プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通グループ

欧米・アジアのスポーツ領域子会社・事業を集約する新会社「電通スポーツインターナショナル」を設立

2020年12月24日
株式会社 電通グループ
代表取締役社長執行役員 山本 敏博
(東証第1部 証券コード:4324)

電通グループ、欧米・アジアのスポーツ領域子会社・事業を集約する 新会社「電通スポーツインターナショナル」を設立

 株式会社電通グループ(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博)は、欧米・アジアに展開するスポーツ領域の6子会社と4事業を再編し、事業持株会社として「電通スポーツインターナショナル、以下DSI」(本社:東京都港区)を設立し、2021年1月から営業を開始します。
当社グループにおいて、世界的に事業展開するスポーツやエンターテインメント関連事業は成長領域であるとともに、競合他社との差異化を明確にする重要な領域です。今後、当社グループはこの領域の強化とシナジーの最大化を図るため、DSIの下、海外に展開する同領域のケイパビリティーを集約し、統合的に推進していきます。
 具体的には、海外スポーツネットワーク6社(電通スポーツヨーロッパ(本社:ロンドン)、電通スポーツアメリカ(本社:ニューヨーク)、電通スポーツアジア(本社:シンガポール)、電通スポーツLLC(本社:カリフォルニア)、電通スポーツベトナム(本社:ホーチミン)、およびヘイロー・スポーツ社(本社:オークランド))がDSIの完全子会社(DSI設立前は全て(株)電通グループの完全子会社)となり、当社グループの海外事業を統括する「電通インターナショナル」傘下のMKTGグループ(本社:ニューヨーク)の4社(米国、カナダ、英国、豪州)のスポーツ事業部門(MKTG Sports:事業領域は、コンサルティング、ホスピタリティ、効果測定/評価、デジタル、コンテンツ、ソーシャル)も併せ、DSIが海外各地域のスポーツ事業を統括します。
 今後、DSIおよびDSI傘下の各社、ならびに株式会社電通内のスポーツ関連局・室は、共通の事業ブランドとなる「dentsu sports」の下、株式会社電通を始めとする「電通ジャパンネットワーク」のスポーツ領域のケイパビリティーと、「電通インターナショナル」が持つコンサルティング機能とスポンサード効果測定等のケイパビリティーを連携、拡張させていくことで、多様な顧客企業・団体に対し、高度なソリューションを提供し、グループの収益拡大と同時に多様なステークホルダーへの提供価値の最大化を目指します。
 
  
<新設会社「電通スポーツインターナショナル」の会社概要>

(1)名称 株式会社電通スポーツインターナショナル  英語名称:Dentsu Sports International Co., Ltd.(DSI)
(2)所在地 東京都港区東新橋1-8-1
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役社長執行役員 清水 洋平
(4)事業内容 電通グループのスポーツ関連事業を推進する事業持株会社として、スポーツ関連の海外子会社の地域事業を統括・調整
(5)資本金 3億5千万円 (設立時) ※2021年度中にDSIの下に事業再編を実施予定
(6)スケジュール   設立: 2020年11月30日   営業開始: 2021年 1月 1日
(7)出資比率 株式会社電通グループ 100%

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ