日、 ヘンリー&パートナーズhttps://www.paragkhanna.com/ )が発表した2021年第1四半期世界のモビリティレポートhttps://globalmobilityreport.com/ )に掲載されています。これには、Deep Knowledge Grouphttps://www.dkv.global/ )による新しい研究が含まれており、Covid-19のリスクと安全性評価https://www.dkv.global/covid-safety-assessment-250-regions )、250の国と地域の経済、社会、健康の安定性、最新のヘンリーパスポート指数https://www.henleypassportindex.com/passport )の結果からデータを重ね合わせています。ここで明らかになったのは、先進国と発展途上国を問わず、旅行の自由は、社会的自由の欠如や経済発展の遅れだけではなく、リスク管理、健康への備え、監視と発見の失敗の結果でもあるということです。言い換えれば、グローバルな移動不能性は、もはや発展途上の国々の市民のみに与えられた苦境ではありません。

おそらく理解できるでしょうが、2020年に締結された注目度の高いビザ協定の数は比較的少ないものでした。特筆すべき例外は、UAEであり、ヘンリーパスポート指数https://www.henleypassportindex.com/ )上で顕著な上昇軌道をたどっています。イスラエルとの正式な関係を確立し、各国の国民にビザなしでの訪問を認めるという画期的な協定を米国の仲介で締結しました。UAEは現在、ビザなし/ビザあり訪問のスコアが173となり、ランキング16位をキープしています。2006年には62位にランクインしており、ビザなし/ビザあり訪問のスコアはわずか35であったのですが、それと比較すると驚くべき上昇です。

ヘンリー&パートナーズのCEO ユルグ・ステッフェン博士https://www.henleyglobal.com/key-people-details/dr-juerg-steffen/ )は、Covid-19によって駆動された貧弱性は、投資移行に関する高まる魅力を過剰に押し上げていると述べています。「2020年に起きた未曾有の出来事は、政治や経済の不安定さなどの加速要因を同時に悪化させ、停滞要因を再び優先させ、安定性、安全性、質の高い教育や医療へのアクセスがこれまで以上に大きな関心事となっています。選択できる市民権や居住権が、現在では、高まる世界の流動性を通じて貧弱性を避け、長期的な価値を創造しようとする国際的な家族や起業家にとって、標準的な検討事項となっています。」

メディア連絡先
Sarah Nicklin
sarah.nicklin@henleyglobal.com 

(日本語リリース:クライアント提供)

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ