プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

レッドヒル・バイオファーマ社(RedHill Biopharma Ltd. )

レッドヒル・バイオファーマ社 コロナウイルス(COVID-19) へのOpaganib の第2相試験にて高水準の安全性および有効性データを発表

AsiaNet 87444

レッドヒル・バイオファーマ社 コロナウイルス(COVID-19) へのOpaganib の第2相試験にて高水準の安全性および有効性データを発表

アメリカで行われた入院患者40例を対象とした第2相試験の予備データによると、経口投与された Opaganib の安全性が確認され、Opaganib 群と対照群との間に安全性の大きな差は認められなかった

Opaganib 投与群の主要および副次的な効果の帰結については、世界保健機関 (WHO) の基準で定義された臨床的改善度と相関して、投与14日目の終了時点までに必要な酸素量の低下における改善傾向が一貫して認められた

Opaganib 投与群では、14日以内に室内気に大きな改善 (52.6%対22.2%)が確認され、14日までに酸素投与への減量が50%まで大きく改善 (89.5%対66.7%) され、14日目までに退院した患者の割合 (73.7%対55.6%) が高く、14日間に必要な総酸素量 (AUC) の中央値に大きな低下(68.0%対46.7%) が認められた

世界規模で実施された第2/3相COVID-19試験では、2021年の第1四半期に入院患者270人を対象に試験が実施予定であり、効果安全性評価委員会による中間解析は今後数週間のうちに実施される予定だ

Opaganib はウイルスの複製に関わるヒト細胞成分をターゲットとしており、ウイルス変異への耐性を最小限に抑える可能性のある薬品である

TEL AVIV(イスラエル)、RALEIGH(N.C.)2021年1月4日/PRNewswire/ — レッドヒル・バイオファーマ社https://www.redhillbio.com/RedHill/ ) (ナスダック市場: RDHL) (「レッドヒル」または「企業」)は、バイオ医薬品を専門とした企業である。企業は今日、アメリカにて実施されたコロナウイルス感染症で入院した患者を対象に経口投与製剤、Opaganib (Yeliva(R)、ABC 294640) [1] を用いた第2相試験の予備的かつ高水準のデータから、安全性および有効性が確認されたことを発表した。

Opaganib を用いた第2相、無作為化、二重盲検、プラセボ対照試験 (NCT04414618) では、酸素投与が必要な患者が40例が登録されている。 本研究では統計的有意性はなく、安全性を評価し、活動の予備的な兆候を同定することを目的とした研究である。 本試験の患者は、標準治療 (SoC) に加えて Opaganib 群またはプラセボ群を1:1の割合で無作為化し、治療開始後最大42日間追跡された。

– 本試験の最上位の結果から、Opaganib は安全であり、Opaganib 投与群とプラセボ投与群との間に安全性の大きな差は認められなかった。 試験全体を通して、重篤な有害事象 (以下、 「SAE」 ) の発生は、プラセボ群と比較して少ない結果となった。 小規模のサンプルでは、挿管または死亡の事例はほとんどなく、2つの群の間でバランスがとれていた。

– Opaganib 投与群の主要および副次的な効果の帰結については、世界保健機関 (WHO) の基準で定義された臨床的改善度と相関して、投与14日目の終了時点までに必要な酸素量の低下における改善傾向が一貫して認められた:

・Opaganib 投与群では、14日以内に室内気に大きな改善 (52.6%対22.2%)が確認された。
・14日までに酸素投与への減量が50%まで大きく改善 (89.5%対66.7%) された。
・14日目までに退院した患者の割合 (73.7%対55.6%) が高くなっていた。
・14日間に必要な総酸素量 (AUC) の中央値に大きな低下(68.0%対46.7%) が認められた。

ウイルスおよび炎症性バイオマーカー分析、ベースラインのリスク因子およびSoCバックグラウンド治療の層別化を含むデータの完全な分析は,今後数週間で予想されている。 企業は、可能であれば査読を対象にデータを提供している。

「第2相試験では、Opaganib の安全性が確認でき、コロナウイルス患者や酸素投与が必要な患者を治療する際に有望な活動の指標が示され、有望な結果が得られたことを嬉しく思う。 これらの予備的結果によって、重度のコロナウイルス感染症において進行中の世界的な第2/3相試験をサポートしている、試験は2021年の第1四半期に終了する予定である。 当社は、世界的な緊急使用申請をサポートする強固なデータセットの作成に向けて引き続き努力している」 とレッドヒルの医学部長 マーク L. レヴィット医学博士は述べた。

レッドヒルの最高執行責任者であるギリード・ラディ氏は次のように付け加えた。 「Opaganib には、抗炎症作用と抗ウイルス作用の両方を持つ独自の二重作用機序があり、COVID-19の発生原因と作用の両方に機能する。 Opaganib は、ウイルス自体ではなくウイルス複製に関与するヒト細胞成分であるスフィンゴシンキナーゼ-2を標的とする薬品である。 世界中で新たなコロナウイルスの変異が出現している証拠の増加によって、治療に対するウイルス耐性のリスクを潜在的に最小化する独自の機構の重要性を強調している。 なお、現時点で実施中の本製剤の第2/3相試験では、初期的な最上位のデータから患者の改善傾向が示されており、本剤の作用をより深く理解することが可能となっている。」

重篤なコロナウイルス感染症に対する本製剤の有効性は、現在進行中の国際共同第2/3相試験でさらに検討されており、2021年の第一四半期に最高データが報告される予定である。 本試験 (NCT04467840) では、数カ国、約30の臨床施設で実施されており、最大270人の患者を登録する予定だ。 本研究では、独立機関のデータ安全性モニタリング委員会 (DSMB) による安全性データの盲検解除された二つのレビューを受けており、研究を継続することが全会一致で勧告されている。 主要な評価項目に到達した最初の135例のデータを評価して、DSMBの中間解析が数週間以内に実施される予定である。

アメリカで実施されたコロナウイルス感染症の入院患者を対象とした Opaganib の第2相試験の主要な結果は予備的なものであり、最初の独立した分析の後に独立した第三者によって会社に提供され、引き続き追加のレビューと分析の対象となる。このようなレビューと分析は、本リリースで開示された結果と矛盾する結果をもたらす可能性があり、今後の研究で再現されない可能性がある。

Opaganib について (ABC294640, Yeliva(R))

新しい化学物質、Opaganib では、ウイルス複製の宿主細胞成分を標的とし、潜在的にウイルス耐性の可能性を最小化する二重の抗炎症および抗ウイルス活性を示す、独自の第一級の経口投与スフィンゴシンキナーゼ–2 (SK 2) 選択的阻害剤である。また、本製剤は抗がん活性を示し、複数の腫瘍学、ウイルス、炎症、および胃腸適応を標的とする可能性がある。

Opaganib は、現在、胆管癌の治療薬として米国FDAからOrphan Drugの指定を受けており、進行胆管癌、前立腺癌を対象とした第2相試験で評価されている。 Opaganib はコロナウイルス感染症の治療薬としても世界的な第2/3相試験で評価されており、米国の第2相試験で得られた予備的な最上位データでは、安全性および有効性に関して陽性が示されている。

前臨床データは,肺炎のような炎症性肺疾患を改善し,肺線維症損傷を軽減する可能性のある、Opaganib の抗炎症および抗ウイルス活性の両方を示している。本薬は、COVID-19を引き起こすウイルスであるSARS-CoV-2に対して強力な抗ウイルス活性を示し、ヒト肺気管支組織のin vitroモデルにおいてウイルス複製を完全に阻害する効果を示した。加えて,前臨床in vivo研究 [2] は,オパガニブがインフルエンザウイルス感染による死亡率を低下させ,気管支肺胞洗浄液中のIL–6とTNF–αのレベルを低下させることにより, 緑膿菌が誘導する肺損傷を改善することを示した。

Opaganib は、アメリカのApogee Biotechnology Corp.によって開発され、腫瘍学、炎症、消化管および放射線防護モデルにおける複数の成功した前臨床試験、ならびに進行固形癌患者を対象とした第1相臨床試験および多発性骨髄腫を対象とした追加の第1相試験を完了した。

Apogee Biotechnology Corp. においてOpaganib の開発は、NCI、BARDA、米国国防総省、FDA Office of Orphan Products Developmentなどの米国連邦政府および州政府機関からの補助金および契約による支援を受けている。

現在進行中の Opaganib の試験は、米国国立衛生研究所のウェブベースのサービスであるwww.ClinicalTrials.gov,に登録されており、公的および私的に支援された臨床試験に関する情報を一般に公開している。

レッドヒル・バイオファーマ社について

レッドヒル・バイオファーマ社(ナスダック市場:RDHL) (「レッドヒル」または「企業」)は、バイオ医薬品を専門とした企業である。RedHillは胃腸薬、Movantik(R)は非癌性疼痛の成人におけるオピオイド誘発性便秘 [3] 、Talicia(R)は成人におけるHelicobacter pylori (ピロリ菌)感染の治療 [4] 、Aemcolo(R) は成人における旅行者下痢の治療[5]をプロモーションしている。レッドヒルの主要な後期臨床開発プログラムは次のとおりである。(i) RHB-204:肺の非結核性抗酸菌 (NTM) 感染症を対象とした第3相試験が進行中; (ii) opaganib (Yeliva(R)): COVID-19を対象とした第2/3相試験、前立腺癌及び胆管癌を対象とした第2相試験が実施中の複数の適応症を標的としたファースト・イン・クラスSK 2選択的阻害薬; (iii) クローン病を対象とした第III相試験で陽性であったRHB-104 (iv)RHB-102 (Bekinda(R)): 急性胃腸炎及び胃炎に関する第3相試験で陽性、IBS-Dに関する第2相試験で陽性; (v) RHB-107、癌および炎症性胃腸疾患を標的とする第2相第一級セリンプロテアーゼ阻害剤, COVID-19および (vi) カプセル化腸製剤RHB-106についても現在評価中である。企業についてはwww.redhillbio.comをご覧ください。

注意:本プレスリリースは、便宜上、当社が英語で発行する公式プレスリリースを翻訳したものです。将来の見通しに関する免責事項を含む、英語の完全なプレスリリースについては、以下をご覧ください。https://ir.redhillbio.com/press-releases

ロゴ画像 – https://mma.prnewswire.com/media/1334141/RedHill_Biopharma_Logo.jpg

 
企業への問い合わせ:
アディー・フリッシュ
事業開発本部長
レッドヒル・バイオファーマ社
+972-54-6543-112
adi@redhillbio.com

メディアへの問い合わせ(アメリカ):
ブライアン・ギッブズ
副部長
Finn Partners
+1-212-529-2236
bryan.gibbs@finnpartners.com

 
1.本剤は治験薬であり、市販されていない製品である。

2.Xia C. et al.スフィンゴシンキナーゼの一過性阻害はインフルエンザAウイルス感染マウスに保護を与えている。Antiviral Res.2018年10月; 158:171-177.Ebenezer DL et al.緑膿菌は肺炎症性損傷の核スフィンゴシン–1–リン酸生成とエピジェネティック調節を刺激する。Thorax.2019年6月;74(6):579-591.

3. Movantik(R) (naloxegol) の規定情報は www.Movantik.comをご覧ください。

4.Talicia(R) (オメプラゾールマグネシウム、アモキシシリン、リファブチン) の規定情報についてはwww.Talicia.comをご覧ください。

5.Aemcolo(R)に (rifamycin) の規定情報はwww.Aemcolo.comをご覧ください。

 
(日本語リリース:クライアント提供)  

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ