プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社WindyLab

バーチャルリアリティーを使ったリハビリゲーム

リハビリにゲーム要素を取り入れ、リハビリそのものを楽しく行おうという取り組みです

リハビリは飽きや苦痛を伴うものですが、リハビリにゲーム要素を取り入れ、楽しみながらリハビリを行うことで、機能回復を図ることを目的とします。
特に、コロナ禍の中、快復にはリハビリは必要不可欠ですが、感染防止の観点から、患者に接触しないでリハビリが行えないか要望されています。また、リハビリ患者が増えるペースに比べ、セラピストは不足していてその隔たりを埋めるゲーム機器が要望されています。さらに、リハビリゲームは患者に応じて個々にプログラムを提供することができ、データは保存出来るのでリハビリの進捗状況に応じて柔軟な対応が可能となります。ゲームにこのような仕組みが求められています。
VRゴールキーパーは、ゴールキーパーが素手でボールを止めて、止めた数を競います。ボールを正確に認識して、止めることで、動体視力の素早い反応の向上につながり、動かした手の位置の分布から有効視野の範囲がわかります。その結果、視覚を鍛え、転倒を防止し、バランス能力等の身体機能を高めます。
ゲームに必要なのはゴーグルのみで、簡単に準備でき、座って行うので転倒などの危険がなく安全に使用できます。また、コントローラーを使わないハンドトラッキング操作のVRのシステムです。セラピストがいなくても自宅で家族と自主練習もできます。ゴーグル内の様子は、スマホで見ることができるので、離れた場所でも状況確認ができます。
 価格は、ゴーグル1台、50,000円(この中にゲームソフトを入れます。送料別)、月500円/1台で使用できます。老人保健施設、通所系デイケア、デイサービス等リハビリに重点を置いている施設や健康に年を取りたいという世代への「VRフィットネス」への提供も考えています。
 VRゴールキーパーは、公益財団法人テクノエイド協会福祉用具に登録されました(TAISコード 02004-000001)

VRゴールキーパー
手の動き軌跡データ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ