プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

KDDI株式会社

「アート思考」のオンライン学習プログラムを提供

2020年12月24日

KDDI株式会社
株式会社プレジデント社
アート・アンド・ロジック株式会社

「アート思考」のオンライン学習プログラムを提供
~五感を使い内側から湧き上がるものに向うことで、「0から1」にすることを可能にする思考法~

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)、株式会社プレジデント社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:長坂 嘉昭、以下 プレジデント社)、アート・アンド・ロジック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:増村 岳史、以下 アート&ロジック)は、独立研究者の山口 周氏(以下 山口氏)、東京藝術大学教授の秋元 雄史氏(以下 秋元教授)と連携し、2021年2月24日から、アート思考(注1)を身につけるオンライン学習プログラム(以下 本プログラム)を提供します。2020年12月24日からプレジデントオンライン内の特設サイトで、社会人や中学生・高校生を対象に、本プログラムの参加募集を開始します。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202012239104-O1-5a57y4Z4

社会やビジネスなどの領域で年々将来予測が難しくなってきている現代において、あらゆる世代でSTEAM教育(注2)への関心が高まっています。そもそも「何が問題なのか」の問いを立てることが必要となっている中で、国内外の有名大学において新しい価値を創造するアート思考を取り入れたプログラムが開発されています。
本プログラムは、これまで都内などの限られた場所で開催されていたアート思考を身につけるプログラムを、自宅などから手軽にオンラインで受講可能です。オンライン向けにカスタマイズした山口氏出演の映像コンテンツや、KDDIの講習音声テキスト化技術を活用した対話型のアート&ロジックのデッサン講習、秋元教授の絵画鑑賞講習を提供します。なお、山口氏のコンテンツ制作は、楽しく学べるエンターテインメント性も兼ね備えた教養・教育コンテンツの制作に実績のある、NHKエンタープライズに委託します。

また、KDDIは受講者からのフィードバックをもとに、事業性やオンライン上での本プログラムのオペレーションを評価し、今後の教育事業の拡大検討につなげていきます。

KDDI、プレジデント社、アート&ロジックは、アート思考などを中心とした新しい学習プログラムを提供し、創造力開発に貢献していきます。

詳細は別紙をご参照ください。
                                             以 上 

<別紙>
■本プログラムについて
1.概要
アート思考に関する、高品質な映像番組によるインプットプログラムと、講師との対話を通じて実践的に学ぶアウトプットプログラムを受講者に提供します。加えて、アウトプットプログラムでは、KDDIの講習音声テキスト化技術を活用し、講習内容を振り返ることができる資料を提供し、講習における体験価値の向上を図ります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202012239104-O2-94ylML3f
※各講座への参加者はアンケート調査への回答が必須です。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202012239104-O3-HM1kY357

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202012239104-O4-5cfOruj0

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202012239104-O5-ovRtJF2U

2.応募方法
プレジデントオンライン内の特設サイトからお申し込みください。

■講習音声テキスト化技術について
プロアクシアコンサルティング株式会社による音声ソリューションをベースに開発したオンライン会議を自動でテキスト化する技術です。従来困難とされてきたアート思考の特殊な教育用語の音声を判別し、テキスト化することが可能です。

■各社の役割
KDDI          本実証実験の企画策定および統括、ITツール開発
プレジデント      講習サービスの企画制作、Webページ制作、募集、宣伝
NHKエンタープライズ  山口氏の映像コンテンツ制作
アート&ロジック    デッサンを通じた新たな知覚と気づきを提供する講座の運営

■秋元 雄史氏について
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202012239104-O6-L526E2Wn
東京藝術大学大学美術館館長・教授/練馬区立美術館館長
東京藝術大学美術学部絵画科卒。1991年、福武書店(現ベネッセコーポレーション)に入社。瀬戸内海の直島で展開される「ベネッセアートサイト直島」を担当し地中美術館館長、アーティスティックディレクターなどを歴任。2007年から10年にわたって金沢21世紀美術館館長を務めたのち、現職。

■山口 周氏について
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202012239104-O7-P1hZKNV7
独立研究者・著作家・パブリックスピーカー
慶應義塾大学文学部哲学科卒業、同大学院文学研究科美学美術史学専攻修士課程修了。電通、ボストン・コンサルティング・グループなどを経て、現職。専門はイノベーション、組織開発、人材/リーダーシップ育成。株式会社モバイルファクトリー社外取締役。一橋大学経営管理研究科非常勤講師。
著書多数あり、『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』でビジネス書大賞2018準大賞、HRアワード2018最優秀賞(書籍部門)を受賞。最新刊は『ビジネスの未来~エコノミーにヒューマニティを取り戻す』。

■KDDIの取り組み
KDDIは、これからも事業を通じてさまざまな社会課題の解決に取り組み続けるという決意をこめ、2030年を見据えたKDDIのSDGs「KDDI Sustainable Action~私たちの『つなぐチカラ』は、未来のためにある~」を策定しました。このたびの取り組みは、「暮らしをつなぐ~次世代の育成~」に該当します。

(注1)アート思考とは「そもそも何が問題なのか」の問いを立てるために、五感を大事にしながら内側から湧き上がるものに向かう思考のこと。これまで日本教育では解決策を得るための「1を2にする課題解決」型の思考であるデザイン思考が重視されてきたが、アート思考を使うことで、「0から1にする」思考が可能になるとされている。
(注2)Science(科学)、技術(Technology)、工学(Engineering)、アート(Art)、数学(Mathematics)の5つの頭文字を取った造語。理数系教育にアート教育を加えた教育手法。

※「Zoom」は、Zoom Video Communications, Inc.の商標または登録商標です。

プログラムイメージ
本プログラム概要
インプットプログラムのイメージ
デッサン講習のイメージ
絵画鑑賞講習のイメージ
秋元氏
山口氏
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ