プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大正製薬株式会社

「リポビタンD バレンタイン限定ボトル」数量・期間限定発売

いつも頑張っている方への応援や感謝のバレンタインに

 2021年1月5日

いつも頑張っている方への応援や感謝のバレンタインに

「リポビタンD バレンタイン限定ボトル」数量・期間限定発売

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012299254-O3-qpe26XAg

 

大正製薬株式会社[本社:東京都豊島区 社長:上原 茂]は、リポビタンDのバレンタイン限定品として、「リポビタンD バレンタイン限定ボトル」を、1月5日から、大正製薬ダイレクト、および大正製薬ダイレクト楽天市場店、大正製薬ダイレクトPayPayモール店にて数量・期間限定で販売いたします。

 

 毎年ご好評をいただいているリポビタンDのバレンタイン限定ボトルですが、今年は“SNS映え”も意識した、華やかなワインレッドとネイビーの二色のボトルラベルとしました。若年層の方だけでなく、大人の方にもお求めやすく、華やかな中にもシックな装いで、バレンタインらしさをさりげなく演出するデザインにしました。

 

ボトル10本入りのボックスも同様に、表裏で2つ並べるとハートがつながるデザインとなっています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012299254-O4-btUK13JQ

いつも頑張っている方やお世話になっている方などに、元気を届ける感謝のバレンタインとしてぜひご活用ください。

 

 

また、2月8日~2月14日の間、「リポビタンD バレンタイン限定ボトル」の発売を記念して、リポビタンポイントチャージステーションに登録して頂いた方に向け、プレゼントキャンペーンを行います。

詳 細は以下のURLをご参照ください。 

https://lipovitan-point.com/?page=c_info_campaign_20210214_iw

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012299254-O5-e7XBTIU5

 

◇製品特長

・ワインレッドとネイビーの二色のボトルラベル

・華やかな中にもシックな装いで、バレンタインらしさをさり気なく演出するデザイン

・2つ並べるとハートがつながる10本入りのボックス

 

◇製品概要

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104206/202012299254/_prw_PT1fl_WO795K44.png

 ※2色のボトルは、10本箱にランダムに入っており、均等に入っているとは限りません。

 

◇購入方法

○「大正製薬ダイレクト」(2021年1月5日午前10時より、販売開始)

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104206/202012299254/_prw_PT3fl_d2RoKWnu.png

 

○「大正製薬ダイレクト楽天市場店、大正製薬ダイレクトPayPayモール店」
(2021年1月5日より、販売開始)

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104206/202012299254/_prw_PT5fl_jdq2A58S.png

◇生活者の方からの製品に関するお問い合わせ

大正製薬お客様119番室  TEL:03-3985-1800

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012299254-O6-8w4K1Vda

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ