プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

三洋化成工業株式会社

HAPSモバイルとAPB、全樹脂電池を用いたHAPS向け蓄電池の開発に向けて基本合意

2020年12月24日
三洋化成工業株式会社

三洋化成工業株式会社(本社:京都市東山区、代表取締役社長:安藤孝夫、以下 「三洋化成」)は、関係会社のAPB株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:堀江英明、以下「APB」)とソフトバンク株式会社の子会社であるHAPSモバイル株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:宮川 潤一、以下「HAPSモバイル」)が、HAPSモバイルの開発する成層圏の通信プラットフォーム(High Altitude Platform Station、以下「HAPS」)向けに、高いエネルギー密度の蓄電池を開発することを目的に協業することに基本合意しましたのでお知らせいたします。

HAPSは、成層圏に位置する通信プラットフォームで、インターネット環境が整っていない地域に対して、成層圏からLTEや5Gなどのモバイルインターネットを提供することができます。HAPSモバイルが開発しているHAPS向け無人航空機「Sunglider(サングライダー)」は、大型の無線機を搭載して長期間サービスを提供することを想定し、大容量かつ軽量化された蓄電池のさらなる改良を目指しています。

全樹脂電池は、APBの現代表取締役である堀江英明と三洋化成が共同で開発したバイポーラ積層型のリチウムイオン電池です。高分子設計・界面制御技術を有する三洋化成が新開発した樹脂を用い、活物質に樹脂被覆を行い、樹脂集電体に塗布をすることで電極を形成しています。このような独自の製造プロセスにより、従来のリチウムイオン電池よりも工程を短縮することで、製造コスト・リードタイムの削減を実現するとともに、これまでにない高い異常時信頼性とエネルギー密度を実現しています。部品点数が少なくて済むバイポーラ積層型で、樹脂で構成しているため、電極の厚膜化が容易に行え、セルの大型化が可能で形状自由度が高いことも特長です。

HAPSモバイルとAPBは、全樹脂電池は、その高いエネルギー密度や高い異常時信頼性といった特長によって、Sungliderの長期間にわたる成層圏での飛行を支えられると考えています。軽量化は、全樹脂電池のバイポーラ構造の特長を活かし、高電圧化に必要な配線パーツを排除する他、構成部材の樹脂比率を高めたり、安全性の高さを生かした高いエネルギー密度化に寄与する負極材を採用したりすることによって実現していきます。

【HAPSモバイル株式会社 会社概要】
設立                  :2017年12月21日
代表取締役社長 兼 CEO              :宮川 潤一
事業内容           :・Solar HAPSおよびネットワーク機器の研究、開発、製造、運用、管理
・コアネットワークの構築、管理、運用
・Solar HAPSを活用した新規ビジネス
・Solar HAPSのための周波数の獲得
所在地              :東京都港区東新橋1-9-1

 
【APB株式会社 会社概要】
設立                  :2018年10月
代表者              :堀江 英明
事業内容           :リチウムイオン電池の研究開発・製造・販売等
所在地    :東京都千代田区神田須田町1-3-9 PMO神田万世橋3階

全樹脂電池(外観)
Sungliderイメージ画像
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ