プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

非営利型一般社団法人眞玉橋ノブ研究所

おきなわ看護のこころ、その原点をみつめて

すくぶん-南の島のナイチンゲール眞玉橋ノブ物語

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012309265-O1-zDkZY2fU

”すくぶん”とは、沖縄に古くからある言葉で、役割や使命のことを意味し、人は誰でも生まれた時から”すくぶん”を持って生きていると言われています。
この絵本は、沖縄戦を経験し、戦後ゼロからの復興と看護の再建に尽くしたひとりの看護婦 眞玉橋ノブの生涯を描いた作品です。
大戦の末期、あの‘ひめゆり’の少女たちを率いて激しい地上戦を最後まで戦い、戦後復興の道のりにおいては、類まれな博愛と献身の精神で沖縄の復興と近代看護の確立に生涯の全てを捧げました。
1985年看護の世界的栄誉「フローレンス・ナイチンゲール記章」を沖縄県出身の看護婦として初めて受賞。

日本の長い歴史に埋もれてしまった眞玉橋ノブの足跡を次の世代へと伝えることが私たちのすくぶん。

この作品との出逢いを通じて、今の時代を生きる一人ひとりが生まれながらに持つ「すくぶん」つまり人生の「使命」を見つめ直す機会となれば幸いです。ぜひご覧ください。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012309265-O2-n5aK15ru

 
「すくぶん」-南の島のナイチンゲール眞玉橋ノブ物語-
 
電子書籍版(無料)
https://mothernurse.jp/book/

作品のお買い求めは、こちらから 
https://mothernurse.thebase.in/

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012309265-O4-wh3P33x8

 

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012309265-O3-03a9iE9A

戴帽式の様子
絵本「すくぶん」表紙
研究所ロゴマーク
絵本見開き「南部撤退シーン」
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ