プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

Michter's Distillery

Michter’sがWillie Pratt名誉マスターディスティラー死去を悼む

AsiaNet 87421(0008)

【ルイビル(米ケンタッキー州)2020年12月29日PR Newswire=共同通信JBN】Michter’s(ミクターズ)は深い悲しみとともに、Willie Pratt名誉マスターディスティラー(蒸留責任者)が28日に死去したことを発表する。

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1392465/Michters_Distillery___Willie.jpg
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1392464/Michters_Distillery___Willie_Smiling.jpg
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1392463/Michters_Distillery___Willie_1st_Barrel.jpg
Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1392466/Michters_Distillery___Willie_Pratt.jpg
Logo – https://mma.prnewswire.com/media/4586/michter_s_distillery__llc_logo_4734_21071_.jpg

Willie Pratt氏は1942年、ケンタッキー州東部のハザードに学校教師の母と炭鉱夫の父の子として生まれ、就職のため20歳でルイビルに出て大手蒸留酒メーカーBrown-Forman(ブラウンフォーマン)に入社、同社が学費を負担してルイビル大学夜間部に学び、学位を取得した。Brown-Formanで40年余にわたり多くの職務に就き、蒸留、樽管理、熟成状況を検討する委員会でも数年間働いた。

65歳でBrown-Formanを退職したが、バーボン事業への愛着から仕事に戻った。Pratt氏は2007年、Michter’sにマスターディスティラーとして入社した。当初はMichter’sが自社生産施設を持てるまで他社蒸留所でMichter’s生産プログラムを差配した。その後、最新技術のMichter’sシブリー蒸留所の設計と建設を統括した。Pratt氏は勤務時間の短縮を決意した際、マスターディスティラーの職務をPam Heilmann氏に引き継ぎ、さらにDan McKee氏がHeilmann氏から受け継いだ。Pratt氏は同社の名誉マスターディスティラーとして働き続け、Michter’sの生産に死去するまで積極的に関与していた。

Pratt氏は2017年、Whisky Magazineのウイスキーの殿堂入りした。Michter’sのJoseph J. Magliocco社長は「Pratt氏とともに働き、彼を友人とするのは大変恵まれていた。問題が重大なときは、彼の指導力が輝くのだった。彼は強さと勇気の模範だった」と語った。品質にこだわり続け、Pratt氏はたとえウイスキーがラベルの年数表示を大きく上回っていたとしても、ふさわしいと見なすまで瓶詰め開始を拒否してMichter’sの販売担当者らから親しみを込めて「ドクターノー」と呼ばれた。

Pratt氏が作り上げるのを手伝ったMichter’sのチームに同氏は尊敬され、愛された。Michter’sのDan McKeeマスターディスティラーは「今にして、業界の偉人の1人に教わることができてどんなに幸運だったか気付いている。Pratt氏と蒸留所の側でウイスキー作りについて立ち話し、彼の昔話を聞けなくて寂しくなるだろう」と述べた。Michter’sのAndrea Wilsonマスターオブマチュレーション(熟成責任者)は「この業界で50年を超える経験があり、隅々まで心血を注いだ人と話し、聞く機会はそんなにはない。バーボン作りはPratt氏にとって仕事ではなく、本当の楽しみだった」と語った。Michter’sのPam Heilmann名誉マスターディスティラーは「Pratt氏と働くのは喜びであり、一生に一度の機会だった。一緒にいた間に、彼の知恵と指導のおかげで私の学習は高まり、知識は発展した」と述べた。

Pratt氏の趣味はフロリダでの釣り、オートバイ、4人乗りチェロキーでの飛行などだった。遺族は最愛のPatsy夫人、子ども、孫、ひ孫と犬のSophie。

▽問い合わせ先
Joseph J. Magliocco
+1 502-774-2300 x580
jmagliocco@michters.com

ソース: Michter’s Distillery

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ