プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

TCL

TCLがCES 2021で新世代Mini-LEDと将来のディスプレーテクノロジーを紹介

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202101059363-O1-18eXG545

AsiaNet 87455 (0028)

 
【香港2021年1月5日PR Newswire=共同通信JBN】
*#ExperienceMoreのテーマの下、TCLは最新のディスプレーの進歩と際立ったマルチカテゴリーサービスのAI x IoTライフスタイルを展示

世界のテレビ産業の支配的プレーヤーの1社で有力家電製品会社のTCL Electronics(1070.HK)はCES 2021で、革新的な次世代Mini-LEDテクノロジーを通して生活をインテリジェントにするという同社の使命を達成する興奮に満ちた発表を行い、これまでで最も確固たる決意で今年をスタートする。

Photo: https://mma.prnewswire.com/media/1394078/CES2021_Teaser.jpg

TCL Industrial HoldingsとTCL ElectronicsのKevin Wang最高経営責任者(CEO)は「この活発な業界の一員であるTCLは、CES 2021に参加することを誇りに思う。世界をリードする家電製品ブランドの1つ、そして米国第2位の規模のテレビブランドとして、当社のAI x IoT戦略の革新的テクノロジーで生活をインテリジェントにすることがわれわれの使命だ。今後も当社は世界のユーザーに最高のスマート製品とサービスを提供することに尽力する」と述べた。

今年のイベントはこれまでで初となる「デジタルCES」で、2020年に世界を襲った試練にもかかわらず、われわれ全てがとどまることなく前進するレジリエンスと世界の結束を実証する。

TCLはグローバルプレス発表(Global Press Announcement)などCES 2021の多数のセッションに参加し、ユーザーが「Experience More(もっと体験を)」するよう、ディスプレーの真新しいテクノロジーと共にスマート家電の全ラインアップを紹介し、共有する。

TCLは現在実行しているAI x IoT戦略が主導するMini-LEDとQLED TV、受賞歴のあるサウンドバー、スマート家電、好評なモバイルデバイスで最もよく知られており、同社はこれからも改善を重ね、ディスプレーとオーディオ技術の可能性の限界を広げ続ける。

TCLは1月11日、CES 2021のグローバルプレス発表でMini-LEDと将来のディスプレーテクノロジーにおける待望のイノベーションを紹介する。これにはメディアと家電産業の両方からの注目と関心が集まると予想されている。

CES 2021におけるTCLの参加の詳細は以下の通り:
*全セッションはhttps://www.tcl.com/ces2021.html で告知する予定。

*時間と日付は米東部標準時(協定世界時 -5時間)

*グローバルプレス発表(Global Press Announcement)
時間:午前11時-11時30分
日付:2021年1月11日

*北米製品スポットライト(North American Product Spotlight)
時間:午後1時-1時30分
日付:2021年1月12日

*グローバル製品スポットライト(Global Product Spotlight)
時間:午前7時30分-8時
日付:2021年1月13日

▽TCL Electronicsについて
TCL Electronics(1070.HK)は急成長している家電製品会社であり、世界のテレビ産業の中心的プレーヤーである。1981年創業の同社は、世界の160以上の市場で事業展開している。OMDIAによると、TCLは2020年第2四半期、TCLブランドで世界テレビ市場シェアの第2位だった。TCLはTV、オーディオ、スマート家電に及ぶ家電製品の研究、開発、製造を専門としている。

ソース:TCL

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=381386
(写真説明:#ExperienceMoreのテーマの下、TCLは最新のディスプレーの進歩と際立ったマルチカテゴリーサービスのAI x IoTライフスタイルを展示)

TCLは最新のディスプレーの進歩と際立ったマルチカテゴリーサービスのAI x IoTライフスタイルを展示
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ