プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大和ハウス工業株式会社

福岡市「元岡地区研究開発次世代拠点形成事業」基本協定書締結について

2020年12月25日

大和ハウス工業株式会社
西部ガス都市開発株式会社
株式会社九州TSUTAYA
正晃株式会社
大和情報サービス株式会社

福岡市「元岡地区研究開発次世代拠点形成事業」基本協定書締結について

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)と西部ガスグループの西部ガス都市開発株式会社(本社:福岡市、社長:佐藤操)、株式会社九州TSUTAYA(本社:福岡市、社長:髙原祥有)、正晃株式会社(本社:福岡市、社長:印正哉)、大和情報サービス株式会社(本社:東京都千代田区、社長:藤田勝幸)は、2020年11月20日に福岡市から「元岡地区研究開発次世代拠点形成事業」(以下「本事業」)の事業予定者に選定され、本日12月25日に福岡市(市長:髙島宗一郎)、ダイハツ九州株式会社(本社:大分県中津市、社長:泉谷卓司)と基本協定書の締結を行いました。

 本事業は、福岡市が九州大学と連携して次世代の研究開発拠点の形成を進めるため、ダイハツ九州と福岡市が所有する土地を活用する事業です。大和ハウス工業と西部ガス都市開発が事業主体者として土地を購入し、「知と感性と創造を育む『結び目』となる拠点」をコンセプトに、敷地面積約3.1万㎡で研究開発施設を主体とした複合施設を開発します。施設は、レンタルオフィスやレンタルラボ、物販店舗「BOOK&CAFE」、アウトドアショップ、飲食店、住居などで構成されます。
 「BOOK&CAFE」では、西部ガス都市開発と九州TSUTAYAが共同運営する蔦屋書店などが出店し、交流の起点として施設内外のコミュニティ形成を図るイベントを開催します。また、正晃が研究開発棟で実験機器の共有や研究資材の共同購入などの持続的研究活動推進に向けたサービスの企画立案を主体となって行い、大和情報サービスは施設全体の維持・管理、地域の情報発信等を行います。
 今後は、2022年10月の開業を目指し、福岡市や九州大学との連携・協働を促進することで、地域に密着したサービスを展開していきます。

●施設概要
名称:元岡地区研究開発次世代拠点形成事業
所在地:福岡市西区九大新町5番1~13
交通:「産学連携交流センター」バス停前、JR筑肥線「九大学研都市駅」より昭和バス約11分
敷地面積:31,224.68㎡
延床面積:24,719㎡
建物用途:研究開発棟(レンタルオフィス・ラボ)、 物販店舗棟(BOOK&CAFE)、店舗棟、住居棟
研究開発棟面積:6,625㎡
物販店舗棟面積:2,976㎡
店舗棟面積:1,470㎡
住居棟面積:13,648㎡
共用駐車台数:374台
事業主体:大和ハウス工業株式会社・西部ガス都市開発株式会社
ビル管理:大和情報サービス株式会社
設計・施工:未定
(第1期)
着工:2022年1月予定
竣工:2022年9月予定
開業:2022年10月予定
(第2期)
着工:2023年3月予定
竣工:2023年11月予定
開業:2024年春予定

※提案時における主な提案内容であり,今後の協議等により変更になることがあります。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ