プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

国際テニス連盟

数字で見る2020年のITFワールドテニスツアー:試練の年に成功したプレーヤー

AsiaNet 87395 (2520)

数字で見る2020年のITFワールドテニスツアー:試練の年に成功したプレーヤー

【ロンドン2020年12月23日PR Newswire=共同通信JBN】国際テニス連盟(International Tennis Federation、ITF)の男子/女子ワールドテニスツアー(WTT)は2020年も300以上の大会でプレーヤー約5000人がプレー、パンデミックのせいで日程が混乱したにもかかわらず、いくつもの印象的な試合や記念すべき出来事があった。

4回優勝したアレサンドロ・ベガ(Alessandro Bega)(イタリア)とカクパー・ザク(Kacper Zuk)(ポーランド)が男子WTTのタイトル獲得リストのトップを占めた。ルーカス・カタリーナ(Lucas Catarina)(モナコ)はツアー最多のシングルス36試合に勝利、エヴァン・ファーネス(Evan Furness)(フランス)は10月から11月にかけて19連勝して年間最長の連続勝利を記録し、その過程で3大会連続のM15タイトルを獲得した。

シンウェン・ツェン(Qinwen Zheng)(中国)とベアトリス・アダッド・マイア(Beatriz Haddad Maia)(ブラジル)もそれぞれ4タイトルを制して最多勝で今年を終え、アンドレア・アマリア・ロスカ(Andreea Amalia Rosca)(ルーマニア)はシングルス試合最多の43勝し、シーナ・ハーマン(Sina Hermann)(ドイツ)は9月から10月にシングルで15連勝して年間最長の連続勝利を記録、この間W25グラードとW15モナスティルのタイトルを手にした。

2020年のスタートは上々だった。3月のWTT中止まで、第1四半期のイベントが2019年同期に比べて増加したためである。ツアーは8月、参加者全員の健康と安全を保護する「ITF Return to Tennis」ガイドラインの下で再開にこぎつけた。チュニジアはどの国よりも多くのWTTイベントを開催、最終2週間の2大会を合わせて2020年大会数は44に上った。

男子/女子ワールドテニスツアー、UNIQLO車いすテニスツアー、ワールドテニスツアー・ジュニア、ITFシニアツアー、ITFビーチテニスツアーを含むITFサーキット全体の2021年暫定カレンダーはitftennis.com(https://www.itftennis.com/en/ )を参照。

全てのITFサーキットは関係者と緊密に協力し、Covid-19パンデミックが与える試練に引き続き直面するトーナメントとプレーヤーに柔軟性を提供する適切な措置によって、プレー機会を最大限維持するよう努めている。

▽2021年暫定カレンダー
各ITFサーキットの暫定カレンダーは次のリンクからアクセス可能:

*男子ワールドテニスツアー
https://www.itftennis.com/en/tournament-calendar/mens-world-tennis-tour-calendar/?startdate=2021

*女子ワールドテニスツアー
https://www.itftennis.com/en/tournament-calendar/womens-world-tennis-tour-calendar/?startdate=2021

*ビーチテニス・ワールドツアー
https://www.itftennis.com/en/tournament-calendar/beach-tennis-tour-calendar/?startdate=2021

*ITFワールドテニスツアー・ジュニア
https://www.itftennis.com/en/tournament-calendar/world-tennis-tour-juniors-calendar/?startdate=2021

*ITFシニアテニスツアー
https://www.itftennis.com/en/tournament-calendar/seniors-tennis-tour-calendar/?startdate=2021

*UNIQLO車いすテニスツアー
https://www.itftennis.com/en/tournament-calendar/uniqlo-wheelchair-tennis-calendar/?startdate=2021

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1391423/ITF_World_Tennis_Tour_Infographic.jpg

ソース:International Tennis Federation

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ