プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

合同会社SHAFL

「大和魂ビジネスコンテスト」開催とエントリー開始のお知らせ

世界が大きく変化するこの時に、大和魂を以って社会貢献する起業・事業者を応援します。

2020年12月28日(月)
合同会社SHAFL(代表:福山百代 東京都世田谷区)

 合同会社SHAFLは、レッドフォックス株式会社(代表取締役・福山資康 東京都世田谷区)の主催する大和魂ビジネスコンテストを共催します。合同会社SHAFLは、野生で生息する緑の繭、日本の伝統文化の天蚕(てんさん)の歴史や生き方に学ぶ天蚕美人コンテストを開催し、天蚕やまとなでしこを育み輩出しています。

【天蚕美人コンテスト開催報告】
参考:第2回天蚕美人コンテスト記事のリンク
詳細:天蚕美人コンテストHPリンク

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012208921-O1-1UGt4qpK

【大和魂ビジネスコンテスト概要】
名称:第1回大和魂ビジネスコンテスト
ファイナル日程:2021年10月27日(水)
応募期間:2020年11月17日(火)〜2021年3月31日(水)
参加資格:・学生、社会人、新規事業、継続事業 問わず(18歳以上)
     ・志高く、SDGs(持続可能な開発目標)に貢献すること。
     ・ビジネスの基盤を学ぶセミナー、コンサルを月2回以上受講し学び、磨く情熱があること。
  ※zoom等、通信参加可能
  ※個人参加の場合 :月会費 5,000円
  ※チーム参加の場合(3名まで):月会費 10,000円
賞品:優勝賞金50万円及び1年間の事業支援
   準優勝:1年間の事業支援応募方法:メイル受付、LINE公式、WEBフォーム
主催:レッドフォックス株式会社
共催:合同会社SHAFL
詳細:https://www.redfox-bizcon.com/
LINE公式:https://lin.ee/0Wynbg5

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012208921-O3-fDe483F7

【何故今、大和魂か】
 日本は、世界で最も永く続く国家として、世界に認められています。世界中が、SDGs(持続可能な開発目標)に向けて動き始めているということは、日本の文化、伝統、生活習慣により、世界で最も永く存続している暮らしの在り方、価値観を求めている、ということです。一方で、日本人の幸福度ランキングは決して高くないという評価もあります。それに対して、最も永く続いている社会であることとのギャップに見える歴史・背景や事実、これからの社会が求めている価値観、課題について、揺るぎない情熱と鋭い洞察力を持ち、「至誠一貫」「不撓不屈」で、率先垂範し、周囲に素晴らしい影響を与えられる人格と教養を備えているか、これから備えていくか、が、重要な基準となります。日本の伝統的精神の柱である、大いなる和を以って、社会の課題に取り組むことが求められ、エントリー者は共に研鑽し合い、審査・決勝後も協業できるようなチームになって頂きたい、と企画されました。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202012208921-O2-ksSXWXff

【何故「大和魂」で「ビジネス」なのか?】
 日本の歴史を遡ると、開国以来、明治維新では海外の文化を取り入れ、より良い社会を築く為に学び、感じ、動いた志士によって大きな成長を遂げ、また、戦後の日本の発展は世界の敗戦国に於いても目まぐるしいものでした。今、何が必要か、今、何をすべきかを感じ取り、学び動いた日本人の持つ利他の心はまさに「大和魂」そのものです。
 経済に変化が起こり、生活への基本概念が変化する時代に、日本人の和心を以って会社経営に携わることは、世界でも老舗事業者が最も多いとされる日本の力を復活させ、互いに磨き合うこれからのビジネススタイルを築く大きなスタートとなります。
 エントリー者は、世界がSDGsに向けて動き始めているからこそ、尊重し、学び合い、共に成し得る企業として成長し、社会が抱える課題に取り組めるチームになることが予想されます。ビジネスは、仲間あってこその発展であること、人の暮らしあっての企業であることが土台であるが故、日本の精神性を忘れないことは大切な事です。100年以上続く企業の誕生が期待されます。

【私達は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています】
 大和魂とは、様々な立場や環境(国や地域)を超えて、大いに和するということです。つまり、短期的・近視眼的目標ではなく、恒久的且つ広い視野で取り組まなければならないということです。また、古事記にも記されているように、神代の時代から、日本各地津々浦々で承継されている伝統と文化を受け継ぎ、未来に繋げる私達世代の役割でもあります。今の社会を築き上げてきたのは、自国の先人・先輩方だけでなく、全世界のあらゆる歴史が、現代に統合されているという事実を学び受け取り、私一人ひとりの判断・行動の基盤としなければなりません。私達は、主催者・エントリー者という立場を超えて、共に学び続け実践し続けます。

【コンテストで、何故月会費がかかるか】
 当コンテストは、エントリーされた事業企画を、ただ審査するものではありません。何より各々の素晴らしい事業企画が実現すること、そして社会貢献に直結し、それが持続すること、が重要視されます。この為、事業企画やプレゼン力だけが評価されるのではなく、一次審査までの3ヶ月間、更に二次審査を経てファイナルまでの約半年間、実践と検証を重ねながら、その実効性、実行力も判断基準に入ります。事業の継続力は信用に繋がります。
 学び方は、それぞれの事業企画に依って異なります。見聞を広めること、現地視察や実践、研究、教養学習も含まれます。また、有償・無償の各種セミナー・研修は随時お知らせします。これらは任意でご参加頂きます。エントリー者のリクエストにも適宜お応えします。また、主催レッドフォックス株式会社の事務所兼研修会場にて、随時相談は承ります。通信でのご相談も可能です。

【何故、コンテストが必要なのか】
 自ら挑戦する者こそ、大成する。社会の為、人の為に、地域、家族の為にと経営を発展させる為に、コンテストでは決まった期間、集中して学び、完成させるからこそ湧き上がる情熱と勇気に出会う可能性が高いです。エントリーから月会費でどれだけでも経営相談、プレゼン、土台作り、実践を行い方向性と経営の軸を築き上げる学びを繰り返し、優勝者のみならず、エントリー者にとってビジネスの基盤作りになる為、コンテストというチャンスを年に一度開催します。
 お店を出したい、起業したい、好きなことで食べていきたい、自分の力を試したい、今の会社を再生したい、と、新しい一歩を踏み出す勇気になる為に、可能な範囲で参加ください。どなたでも大歓迎です。

【18歳以上、年齢問わず参加可能な理由】
 一人ひとりの人生には、必ず力があります。自分を輝かせるには、年齢、性別は関係無く、必要なものは情熱と実践力。主婦もシニアも学生も、社会に必要とされていることを体感し、社会に必要とされる企業に成長できると確信しているからこそ、18歳以上、年齢問わず積極的な参加が期待されます。学生は可能性を試し、社会人は夢を叶え、主婦は挑戦して社会の力に、そしてシニアの方は、人生を更に豊かに「やってみたい」気持ちを実現するスタートの場、成長の場として参加希望者と向き合っていく「大和魂ビジネスコンテスト」開催となります。

【主催レッドフォックス株式会社について】
 代表の福山資康は、半導体業界で、国産・外資のメーカー・商社に務め、営業・技術・マーケティング・アセットの各マネジメント・ISO管理責任者等に従事。これらの経験を活かし、学生から主婦、シニアまで、幅広い方々の起業支援、或いは企業の経営改善をサポートしています。また、2017年からは、幼児・学童教育事業、2018年からは、亜和地球大学ゼミを主宰しており、国際的教養教育を推進しています。

【コンサルティング事例】
コンサルティング
・設計開発案件請負業者選定・受託仲介・商材販路開拓・仕入れ交渉・地域振興参画・各種イベント企画開催サポート・新規事業企画・起業支援・組織マネジメント・人事相談
自社事業
・各種習い事付き学童保育、幼児教室事業・受験・就職進路指導・個人・企業向け教育研修事業・各種講師養成講座・フォーラム主催・イベント共催

第2回天蚕美人コンテスト受賞者
第1回大和魂ビジネスコンテスト
大和魂ビジネスコンテスト ロゴ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ