プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ブリヂストン

小型トラック・バス用タイヤ「DURAVIS R207」を2021年3月発売開始

2020年12月24日

株式会社ブリヂストン

安全面・経済面で輸送業界全体を足元から支えるソリューションをさらに強化・推進
- 小型トラック・バス用タイヤ「DURAVIS R207」を2021年3月発売開始 -

株式会社ブリヂストン、およびグループ会社であるブリヂストンタイヤソリューションジャパン株式会社は、輸送業界全体を足元から支えるソリューションビジネス「Tire Solution(タイヤソリューション)」を2021年よりさらに強化します。

この度、小型トラック・バス用タイヤ「DURAVIS R207」を2021年3月より発売します。これは、昨今Eコマースの拡大により宅配ニーズが増加する中、新型コロナウイルス感染症の影響等でネットショッピングの需要増加にさらに拍車がかかり、その小口配送を行う運送事業者様の「安心・安全な定期配送」「タイヤメンテナンスの負担軽減」「経費削減」をサポートすることを志向しています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202012249106-O1-t0EPGACg

■ タイヤ情報
 ・商品名 DURAVIS R207(デュラビス アールニーマルナナ)
 ・発売サイズ 23サイズ(85~60シリーズ)
 ・発売日 2021年3月1日(月) 全国一斉発売

新商品「DURAVIS R207」は、長年好評だった従来品「DURAVIS R205」の性能を維持するとともに、ウェット路面での発進時のグリップ性能に配慮し安全性を確保しています。また、運送事業者様の稼働をサポートするため、従来品「DURAVIS R205」対比耐偏摩耗性やウェット性能を同等に保ちながら、摩耗ライフを25%※1向上しています。

「Tire Solution」は、運送事業者様のニーズとビジネスを見据え、安心・安全につながる高品質な商品とサービスを追求し、運送事業者様の本質的な課題を解決する最適な組み合わせを提案しています。ソリューションビジネスのベースとなる「断トツ商品」※2として、「DURAVIS R207」の他にもトラック・バス低燃費用タイヤ「ECOPIA M801Ⅱ」※3やトラックのリアタイヤ2本を1本で装着できる「GREATEC M829」※4などを2020年3月より発売しています。また、お客様が使用されたタイヤのすり減ったトレッド部分を貼り替え、再び使用可能となったタイヤをお届けするリトレッドサービスや、2020年12月より導入したタイヤの内圧を遠隔モニタリングできる「Tirematics(タイヤマティクス)」※5などのデジタルツールの活用、適切なメンテナンスの提供を通じ、お客様の困りごとを解決するソリューション事業を推進・加速しています。当社はタイヤをライフタイム全体で最大限活用する「断トツソリューション」※6を通じて、安全性・環境性・経済性・生産性といった社会価値・顧客価値を両立します。

当社グループは、コア事業である「断トツ※7のブランド力・商品力・サービスネットワーク」を活かした収益性および効率性の向上を実現しつつ、当社独自のプラットフォーム「Bridgestone T&DPaaS」の展開を加速し新たな価値共創パートナーと共に最終顧客に直接つながるサステナブルなソリューション事業を創造していきます。そして、社会価値および顧客価値を最大化するとともに、安心・安全なモビリティ社会に貢献します。

※1 詳細は添付資料をご参照ください。
※2 企業としての目標を指します。
※3 ニュースリリース『運送事業者の安全運行・経費削減・環境経営に貢献するトラック・バス用低燃費タイヤ「ECOPIA M801Ⅱ」を発売』を参照ください。
https://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2020013101.html
※4 ニュースリリース『超偏平シングルタイヤ「GREATEC M829」を3月より国内販売開始』を参照ください。
https://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2020013103.html
※5 ニュースリリース『タイヤの内圧を遠隔モニタリングするデジタルソリューションツール「Tirematics」を12月より国内で本格的に提供開始』を参照ください。
https://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2020120401.html
※6 企業としての目標を指します。
※7 企業としての目標を指します。

DURAVIS R207
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ